出会えない系のサクラサイト出会い系のほとんどは“出会えない系”のサイトでサクラがいない優良で安全、出会えるサイトはごくわずかです。優良な出会い系は、出会えること、SNSからの利用者の流入やリピート率が高いこともあって会員数が多くなる傾向があるため、サイトの絶対数が増えにくく現状ではごく限られた数のサイトしか存在しません。


出会い系は“出会えない系”サイトがほとんどを占める

出会える系のサイトにはサクラがおらず人気度を着々と高めていますが、出会える系のサイトは人気度が高く利用者が非常に多いというものの、残念ながらその絶対数は非常に少ないというのが現状であり、出会い系サイトのほとんどを占めるのはサクラ出会い系というのが実態です。

Googleなどで『出会い系サイト』と検索すると200万件を超えるサイトがヒットすることでも分かる通り、インターネット上には非常に多くの出会い系サイトが存在しています。ですが、本当に出会えるサイトというのはこの内のほんのわずかに過ぎません。このサイトのTOPページではじめに解説している通りで、出会い系サイトは99%以上が出会えないサクラ詐欺サイトであるというのが実態です。

つまり、何の情報も持たないまま出会い系サイトを検索するなどして登録してしまうと、サクラ詐欺サイトに登録してしまう可能性が高く、結果としてほとんどの場合サクラ被害に遭ってしまうということになります。

正しい知識・情報の不足がサクラ詐欺被害を招く

このように、サクラ被害に遭う人が後を絶たない理由は、まず出会い系サイトに占める出会えない系のサイトの割合が非常に高いということが大きく影響しているわけですが、それだけではありません。

被害に遭ってしまう人の側にも、出会い系サイトの実態に関する正確な情報や知識が不足していることも被害を生む大きな要因となっているのです。

インターネット上では、誰もが自由に自分の意見や見解を発信することができますが、それは裏を返せば人を騙すような誤った情報も自由に配信できてしまうということでもあります。ですから、ネット上の情報の正確性については常に疑ってかかるという姿勢が重要なのです。特に、出会い系サイトについては、悪質なサクラ出会い系のサイトやそれらのサイトの広告を売り込む業者が乱立しているため情報を鵜呑みにするのは大変危険です。

悪質なサイトを優良と評価してユーザーに登録させることで経済的な利益を上げている業者を挙げればキリがないほど、悪意ある情報が蔓延しているというのが実態なのです。

“出会えない”系のサイトによる詐欺被害に遭わないためのポイント

“出会えない”系のサイトによる詐欺被害を防ぐためには、出会い系サイトを利用する際には以下のことをしっかりと理解しておかなければいけません。

これらのことを前提として、無料出会い系サイト既婚者専用のサイトなどは絶対に利用しないなど、興味や関心を強く惹きつけようとするサイトには最大限の警戒をするということが非常に重要です。

また、出会い系の情報を配信しているサイトについても、悪質サイトの広告を売り込もうとするサイトがあるということ、口コミ評価サイトの中にも情報を操作して出会えない系のサイトに登録させようとするサイトがあるということを理解しておかなければいけません。

サクラがいない出会い系が少ない理由

サクラがいない優良と評価できるような出会い系が少ない理由は、世の中で流行するサービスが、業界が成熟していくにつれてサービスの提供者の数が減少していくのと同様である意味においては仕方のないことでもあります。

たとえば、Twitterと同じようなサービスはいくつかありますが、かといって数えられないほどのものではありません。

出会える系の出会い系サイトについても同じで、数は少ないもののそれぞれに膨大な数の利用者がいることが特徴です。おまけにちゃんと出会えるようになっているので、一度利用した人はたとえ恋人などが作れたとしても別れたタイミングなどでサイトの利用を再開するというケースも多く見受けられます。

結果として、ひとりのユーザーがリピーターとしてサイトを使い続けるという傾向があるため、ごく少数の特定のサイトにたくさんのユーザーが集まりやすく、全体としてサイト数が増えるに至らないというわけです。

この、『ユーザーがリピーターとなる割合の高さ』こそがサクラがいないサイトの特徴であり、これまでの出会い系にはなかった特徴ですが、その理由は、ただ単に会えるからというだけではありません。

少額ポイント制の出会い系サイトに代表されるサクラがいないサイトには、出会い機能以外にも様々な機能が搭載されていてそれらの機能の存在によってリピート率が高くなる傾向があります。

たとえば、ゲーム。
登録ユーザーが自由にサイト内で様々なゲームを楽しむことができるようになっており、GREEやモバゲーなどと同様のSNSとしての特性も持ち合わせているのです。ここ数年、GREEやモバゲーをはじめとしたSNSは無料ゲームを導入したことで会員数を大幅に増やしてきました。当初は、出会い機能を搭載していましたが、未成年者の出会い目的での利用が社会問題となったこともあって現在ではそれらの機能は禁止されています。

しかし、ゲームだけでなく異性と出会うことをも利用の目的としていたユーザーにとっては利用価値が半分失われたに等しいという状況になったため、それらの会員がワクワクメールやイククルなどに移行するという流れが生まれました。元々、SNSの利用者はそのコミュニティに長く根付きやすいというユーザー特性を持っているので必然的にリピート率が高まることになり、それによって、これまでの出会い系ユーザーに多く見られたような『サイトからサイトへと渡り歩く』という行動が随分と少なくなりました。

こうした要因が重なり、特定のサクラがいない出会い系サイトにたくさんの人が集まり、サイト数がなかなか増えないという現在の状況を生み出しているということです。

サクラがいない優良サイトが増える見込み

しかし、だからといって今後もサクラがいない出会い系の数が増加しないとも言い切れません。

なぜなら、過去これまでに悪質なサクラ出会い系を運営していた業者がサクラがいないサイトの開設に踏み切る可能性もあるからです。

サクラ出会い系は悪質な手法で利用者から料金を巻き上げることで売上を伸ばしてきました。

ところが、その手法が次第にユーザーに通じなくなってきたことで以前ほど売上を上げることができなくなってきています。しかも、その傾向は年々強くなっているためサイトの閉鎖に追い込まれるところが徐々に増えてきています。運営者の中には、儲からない悪質サイトよりもむしろ、利用者数の大幅な増加が見込めるサクラのいない出会い系の方がビジネス的な観点からも魅力のあるものとなってきているようですし、悪質な業者といえどもサクラを使って人をだますという仕事はとても喜べるものではなく、精神的も苦しい部分があることは否めないわけです。

反対に、サクラがいないサイトはユーザーを騙すことなく喜んでもらえる上に、さらに経済的に得られると考えられるメリットも大きいとあって非常に魅力的なビジネスモデルなのです。

こういったことを理由に、サクラサイトから非・サクラサイトへと切り替えを図る運営者が徐々に現れ始めています。一度、成功した人を見たら横に倣うのが同業他社の特性ですから、今後はサクラがいない出会い系が増加する可能性もあると評価することは決して無理があることではありません。

我々利用者としては、ぜひサクラがいない優良で安全な出会い系サイトがひとつでも多くなり、いい意味での競争が繰り広げられることを期待したいものです。