対策法出会える系の優良な出会い系にはサクラの代わりにキャッシュバッカー(CB)が存在する可能性があります。キャッシュバッカーに騙されないようにするためには、待ち合わせの前に必ず電話番号やメールアドレスを交換するということが必要です。

この記事では、男性ユーザーにとって迷惑極まりない存在であるキャッシュバッカーについて、ブログでお馴染みの管理人 久保が実際にキャッシュバッカーに騙された体験やその後の様々な調査を元に、対策法を紹介します。


キャッシュバッカー(CB)に騙される危険性

出会える系のサイトにはサクラがおらず、基本的に一般のユーザーしかいないため優良サイトとして評価することができますが、それでもキャッシュバッカー(CB)の存在がその評判を落としていることも事実です。キャッシュバッカーはサイト運営者が雇っているわけではないものの、男性ユーザーに対してはほとんどサクラと同等の振る舞いをするので実質はサクラと変わりない存在として捉えることができます。

唯一絶対の対策法はメアド・電話番号交換を迫ること

キャッシュバッカーの目的はサイト内でたくさんのメールを受信してポイントを貯めることにあります。したがって、メールアドレスや電話番号を交換して直接相手の男性とやり取りをすることはありません。これが最大の特徴であり、反対に言えば見破る際の最大のポイントになる点です。

キャッシュバッカーの中には、顔写メを載せてプロフィールをそれらしく作りこんでいる人もいます。その出来栄えはついこちらが本物の女性だと信じてしまいそうなほどよくできていることが多いです。そんな相手に『連絡先は会ってから交換したい』と言われれば、会えないリスクよりも会えるかもしれないというチャンスを逃すリスクの方が大きく感じてしまうものです。

しかし、それこそがキャッシュバッカーの狙いであり、その言葉を鵜呑みにするのは相手の思う壺であるということをしっかりと理解しておく必要があります。そして、その前提としてYYC(ワイワイシー)Jメールなどの出会える系のサイトにはキャッシュバッカーが非常に多く騙されるリスクは誰にでもあると心得ておくことが重要です。

会えるかもしれないという期待を捨てる勇気を持つ

その上で、感情に流されないということが非常に大切です。

人は誰しも自分が気づかない内に、自分に都合のいい情報を優先して取り入れるという性質を持っています。そのことを十分に自覚した上で、理性的な判断をその時々で下すことができるかどうかということが、キャッシュバッカーに騙されるリスクを回避できるかどうかを左右する分岐点となります。

出会い系サイトで誰かと会おうとする場合、その時点で相手を数多くの中から“選んで”います。つまり、始めの時点ですでに感情的なバイアスがかかり始めているということです。分かりやすく言い換えると、『自分が選んだこの相手は、他の怪しげなユーザーとは違い確実に会える真っ当な人だ』という想いが少なからず気持ちの中にあるということです。

こうした感情を抑えながら理性的で冷静な判断を下すのは決して簡単なことではありません。その立場になく普段の状態では簡単そうに思えますが、実際にその立場に立つといとも簡単に感情に押し流されるのが人間の心理です。

それを防ぐためには、ちゃんと出会えるまで相手の事をどこかで疑う視点を持つということ、そして少しでも何か違和感や怪しいと思う部分があったら、会えるかもしれないという期待を勇気を持って捨てるということが重要となります。

感情に流されないようにするのは簡単ではありませんが、こうした観点や視点予め持っておくことで判断ミスを防ぎ、キャッシュバッカーに騙されるリスクを低減することができるようになります。

キャッシュバッカー対策のまとめ

それでは、もう一度おさらいしておきましょう。

キャッシュバッカーに騙されないようにするために必要なことは次の通りです。

  • 顔写メを掲載していても“会える人”だと信用し過ぎない
  • 待ち合わせをする前に必ずメールアドレス・電話番号を交換しておく
  • 万が一交換できないと言われても、相手のことを信用し過ぎない
  • 相手を信用するかどうかの判断には自分の感情的なバイアスがかかることを知っておく
  • 連絡先を交換せずに待ち合わせをする場合は、少しでも相手に不審な点があれば勇気を持って見切る
  • たとえ連絡先を交換したとしても、実際に出会えるまでは相手の事を疑う視点を持っておく

これらのことを身につけ実践することでキャッシュバッカーに騙されるリスクは大幅に低減することができます。
騙される男性ユーザーが減れば減るほど、キャッシュバッカーはその存在価値を失っていき、数を減らすことができるようになります。そのことを念頭に入れながら出会い系サイトを利用するようにしましょう。

また、ここに挙げた対策法以外にもおすすめの対処法などがありましたら、お気軽にお寄せください。より多くのユーザーの皆さんからの声をいただき共有することで出会い系サイトの健全化が進むことになります。ご協力よろしくお願いします。

※関連記事