援交・割り切り目的の出会い系の女性は素人?まともなデリヘル業者?

最終更新日:, 公開日:

「ホ別2(穂別2)」や「最初だけ2万」などの条件で男性を募集している援交・割り切り目的の女性と出会っても大丈夫?出会い系やマッチングアプリで金銭を要求してくる女性の実態や援デリ業者の危険性、見分け方と一般の女性と出会える攻略法について解説しています。

援交・割り切り目的の女性とは?

出会える系の出会い系で「ホ別2」「最初だけ2万円(お願い・条件あり)」などの条件で会える男性を募集している女性はとても多いです。

傍目には、援交割り切りを目的とした一般の女性がたくさん登録しているように思えますが、それら女性のほとんどは援デリ業者が登録している架空の女性(=援デリのサクラというのが実態です。

金銭要求の業者が多い出会い系は?

素人による援交や割り切りを装って男性を募集する援デリ業者が多いのは、出会える系の出会い系サイトです。

中でも、ハッピーメールや大人の出会いを目的とする男性利用者が多いPCMAXYYC(ワイワイシー)Jメールアダルト掲示板などには、非常に多くの援交・デリヘル業者が目立ちます。

風俗代りに安易に会うのは危険

『援デリ(「援助交際」と「デリヘル」を掛け合わせた造語)』という言葉から、まともなデリバリーヘルスの運営業者が出会い系で客を募っているだけと考える人も多いです。

また、出会い系に登録している男性には、簡単にセックスができる相手が見つかるのであればお金を払ってもいいと考える人が多く、デリヘルなどの風俗の代替サービスぐらいの感覚で援デリの誘いに応じて会う約束をしてしまう人もいます。

しかし、援デリは一般的なデリヘルとはかけ離れたもので、普通の風俗店では決して働けないような女性が待ち合わせ場所に来たり、ホテルに入ってから30分も経たないうちに帰ってしまうなど酷い体験しかできません。

酷いときには、シャワーを浴びている間に財布を抜き取られたり、美人局紛いの脅迫・強盗被害に遭うこともあるので、誘いに応じるのはとても危険なのです。

援交・割り切り業者の見分け方

援交や割り切りを装って誘ってくる業者はどの出会い系にも数多く登録していますが、見分けるのはとても簡単です。

  • 「ホテル代と別に2万」や「最初だけお願いあり」など、お金を要求してくる
  • ホテル街近くの駅などを待ち合わせ場所に指定してくる
  • 最初からエロいメールを送ってきたり、プロフィールコメントに欲求不満、セフレ募集などと書き込んでいる
  • 食事やお茶の誘いには応じず、即会い・即ホテルに行こうと促してくる

これらに該当する女性は、もれなく援デリ業者と見て間違いないです。

業者と会わなくても一般人の女性と出会える

一番肝心なことは、わざわざこうした援デリ業者の誘いに応じて会わなくても、出会い系で普通のまともな女性と出会うのは簡単だということです。

業者が多いとして紹介した出会い系でも、PCMAXやハッピーメールには一般人の女性も地域を問わず数多く登録しているので、業者を見分けさえすれば普通に出会えます。

また、ワクワクメールの場合は、そもそも援デリ業者の数が他の出会い系よりも少ないので普通の女性と会える確率がかなり高いです。さらに、ワクワクメールを使う場合は、「ワクワクDB」を利用するとより簡単に女性と業者を見分けられるので、援デリ業者に釣られる危険性を回避して普通の女性と出会うのは簡単です。


ここがポイント! – 記事の概要とまとめ

  • 「ホ別2」「最初だけ2万円(お願い・条件あり)」などの条件で男性を募集している出会い系の女性は素人ではなく、援デリ業者が登録しているサクラ
  • デリヘルなどの風俗代わりに援デリの誘いに応じる男性も多いが、実態はかけ離れていて、時には美人局や強盗被害に遭う危険性もあるので決して会ってはいけない
  • ハッピーメールやPCMAX、YYC(ワイワイシー)、Jメールなどには援交・割り切り業者が多いものの業者の手口は単純で分かりやすいので見分けるのは簡単
  • ハッピーメールやPCMAXには一般人の女性も数多く登録しているので業者と会わなくても、普通にまともな女性と出会える
  • 業者が少ないワクワクメールでは「ワクワクDB」の情報から簡単に業者を見分けられるので、より簡単に一般の女性と会える