悪質サイトの危険性出会い系サイトに雇われたアルバイトのサクラの危険性と見分け方、騙されないための対策について解説しています。出会い系のサクラはメールオペレーターとも呼ばれるアルバイトのスタッフが男性、女性になりすまして登録会員とメールのやり取りをします。


オペレーター(サクラ)の仕組み

出会い系サイトのサクラは、業界の内々ではオペ(オペレーター)と呼ばれています。サクラとして従事するスタッフの募集はアルバイト情報雑誌などにおいて“メールオペレーター募集”という形で募られることが多いです。ただし、大手のアルバイト情報誌などにおいては、出会い系のサクラという仕事の性質上、募集広告を掲載することができない場合が多いためマイナーなアルバイト情報誌などを中心に募集が行われているのが実態です。

このようにして集められたサクラ(オペ)は、サクラ詐欺の出会い系に登録してきた利用者を相手に架空の男性(女性)を演じながらメールのやり取りをすることになります。この架空の人物のことをキャラといい、通常オペは一人ではなく複数のキャラを同時に操りながら利用者のメール対応にあたることになります。

出会い系サイトの攻略情報を扱うサイトなどにおいては、よくサクラを見抜く方法などが紹介されていますが、現在ほとんどの悪質出会い系サイトでは、メールを送ることができる異性はサクラしかおらず一般の利用者同士がメール交換できないような仕組みになっているのでこうしたノウハウは実質意味を為さなくなりつつあります。

横行する芸能人を騙るサクラ詐欺

オペ(サクラ)が利用者を騙す手口には、これまで様々なものが存在してきました。その中でもよく知られているのは(逆)援助交際をもちかけるというものです。これは、オペの側から利用者に対して出会うことと引き換えに金銭的なメリットの提供を申し出るというもので男女問わず行われてきた非常に悪質な手口として知られています。

現在でも(逆)援助交際を持ちかけるサクラは多く存在していますが、それとともに最近急激に増えているのが芸能人を騙ってメールをさせようとする手口です。ニュースなどで見知った人もいるかもしれませんが、AKBメンバーやジャニーズのタレントを装ってサイト利用者にメールを送り、本物であるかもしれないという心理をついて返信させようとするサクラが非常に多くなってきています。無論、これらはすべてオペが用いるキャラでしかなく信じてメールを返したとしてもサクラ詐欺被害に遭うだけというのが実態です。

サクラに狙われやすい人のタイプとオペの狙い

芸能人を騙る出会い系のサクラの手口が横行するのは、それに騙される人が多いためでもあります。普通に考えれば芸能人が怪しげな出会い系サイトを利用しているとは考えにくいので騙されるはずがないと思う人も多いかもしれませんが、実際にはこういった俄かには信じられないような手口に騙されてしまう人が少なくないのです。

こうした手口に騙されやすい人の特徴的は、日常においては決して接点を持つことができないような有名人や芸能人の熱狂的なファンや追っかけであるということが言えます。そうした熱狂的なファンは、ほんの少しでも可能性があるのであれば多少とリスクをも厭わないという人が多いので悪質な出会い系サイトのオペが相手であったとしても返信メールを送ってしまう人が少なくないというわけなのです。

また、素直で信じやすい性格の人も騙されやすいタイプとして挙げることができます。援助交際を持ちかける手口であれ、芸能人を騙る手口であれ共通しているのは、相手の“もしかしたら本当かもしれない”という心理を利用して返信メールを送るよう仕向けようとするということです。これこそが出会い系サイトのオペ(サクラ)の狙いですので十分に気をつける必要があります。

サクラ被害が発生するパターン・経緯

こうしたサクラにより騙される被害が発生する経緯にはいくつかの典型的なパターンがあります。

懸賞サイトや占いサイトから誘導され被害に遭うパターン

出会い系のサクラ被害に遭う人のすべてが初めから出会い系サイトを利用しようとして騙されるというわけではありません。懸賞サイトや占いサイトなどから知らずの内に誘導されてしまい気づいたらサクラ出会い系に登録されていたという人も被害者の中には多く存在します。こうした人はそもそも出会い系に関心があったというわけではないので、サクラの手口に免疫があるわけではなく騙されてしまいやすいという傾向があります。特に、(逆)援助交際の申し出などについては慣れていないこともあり、また金銭を必要としている人がこのタイプの被害者に多いという事情もあって騙される例が多くなっています。

無料出会い系サイトに登録して被害に遭うパターン

出会い系を利用することに関心がある人の中でサクラ被害に遭う人に多いのが、無料出会い系サイトに登録したことをきっかけに被害に遭うというパターンです。無料出会い系サイトは、最終的には何らのサクラ詐欺サイトへと誘導・登録させられてしまうことになるので危険性が高いです。無料サイトを登録先として選ぶ人のほとんどがこうした無料出会い系の実態について詳しくないことから騙される人が多いという傾向があります。

異性と出会うのに無料であればそれに越したことはないというのは、利用者であれば誰もが持つ心理ですが、悪質な出会い系のオペの狙いはまさにその点を突いて悪用して騙そうとしてくるので注意しなければなりません。

※参考記事

スパムメールに釣られて登録・被害に遭うパターン

また、俗に『迷惑メール』と呼ばれる悪質出会い系のスパムメールの内容に釣られて登録してしまったり、メールを返信してしまうことでサクラ被害に遭うというパターンもあります。この記事で解説した『芸能人を騙るオペの手口』に騙される人の中には、サイトに登録するきっかけとして芸能人を騙る人物からのスパムメールの内容を信じてしまい釣られてしまったという人も非常に多いです。

※参考記事

オペ(サクラ)に騙されないためのポイント

このように悪質なサクラ出会い系サイトのオペの手口は巧妙で、ユーザーを騙す手口や経緯も実に多岐に渡っているというのが特徴です。出会い系サイトに登録しようという意思を持っている人であれば、無料サイトを避けてランキングで比較しているような安全性の高い出会い系の中からサイトを選べば被害にあうことはないので特に心配する必要はありませんが、自分で登録しようとする時以外にもオペに釣られる・騙されるリスクが存在しているということなので危険性は誰にでもあるということが言えるでしょう。

したがって、無料出会い系には決して登録しないということはもちろんのこと、スパムメールや利用中の出会い系とは関係のないサイトにおいても他のサイトへと誘導しようとする人物については警戒を怠らないことが被害を防ぐための重要なポイントになります。

他にも、サクラがいない出会える系の出会い系サイトにおいても、メアド収集業者などに回収されたメールアドレス宛に芸能人を騙るオペからのスパムメールが届くという危険性や、メアド交換と称して個人のプロフィールページを装ったサクラ詐欺サイトへと誘導しようとする悪徳業者に騙されるリスクがあるので、それらの業者に釣られないようにするということも求められます。

また、余談ではありますがインターネットの掲示板として有名な2ch上には出会い系のオペとして働く人たちが集う掲示板も存在している[1]ので、そこからサクラの手口としてどんな方法が用いられているのかということについて知識を深めておくことも被害防止に役立つでしょう。


※関連記事
※参考リンク(外部サイト)