悪質サイトの危険性悪質なサクラ出会い系は登録者同士が出会えない仕組みになっている場合もあり被害に遭う危険性が高いです。一般の女性利用者がいたとしてもメール交換することができないため、サクラを見分ける方法や攻略も意味をなさずサクラ被害に遭うだけです。


いくら工夫しても出会えない構造

一般の女性に紛れてサクラがいるというサイトはこれまでにも存在しましたが、サクラ出会い系が立ち行かなくなるにつれて、その形態は大きく変化してきています。今現在サクラ出会い系で主流となっているシステムは、一般のユーザー同士がいっさいコンタクトを取れないようなシステムになっています。プロフィール検索をしてみても、掲示板を検索してみても出てくるのはサクラだけというものです。

これは、出会い系サイトが『ユーザー同士が出会ったとしても収益にならない』という構造を抱えているためです。むしろ、悪質サイトにとっては、サクラのターゲットとなるユーザーが二人減ることになるわけなので実際には収益が減ることにつながるわけです。時代が流れるにつれ、ユーザーは出会い系サイトのサクラについて一般女性との見分け方など知識や情報を増やしていきます。そのため、サクラがユーザーを騙すことは日に日に難しくなるわけです。ただでさえそうした状況があるのに加え、ユーザーが実際に会える人を見つけて出会ってしまうと、さらに運営が苦しくなります。これが、まったく出会えないような仕組みのサイトへと変化した背景です。

こうした、登録者同士が出会えない仕組みになっている悪徳サクラサイトのほとんどは、無料出会い系への登録を介して誘導されるサイトに多いのが特徴であり、その意味では無料サイトと同一のサイトと言っても過言ではありません。

見分ける方法と登録サイトの選び方

こうしたサイトを見分けるには、男性・女性それぞれとして登録するしかありません。お互いに検索して見つけることができるかどうかということを調べることで一般のユーザー同士が出会えるようになっているかどうかが分かります。

しかし、それは結構な手間であることは間違いありません。一つ一つのサイトについて、イチイチそういったことを調べる人はごく少数しかいないでしょう。特にアカウントが複数持てるフリーメールアドレスでの登録が可能なサイトであればいいのですが、携帯アドレスなどしか使えない場合は、調べること自体が困難です。

つまり、出会えない仕組みのサクラサイトかと見分けるのは簡単ではなく、出会い系で女性と出会うという目的の実現を図る上では、登録するサイトとして検討する価値が低いということです。出会える仕組みであろうとなかろうと、いずれもタイプも出会い系では危険性の高いサイトに分類されるものですし、サイト選びの段階で登録先として検討してはいけないタイプです。

それよりも、ランキング安全・優良な出会い系などのページで評価している『サクラがいない出会い系サイト』を登録先として検討すれば、このような煩わしく非生産的なことをしなくても済みますし、何よりも出会えるというメリットがあるのです。

出会える可能性ゼロのサクラサイトは今後も増加する

ユーザーがどんどん知識を充実させてサクラに騙されないようになっていくことは、まず間違いがありません。それは、先にも紹介した通り、サイトの運営が立ち行かなくなるということを意味しますので一人でも多くのユーザーを騙して不正に料金を搾取しようとすることになります。その行き着く先は、出会えるシステムから出会えないシステムへの切り替えです。

仮に、今出会えるようになっている出会い系サイトであったとしても、今後はこうしたユーザー動向や時代の流れの影響を受けて次第に出会える可能性ゼロのサクラサイトへと切り替えるところが増えていくことが予想されます。

サクラ出会い系は現在では数を減らしつつあるとはいえ、現在でもなお甚大な被害を発生させ続けていますので、サイト選びに際しては無料出会い系に安全なサイトは一切ないということを肝に銘じて、安全な出会えるサイトの中から登録する出会い系を選ぶようにしましょう。

※関連記事