YYC(ワイワイシー)で業者(サクラ・CB)に釣られてしまいそうになった体験談

最終更新日:, 公開日:

出会い系「YYC(ワイワイシー)」で返事を装ってアプローチメールを送ってきた業者(サクラ・キャッシュバッカー)に騙されそうになった体験談を元に、普通にメールを送る以外のやり方でアプローチしてくる業者やサクラ、キャッシュバッカーの危険性について解説しています。

YYC(ワイワイシー)で業者が送ってきたメール

YYC(ワイワイシー)には、こちらがメールを送っていないにも関わらず返信メールを装って釣りメールを送ってくる業者がいる(サクラキャッシュバッカーの可能性もあり)ので注意が必要です。

今回僕がYYC(ワイワイシー)で体験したことというのは、僕からアプローチメールを送っていないにも関わらず、あたかも僕が先にメールを送ってその返事待ちをしていたかのようなメールを女性から受け取ったというものです。

以下がそのメールの内容です。

メッセありがとうです(*゜▽゜*)♪
初めての人とお話するのってなんだか緊張しちゃいますね(笑)
今からでも会いたいなって思ってるんですけど、そんな急には厳しいですかね?(´・ω・`)w

このように、僕が先にアプローチメールを送ったかのように書かれていることが分かります。ですが、実際には僕はこの女性にメールをしたことがありませんでした。(送受信履歴から確認済みです)

そこでこの女性のプロフィールをよく調べてみると、利用端末がPCとなっていて、おまけに大人の関係で即会いを希望しているという趣旨の内容のオンパレードでした。このことから、ほぼ間違いなく援デリ業者か、もしくはキャッシュバッカーであると判断して返信メールを送ることを思いとどまったというわけです。

返信メールを装ってメール送ってくる業者の狙い・意図

この女性利用者が意図していたことは、おそらく、先にメールをもらっていたということを言うことで、相手の男性(この場合僕のことです)を一瞬混乱させて返信メールを送らせようということです。

出会い系サイトでは、男性は効率よく女性と出会うために不特定多数の女性に対してメールを送ることが多いです。そのことを見越して“ひょっとしたらメールを送った人かもしれない”と思わせる狙いがあるということです。過去にメールを送った人かもしれないと考えて返信メールを送りたくなる男性の心理を巧みについています。

特に、僕は以前に出会える女性のほとんどはレスポンスが遅いことをこれまでの体験を通じて理解していたこともあって、そういうケースも十分あり得ると思っていたので一瞬釣られてメールを送り返しそうになりました。

こうした女性の大半はキャッシュバッカーかもしくは援デリ業者であると考えられます。いずれにしても普通に出会える一般の女性ではないというのが実態です。

YYC(ワイワイシー)以外の出会い系でも注意が必要

こういったことを体験するのは、YYC(ワイワイシー)だけとは限りません。似たような事例としては、メール以外の方法でアプローチしてくる業者は現在出会える系のサイトにおいて非常に増えつつあります。

これらに共通しているのは、男性に対して積極的にアプローチすることで返信メールを受信しやすくしようという狙いがあるということです。

出会える系の出会い系には、悪質なユーザーが少なくありませんし、それらのユーザーは様々な手口で男性からのメールを受信しようとするので今回具体例として取り上げたYYC(ワイワイシー)に限らず、どの出会い系でも気をつける必要があります。

⇒ワイワイシーで出会ってみる

このリンクについて

上記の外部サイトへのリンクは広告としての機能も有しています。
詳しくは広告リンクについてをご覧ください。
広告宣伝のために虚偽の情報を掲載することはありませんのでご安心ください。

※関連記事

ここがポイント! – 記事の概要とまとめ

  • YYC(ワイワイシー)にはこちらがメールを送っていないにも関わらず返信メールを装ってメールを送ってくる業者(サクラ・キャッシュバッカー)もいる
  • こちらが先にメールを送っていたと誤認させることで男性からの返事をもらいやすくすることが業者(サクラ・キャッシュバッカー)の狙い
  • 援デリなどの業者やサクラ、キャッシュバッカーは、直接的なメールの送信によるアプローチではなく、イレギュラーな手口や予想外のやり方でアプローチしてくる(ハッピーメールで「いいね!」してくる業者など)こともあるので他の出会い系でも注意が必要