注意事項出会える系の出会い系には、女性になりすました悪質な業者が数多く不正に登録しています。メールアドレス収集目的の誘導業者や援デリ業者によるサクラ、キャッシュバッカー(CB)などの悪質な業者の特徴と見分け方についてまとめています。


他サイトへの誘導を目的とする利用者

このタイプの迷惑会員の特徴は、メールアドレスの交換時にハッキリと出ます。

  1. メールアドレスの交換を申込む
  2. メールアドレスではなくwebサイトのURLを記載したメールを送りそっちを見るよう促す
  3. 指定されたサイトにアクセスすると顔写メ入りの日記サイトやプロフサイトなどが用意されている
  4. メールアドレスが書いてあるわけではなく、利用者登録をしないと詳細が分からなくなっている
  5. 利用者登録をするとメールアドレスが分かると思っている男性ユーザーに利用者登録をさせる
  6. 実際に利用者登録をすると、無料出会い系やサクラサイトに登録される

このような流れで他サイトへと登録されてしまうというものです。

この説明だけを読むと見分けるのはそう難しくないように感じるかもしれませんが、実際にその場に居合わせて誘導先サイトにアクセスし、そこに顔写メ入りのページが存在しているのを目の当たりにすると、つい勢い余って登録してしまうという危険性は誰にでもあるので注意したい手口のひとつと言えるでしょう。

こうしたユーザーがいた場合は、使用しているサイトの管理者に報告するようにしましょう。出会える系のサイトの管理者にとっても、こうしたユーザーはサイトの評判を下げることにつながる迷惑極まりない存在なのですぐに強制退会などの対応をしてくれます。

風俗(援デリ)業者と思われる利用者

これは、出会える系のサイトに最も多いタイプの迷惑ユーザーです。ほとんどの出会える系のサイトには、『まじめな目的』と『大人の目的』いうように2種類の掲示板が存在しますが、このタイプのユーザーは主に『大人の目的』の掲示板に頻繁に書き込みを行います。その募集内容は、“条件あり”や“お願いあり”などのコメントと共に書き込まれることが多いのが特徴です。そして、メールをすると必ずと言っていいほど肉体関係を結ぶことと引き換えに金銭を要求してきます。

こうした女性の特徴は、先に挙げた“条件あり”や“お願いあり”などのフレーズを用いること以外にも、風俗店舗が多い地域を活動エリアや待ち合わせ場所に指定するということです。東京で言えば、五反田や池袋、日暮里などの地域が比較的多い傾向があります。

東京以外の地域の人も地元の風俗スポット・地域を指定するこのような女性がいたら、援デリ業者である可能性が高いと判断していいです。

※関連記事

援助交際希望者

風俗業者と共に未だに少なからず存在するのが、援助交際を希望する女性利用者です。サイト内での活動の仕方は、風俗業者と同様に“条件あり”や“お願いあり”などのフレーズを用いて書き込みをする他、生活苦を滲ませる言葉をコメントに入れるというものもあります。

また、風俗業者と異なる特徴としては、プロフィールコメントや掲示板の書き込みには直接的な表現をしていない人もいる点です。男性からのアプローチメールに対する返信メールで初めて具体的な条件を提示するというわけです。風俗業者のように性的に刺激するような言葉を多用するわけでもありません。そのため、男性がポイントを消費せずに見分けるのが難しいという点で非常に迷惑な存在と言えます。

それでも敢えて見分けるポイントを挙げるとすると、次のような特徴があれば援助交際希望者である可能性があると言えるでしょう。

  • プロフィールコメントや書き込みの文章が長い
  • 既婚者であるにも関わらずやたらと“恋がしたい”などのように秘密の恋愛を目的としていることが多い
  • 「一人の方と長期的なお付き合いをしたい」というように『長期』という言葉をコメントや書き込みに入れている

ポイント稼ぎを目的とするキャッシュバッカー

キャッシュバッカーについては、別ページ『キャッシュバッカーの特徴と手口』でも詳しく解説していますが、ここで取り上げるキャッシュバッカーは『エロ釣り』タイプのユーザーに近いタイプの迷惑ユーザーです。画像掲示板を頻繁に利用しアダルト画像を大量に投稿し男性ユーザーの閲覧を誘うというのがその手口です。

出会える系のサイトでは、男性も女性もメール送信や掲示板への書き込みに使用するポイント以外に、利用状況に応じて貯まるマイレージポイント機能を備えていることが多いですが、このタイプのキャッシュバッカーはそれを利用します。

具体的な活動の様子は次のようなものです。

  1. 画像掲示板にアダルト画像を投稿し、男性ユーザーに大量にメールを送り「評価」をしてもらうよう促す
  2. アダルト画像を閲覧させるてポイントを獲得する
  3. さらに評価してもらうことでより多くのマイレージポイントを獲得する
  4. 1~3を繰り返し何度も行いポイントを貯める
  5. たとえ現金化することができないサイトでも、サイト内でのショッピングや景品交換時に利用する

このようにマイレージポイントを貯めるために、非常に活発に活動するというのが特徴です。

このタイプのキャッシュバッカーは、単にメールや掲示板の書き込みを利用するのではなく、視覚に強く訴えかける過激な画像を多用するので男性ユーザーの性的な欲求を刺激しやすく、男性の閲覧やメールアプローチを促しやすいという点で迷惑な存在と言えるでしょう。なぜなら、男性ユーザーは画像の閲覧や画像の評価に際してポイントを使用する必要があり、次々と閲覧することにより、利用金額が膨らみやすくなるためです。

※関連記事

メールアドレス収集業者

出会い系サイトを利用する人の中には、一般の登録者に成りすまして利用者のメールアドレスを収集する業者が紛れ込んでいる場合があります。それらの業者の狙いは、出会い系サイトに興味や関心がある人のメールアドレスを収集し、その人たちに対して悪質なサクラ出会い系などの広告メールを送信するということです。出会い系に登録している人であれば、当然出会い系サイトに対する興味や関心があるのは明白ですから、それらの人に対して広告メールを送りつけることで騙しやすくなるからです。

登録者に成りすましているメールアドレスを収集する業者の特徴は、すんなりとメールアドレスの交換ができてしまうということです。普通、出会い系で知り合った人とメアド交換する場合は、1回や2回のメール交換ではアドレスを教えてくれる人はあまりいません。複数回のメールをしてお互いのことを少し理解した段階でメアド交換するのが一般的です。特に、女性の場合はそうです。

ですが、メアドを収集する業者はそんな回りくどいことをしません。効率よくメールアドレスを回収するために知り合ったばかりの段階ですぐにメアド交換を申し出たり、断ることなく応じてくれるのが特徴です。

こういった業者に騙されないためには、相手がサイトの利用に使用している端末がPCかどうかを見るということが大切です。もし、PCでサイトを使っている人がすんなりとメアド交換に応じてくれるようだったらアドレス収集目的の業者の可能性を疑うようにしましょう。

※関連記事

このように、出会えるようになっている出会い系サイトと言えども決して完璧なものではありません。サイト運営者による悪質行為がなくても、こうした迷惑ユーザーに出会いの実現を邪魔される可能性があるということを知っておきましょう。ここで紹介した手口をあらかじめ理解しておくと、見分けるのは比較的簡単なので、より安全に、無駄なく出会い探しを楽しむことができます。

また、ランキング出会える出会い系の評価・体験談でも各サイトを利用する上での注意事項などを詳しく解説しているので、それらも参考にしてください。