会える確率が高くなる「ワクワクDB」の効果的な使い方とは?

最終更新日:, 公開日:

ワクワクメール攻略に便利な裏サイト「ワクワクDB」の使い方や利用するメリット、口コミ・評判を活用して出会える確率を高める効果的な使い方などについて解説しています。「ワクワクDB」を使うとワクワクメール登録者のリアルな口コミや評判、プロフィールと実物の違い、実際に会ったときの体験談などを調べられるので業者や女性を見分けるのにとても便利です。

「ワクワクDB」とは?

「ワクワクDB」とは、出会い系 ワクワクメールの登録者・利用者のリアルな口コミ評判を調べられるサイトです。大量のワクワクメール利用者の口コミや実際にあったときの感想、体験した内容、プロフィールと実物の違いなどのデータが投稿されている、ワクワクユーザーのデータベース的サイトです。ワクワクメールで出会った相手のことについての口コミ情報や感想などを調べられることから、ワクワクメール利用者の多くがワクワクDBを活用しています。

「ワクワクDB」の使い方

ワクワクDBでは、口コミ評判を調べたい相手のプロフィールIDを入力・検索すると情報を調べられます。

まず、ワクワクDBのTOPページにアクセスし「ログイン」をタップします。

ワクワクDBのTOPページ
ワクワクDBのTOPページ

ユーザーIDとパスワードを入力しログイン。未登録の人はひとつ前の画面から「ユーザー登録」を済ませてください。

ワクワクDBの「ログイン」ページ
ワクワクDBの「ログイン」ページ

メニュー一番上の「新ID検索」をタップ。

新バージョンは「新ID検索」
ワクワクDBの「新ID検索」

続いてワクワクメールの公式サイトで口コミ・評判を調べたい人のプロフィールURLをコピーします。アプリ版のワクワクではプロフID・URLがコピーできないので必ずweb版からアクセスしてください。

公式のワクワクでプロフURLをコピーする
ワクワクメールで口コミや評判を調べたい人のプロフィールID・URLをコピー

ワクワクメールでコピーしたID・URLをフォームに貼り付けて検索ボタンをタップします。

ワクワクメールでコピーしたID・URLを貼り付けて検索

調べる対象の人とすでに出会ったことがある人がその時の感想や体験談などを投稿している場合は、その内容がリストで表示されます。

ワクワクDBに投稿されている口コミ・評判

ワクワクDBの使い方はこの通りとてもシンプルで簡単です。ただし、登録すれば誰でも情報を調べ放題というわけではありません。より多くの口コミ情報や詳しい情報を調べるには、自分も出会った人に関する口コミ評判を投稿しなければいけません。5件、10件、50件、100件とたくさんの情報を登録するごとに検索できる情報も増えるという仕組みです。

情報を見放題にしてしまうと、口コミを検索する人だけになってしまう可能性や口コミ情報が集まりにくくなる可能性があるので、より多くの情報を投稿してもらうための措置として制限がかけられているのです。

「ワクワクDB」は使えなくなった?

ワクワクDBは、以前は会員Noをベースに情報を登録・検索する仕組みでしたが、ワクワクメールの会員Noが非表示になったことに伴い、プロフィールIDをベースに情報を登録・検索する仕組みにリニューアルしました。

ワクワクメールの会員Noが非表示になったことに伴い、過去に登録されていた延べ12万件を超える情報は、会員Noを保存していた人を除いて調べられなくなってしまいました。このことにより、ワクワクDBは使えなくなり廃止になってしまったと考えたワクワクメール利用者も多かったのですが、ワクワクDBは現在でも使い続けることができます

会員NoからプロフィールIDベースの仕組みに変わってからまだ間もないこともあって、現在のところは以前ほどの情報はありませんが、今後着々と情報が登録されていくものと考えられます。

※新ID検索になってから時間が経過したことに伴い、現在では以前同様に大量のワクワクメールユーザーの情報が投稿され口コミや評判が調べれるようになっています。

また、旧バージョンのID検索も引き続き使い続けられるようになっています。

「旧ID検索」も生きている
ワクワクDBの「旧ID検索」

ワクワクDBでは「旧ID検索」の時代に蓄積された大量の口コミ情報を活用すべく、有志による「旧ID検索」と「新ID検索」を連動させる活動が行われています。

「ワクワクDB」を使うメリットとは?

ワクワクDBが多くのワクワクメール登録者に活用されている理由、利用するメリットは主に次の3つです。

  • 援デリなどの悪質な業者を見分ける参考になる
  • 一般の女性が実際どんな女性か評判を調べられる
  • ヤリ目など女性を騙す男性でないかを調べられる

出会い系で最も優良で、出会いやすいと評判のワクワクメールと言えども、援デリ業者は決して少なくありません。他にもLINEやカカオのID交換を装ってメールを送ってくる誘導業者(メールアドレス回収業者)もいます。そういった悪質業者かどうかを見分けるのに、ワクワクDBの情報はとても参考になります。

業者以外にも一般の利用者についての口コミ評判を調べられるのもワクワクDBの便利なところです。男性・女性問わず、実際に会った人からのリアルな口コミ情報を会う前に調べられるので、会うかどうかを決める際などに活用することができるわけです。

たとえば、ワクワクメールのプロフィールと実物に違いがないか写メは本人か性格はどんな人かについて、実際に出会った人の感想を会う前に知っておけば、会ってからがっかりすることもなくなります。

また、女性もワクワクDBを使うとより安全に出会えるようになります。ワクワクメールには、女性と出会うために真面目な出会いや恋愛が目的のフリをして会ってエッチをしてからヤリ捨てする悪質な男性もいます。そういった男性に騙される危険性も、事前にワクワクDBの情報を参考にすることで避けることができます

「ワクワクDB」の問題点

ワクワクDBには、便利な点だけでなく問題点もあります。ワクワクDBの問題点は主に以下の2つです。

  • サイトが重い、メンテナンス中になっていることが多い
  • 投稿されている口コミ評判にはデマ情報が含まれている場合がある

ワクワクDBは時間帯によってはユーザーが殺到してサイトが重くなったりすることがあります。メンテナンス中になっていることもあるなど使えない場合もあります。この点に関しては、問題点とはいえ有志が善意で運営しているサイトなので仕方のない面がありますが、若干の不便さを感じることがある点は否めません。

それよりも大きな問題は、ワクワクDBに登録されている口コミ情報が必ずしも正確だとは限らないことです。ワクワクDBに登録されている口コミ情報の中には、事実はまったく違う情報が少なくないのです。

たとえば、援デリの女性と出会って酷い体験をした男性が他の男性を同じ目に遭わせるために、わざといい体験ができたという嘘の情報を書き込んでいるケースもあります。また、出会った女性に振られたことを逆恨みして、相手の女性を誹謗中傷するような内容の口コミ情報を登録している男性もいるのです。

たくさんの人がさまざまな口コミ情報を登録している場合は、その情報が信用できるかを見分けるのは難しくないですが、1人につき1件しか情報が登録されていない場合は、その情報が信用できるかを判断するのは難しいです。

ワクワクDBに登録されている口コミ情報はとても参考になる一方で、時には誤った情報を掴まされるリスクがあることを踏まえて、参考程度に利用するのが賢明です。

⇒ワクワクメールで出会ってみる

このリンクについて

上記の外部サイトへのリンクは広告としての機能も有しています。
詳しくは広告リンクについてをご覧ください。
広告宣伝のために虚偽の情報を掲載することはありませんのでご安心ください。

※参考リンク