出会い系アプリで出会って関係を持つと梅毒などの性病をうつされる危険がある!?

公開日:

PCMAX やワクワクメール、ハッピーメールなどの出会い系アプリにおける梅毒などの性病に感染する危険性や実態、出会い系アプリで性病をうつされるリスクを避ける使い方のコツについて解説しています。

出会い系アプリを梅毒蔓延の温床と指摘する声

ここ数年、梅毒に感染する人が急増しているとのニュースは度々報じられてきましたが、その温床として出会い系アプリの存在を指摘する声が挙がっているようです。

急増しているのが20代女性で、3年間で約10倍になった。18年1~9月の患者統計によると、20代女性は893人で全体(5081人)の2割近く、女性患者(1730人)の5割を占めた。男性は20~40代の幅広い年代に広がる。地域別では東京都(1284人)や大阪府(874人)など大都市部で目立つ。

 主な感染経路として、性風俗産業の利用者と従業員の接触がある。新宿区保健所が区内の医療機関を受診した患者を調べたところ、異性間性的接触による感染のうち、男女とも約半数は性風俗産業を半年以内に利用したか、関連の仕事に従事していた人だった。

 さらに、出会い系アプリやソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)の利用を指摘する専門家もいる。出会い系アプリは簡単な操作を売りにして12年ごろから普及し、売買春の温床にもなっているとされる。保健所の相談窓口でもここ数年、これらの利用を明かす相談者が出てきた

※引用元:「梅毒患者、48年ぶり6000人超 出会い系アプリ一因か – 毎日新聞」

記事では併せて、出会い系アプリが梅毒蔓延の温床となっている可能性について「アプリ利用による男女の接触が新たな感染経路になっている可能性があり、詳細な調査と対策を急ぐべきだ」と懸念する医師の声を紹介しています。

援デリ業者が派遣する女性と出会うことで性病に感染するリスク

出会い系アプリが梅毒感染者が急増する一因となっているとの指摘が当たっているとすれば、思い当たるのは、援デリ業者の派遣する女性の存在とその女性たちと会って関係を持ってしまうことで性病をうつされてしまう危険性です。

残念ながら、援デリ業者が出会い系アプリで捕まえた男性客との待ち合わせの場所へ派遣する女性たちは、性病の検査などをまともに受けさせてもらえていない人たちばかりです。

そして、出会い系アプリを使って捕まえた客の元へと日々何回も派遣されるなど、不特定多数の男性と肉体関係を持つので梅毒をはじめとする性感染症にかかるリスクも高いのが実態です。

そういった意味では、出会い系アプリが梅毒感染者の急増の一因となっている可能性は否定できないと言えるでしょう。

業者を的確に見分けることなどで性病に感染する危険性は避けられる

出会い系アプリを使って女性と出会い、体の関係を持つことで性病にかかってしまう危険性があることはたしかですが、性病にかかるリスクは少しの心がけで避けることができます

まずなによりも大切なのは、援デリ業者に釣られないことです。前述の通り、出会い系アプリを使って客を募っている援デリ業者の派遣する女性と会って関係を持ってしまうと、最悪の体験をさせられるだけでなく梅毒などの性病をうつされるという、さらなるオマケがつく危険性が高いからです。

出会い系アプリの男性ユーザーの中には、援デリ業者を見分けられずに女性と待ち合わせてしまった結果、逃れられずにお金を要求され支払い、何もしないままでは帰れないという思いから、援デリの女性とも関係を持ってしまう人も少なくないですが、絶対に止めておきましょう。

援デリの女性とのセックスは決していいものではないですし、梅毒などの性病にかかる危険性を冒してまでする価値は絶対にないです。

援デリ業者のほかにも、出会い系アプリで繰り返し何度も割り切りの出会いやエッチを繰り返している素人女性と出会うのも避けた方がいいでしょう。そういう女性は、援デリの女性ほどではないにせよ、不特定多数の男性と肉体関係を持つことで性病にかかっている危険性があります。

いずれにしても、出会い系アプリで梅毒など性病をうつされる危険性は、男性でも女性でもお金と引き換えに会おうとする人を避けることでほとんど回避することができます

そういう人は待ち合わせの約束など会う話になると、必ず金銭の要求などお金の話をしてくるので見極めるのはとても簡単ですし、誰でも簡単に危険を避けることができるのです。