出会い系で女性からアドレスやLINE IDの交換を持ちかけられた場合の対処法は?

最終更新日:, 公開日:

PCMAXやワクワクメール、ハッピーメールやYYC(ワイワイシー)などの出会い系サイト、出会い系アプリで女性からメアドやライン・カカオの交換を求められた場合は教えても大丈夫?出会い系で連絡先を聞いてくる女性が業者か素人かを見分けるポイントなどについて解説しています。

出会い系で女性が直メやラインを聞いてくるケース

出会い系で女性と出会うときは、ほとんどの場合は男性側からメールアドレスやラインの交換を持ちかけて会うことになりますが、時には女の子の側からアドレスやラインの交換を持ちかけられることもあります。

出会える系の出会い系といってもキャッシュバッカーや援デリ業者などが多くてなかなか一般の女性を見つけられないこともあるため、普段女性からアドレスやラインを教えてもらうことが少ない僕ら男性は、女性から「連絡先を交換しませんか?」というようなメールをもらうと“会える!”と思って直メのアドレスやライン・カカオのIDを教えたくなるものです。

しかし、出会い系で女性からアドレスやライン・カカオのID交換を求められた場合は、相手の女性が業者である可能性もあるのでまずは信用できる相手を見極めることが大切です。

女の子から直メやラインを教えられた場合は業者

女性側から連絡先の交換を持ちかけられるケースの内、女性側から一方的にいきなり直メのアドレスやライン・カカオのIDを教えられた場合は、相手は業者とみて間違いありません。具体的には、サクラ出会い系への誘導を目的とした業者、あるいは援デリ業者の可能性が高いです。

安全に出会える女性か、業者かは、アドレスやライン・カカオのIDを教えてもらうまでに交わしたメールの回数から見分けます。相手が業者の場合は、最初のメールでアドレスやLINEのIDを送ってくることが多く、反対に出会える女性の場合は、少なくともファーストメールからいきなりアドレスを教えてもらえることはありません。

いくら出会いに積極的な女性でもメールのやり取りをすることなく、アプローチメールでいきなりメアドやライン・カカオのIDを送りつけるようなことは絶対しないので、アドレスを教えられるタイミングを目安として女性か業者かを見分けることができるのです。

先にアドレスやラインを送るよう求められる場合も要注意

出会い系サイトや出会い系アプリで女性と連絡先を交換する場合、女性から「アドレス(ライン・カカオのID)を教えて」というように、先にこちらの連絡先を教えるよう求められることも多いですが、その場合も相手が業者でないか念のため注意が必要です。

女性が先にアドレスやライン・カカオのIDを送るよう言ってくるケースでは、相手の女性が業者である可能性もあるためです。実際に僕自身、相手の求めに応じて直メアドレスを教えたところ、サクラ出会い系の迷惑メールが大量に送られてくるようになったという苦い体験をしたことがあります。

サクラ出会い系の誘導業者、あるいはメールアドレス収集業者とも言われるこのタイプの業者は、一般的にはフリメアドレスやライン・カカオのIDをいきなり送ってくることが多いですが、時には男性側に連絡先を送らせるという手口を使うパターンもあるのです。

このケースで問題なのは、相手が業者なのか、一般の出会える女性なのかは実際にメアドやライン・カカオのIDを教えてみないと分からないということです。

もし、こういったシチュエーションに直面した場合は、相手の女の子が業者である可能性を疑うということを前提に、フリーメールアドレスなどを教えるなどメインで使っているアドレス以外のものを教えるといった対処法が望ましいです。

また、女性側から先に送ってもらうように逆にこちらからお願いしてみるというのも有効です。相手が連絡先を教えても大丈夫な一般の女性であれば、こちらの求めに応じてくれることも多いです。

まともにメールのやり取りができる女性とは安全に出会える

出会える系の出会い系で普通の女性と出会える場合は、最初からアドレスやLINEのIDを交換するという流れではなく、サイト内メールで何回かやり取りを重ねた後に自然と直メやLINEに移行するのが普通です。サイト内メールでのやり取りも、挨拶的な内容から始まり、お互いのことを尋ね合ったりして徐々に仲良くなって直メやLINEに移行するという自然な流れで話が進みます。

出会い系で女性からアドレスやLINEのIDを教えられた場合は、それまでに“まともなメールのやり取りができたか”を基準に見極めると、業者やキャッシュバッカーに騙される危険性が大きく減るとともに、普通の女性と出会える確率が高くなります。

業者にアドレスやライン・カカオのIDを教えてしまった場合は?

万が一、業者と見分けられずにアドレスやライン・カカオのIDを教えてしまった場合でも、次のように対処すれば大丈夫です。

  • 誘導業者に連絡先を教えてしまった場合
    ⇒直メやライン・カカオのやり取りの際に教えられるブログやサイトなどには決してアクセスしない
  • 援デリ業者に連絡先を教えてしまった場合
    ⇒援デリ業者は必ずホテル代と別に2万など金銭を要求してくるので、その時点のやり取りを止める

これらのことさえ気をつければ、たとえ業者に連絡先を教えたとしても大きな被害やトラブルに遭う心配はないので落ち着いて対処しましょう。

※関連記事