サクラだけじゃない!業者・CB・Botの危険性とは?

最終更新日:, 公開日:

ワクワクメールやハッピーメール、PCMAXなどの出会える系の出会い系サイトや iPhone出会い系アプリにおけるサクラの危険性、援デリなどの業者やキャッシュバッカー(CB)、Botと呼ばれる自動プログラムのサクラの実態や危険性について分かりやすく解説しています。

出会える系の出会い系にはサクラがいない

ワクワクメールやハッピーメール、PCMAXなどの出会える系の出会い系サイト、出会い系アプリには運営側が雇ったアルバイトのサクラ(通称:メールレディ、メルレ)はいません。サクラがいない理由はとてもシンプルで、サクラを雇えないポイント料金体系になっているからです。

出会い系サイトや出会い系アプリのサクラは、女性会員に成りすましたアルバイトスタッフが様々なキャラ作りをしてメールの相手をします。

サクラのアルバイトスタッフは「インターネットオペレーター」などの名目で求人募集されます。仕事の性質がブラックなものであるため、時給や成績に応じた歩合の給与がいいので人件費は決して安く済むものではありません。高い人件費を賄うためには高い売上を上げなければなりません。そのため、サクラ出会い系は料金設定が高いのが特徴です。

それ対して、ワクワクやハピメなどの優良な出会い系のポイント料金設定は、メールの送信に必要なポイント料金が1通あたり高くても数十円程度という安い設定になっていて、とても高い報酬をサクラに払えるような構造にはなっていないのです。

業者やCBがサクラ同然の役割を果たしている

しかし、出会える系の出会い系サイトや出会い系アプリには、運営に雇われたメールレディのサクラこそいないものの、キャッシュバッカー(CB)援デリ業者などの悪質な利用者が実質サクラ同然の役割を果たしているという負の側面があります。

キャッシュバッカー(CB)や援デリ業者は、サイトに雇われたアルバイトスタッフではないものの、男性登録者とメールをすることを通して、間接的にサイト・アプリ側に収益をもたらす存在となってしまっていることもあって、どの出会える系の出会い系もキャッシュバッカーや援デリ業者に対する取り締まりはあまり厳しく行われていません。キャッシュバッカーや援デリ業者の存在が半ば黙認された状態となっているのです。

つまり、現在の出会える系の出会い系では、キャッシュバッカー(CB)や援デリ業者が女性利用者として多数紛れこんでいることによって、実質サクラがいるのと変わらない状態となってしまっているのです。

※ただし、出会える系の出会い系の中でもワクワクメールだけは、キャッシュバック目的での利用を一切禁止しているので、男性とまったく出会うことがないキャッシュバッカーがまったくいません。

運営スタッフがサクラ行為をすると明言しているアプリもある

また、昨今急速に数を増やしている iPhone の出会い系アプリにおいては、運営スタッフが男性ユーザーのメールのやり取りの相手をするという、サクラ行為をすることを堂々と利用規約おいて宣言している悪質なアプリも多数存在しています。

運営スタッフがサクラ行為をすると書かれている「ギリギリトーク」の利用規約
出会い系アプリ「ギリギリトーク」でのサクラ行為に関する利用規約条文

上のキャプチャ画像は、出会い系アプリ「ギリギリトーク」の利用規約の一文ですが、赤線を引いた箇所を見てください。運営スタッフがサクラ行為をする可能性があることがはっきりと書かれています。

こうした事例は「ギリギリトーク」に限ったことではなく、iPhone 用の出会い系アプリの大半で見受けられます。

※参考記事

架空の女性キャラやbotのサクラがいる場合もある

また、人間がサクラとして利用者とメールのやり取りをする以外にも、最近ではプログラムによる自動化されたサクラがいる場合もあります。

自動化されたプログラムのサクラは、通称「bot」と呼ばれ、利用者が出会い系サイトや出会い系アプリに登録、ログインしたタイミング際などに自動でメールを送るようプログラムされていることが多いです。

実際、ハッピーメール用のbotプログラムソフトが裏で出回っていることが確認されていて、それを裏付けるように、ハッピーメールのサイトやアプリにログインすると決まって業者と思われる女性からメールや「いいね!」が送られてきます。

※参考記事

また、男性利用者とメールのやり取りはしないものの、女性が多いように見せかけるために登録されている架空の女性キャラ(≒サクラ)も各出会い系サイト、出会い系アプリでよく見かけます。

架空の女性がサクラとして登録されていることを示唆する記述
出会い系アプリ「ギリギリトーク」でのサクラに関する利用規約条文

先ほど例として挙げた出会い系アプリ「ギリギリトーク」の利用規約には、架空の女性ユーザーが登録されている可能性を示唆する記述もあります。表現こそ“ユーザーに提供する情報”と曖昧なものになっていますが、出会い系アプリで“ユーザーに提供する情報”は、主に女性ユーザーのプロフィール情報しかないので、サクラの存在を暗に示唆していると言い換えることができるのです。

この事例にもあるように、現在の出会い系サイトや出会い系アプリには、メールレディなどの人手を要する旧来型のサクラがいなくなってきている反面、半自動化、もしくは完全に自動化されたサクラが増えつつあるのです。