出会い系で LINE やアドレスなどの連絡先を交換して出会うコツとは?

最終更新日:, 公開日:

ワクワクメールやハッピーメール、PCMAX などの出会い系やマッチングアプリでLINEやアドレスの交換を成功させる秘訣や、LINE IDを教える場合の注意点、業者やサクラ・キャッシュバッカーを見分けるポイントなどについて解説しています。

出会い系での LINE やアドレス交換は簡単

出会い系サイトや出会い系アプリ、恋活・婚活マッチングアプリで知り合った相手と実際に会う場合は、待ち合わせをする前にLINEやカカオ、メールアドレス・電話番号などの連絡先を交換するのが一般的です。

出会い系利用者の中には「連絡先の交換がなかなかできない」という人もいますが、ワクワクメールハッピーメールPCMAXなどの本当に会える確率が高い出会い系サイトや出会い系アプリでは、アドレスや LINE などの ID を交換して出会うのは決して難しいことではありません。

むしろ、比較的簡単に、そしてスムーズに連絡先を交換して実際に会えるケースの方が圧倒的に多いです。

連絡先を交換するおすすめのタイミング

出会い系での連絡先交換の一番おすすめのタイミングは、待ち合わせや会ってからのデートの話をしているときで、メールの回数の目安としては5回前後が最もおすすめです。

実際に会う話をしているときであれば、アドレスや LINE を自然と聞きやすく、不必要に警戒心を抱かせずに済むので連絡先の交換に応じてくれる可能性が高いからです。

実際に会う際の話は、1通目のメールでする類の会話ではありません。普通はそこに至るまでに、あいさつから始まり、お互いの仕事や趣味のこと、自己紹介や相手への質問などの会話をすでに経ていることが多いです。

つまり、実際に会う際の話をする状況というのは、会話が展開し十分に温まった状況である場合が多いので、連絡先の交換を持ちかけても断られる可能性が低く、直メやラインにスムーズに移行できる可能性が高いのです。

反対に、「出会い系でのアドレスやラインの交換ができない、難しい」という人は、女性に送る最初のメールから LINE やカカオの ID、アドレスを聞くという最悪のやり方をしていることが多いです。

サクラ(キャッシュバッカー)や業者相手にメールを送ってポイントや時間を無駄にしたくないという心理から、最初のメールでLINEやアドレスを聞く気持ちは理解できますが、それでは返事すらもらえないことが多いです。

出会い系でのアドレスや LINE の交換は、タイミング次第で成功の確率が大きく違ってくるので、メールのやり取りの状況や会話の温まり具合、相手のテンションなどをしっかりと見定めて持ちかけるようにしましょう。

LINE の ID に本名を設定している人は要注意

出会い系で仲良くなった相手と連絡先を交換する場合、最近ではメールアドレスよりも LINE やカカオの ID を交換することの方が圧倒的に多いですが、LINE の ID に本名を設定している人は注意しましょう。

特に、LINE 以外に facebook をやっている人や、本名で検索すると勤務先の会社や所属している団体などが分かってしまう人は、LINE の ID を教えるのは控えた方がいいです。

ラインでのやり取りは単純にブロックしてしまえば済みますが、ほかの SNS や web サイトを通じてプライバシーが知られてしまうと、思わぬトラブルの火種になりかねません。出会い系で LINE を交換する場合は、必ずその心配がない状態でやり取りするようにしましょう。

直メやラインに移行してはいけない“女性”

ほかにも、出会い系での連絡先の交換に際しては、女性になりすまして登録している業者やサクラに釣られないよう気をつけましょう。

  1. いきなり LINE の ID を教えてくる誘導業者
  2. 「仲良くなってから交換したい」というサクラ・CB

いきなり LINE の ID を教えてくる誘導業者

出会い系での連絡先の交換に際して最も警戒すべきなのは、最初からいきなり LINE の ID を教えてくる“女性”です。このタイプの“女性”は100%サクラ出会い系の誘導業者なので、決してラインや直メに移行しないようにしましょう。

※参考記事

「仲良くなってから交換したい」というサクラ・CB

出会い系でメールのやり取りをしていると「そろそろ会話も温まってきたし連絡先を聞いてもいいかも」と思って直接のやり取りを持ちかけてみると、「連絡先は仲良くなってから交換したい」と断る女性にあたる場合もあります。

そういう女性は、サクラ・キャッシュバッカー(CB)の可能性があります。「仲良くなってから」という相手の言葉を信じてサイト・アプリ内でやり取りを続けたとしても、連絡先の交換に一向に応じてもらえないで終わる可能性が高いです。

僕自身、ハッピーメールで知り合った女性に連絡先の交換を持ちかけたところ「連絡先は仲良くなって会ってから交換したいと」言われ、その言葉を信じて待ち合わせの約束をした結果、すっぽかされるというキャッシュバッカーに騙された体験をしたことがあります。

女性とやり取りしているときに、もしも「連絡先は仲良くなってから交換したい」と拒否された場合は、その女性がサクラやキャッシュバッカーか一般人かを慎重に見極めてからやり取りを続けるか否かの判断をしましょう。

※参考記事

また、ここ数年利用者が急増しているギリギリトークPICO!などの出会い系アプリには、すぐに待ち合わせをして会おうと誘ってくる割に一向に連絡先を教えないサクラや、ダミーの LINE ID を送ってくるサクラが大量にいるので釣られないようにしましょう。返信メールを送信させて課金させるのがサクラの狙いなので無視を決め込みアプリ自体をアンインストールするのが正しい選択です。

連絡先交換の成功率が高くなる攻略法・コツ

出会い系での連絡先の交換は、女性を的確に見極めて常識あるまともなやり取りを心がければほとんどの場合スムーズに成立しますが、次のようなやり方をすると、連絡先交換の成功率をさらに高めることができます。

たとえば、男性が女性に連絡先を聞く場合は、できれば自分のメアドや LINE の ID をメールに書いておくのがおすすめのやり方です。女性から先に教えてもらうようお願いすると、無駄に警戒させてしまい拒否されることもあるので、自分から先に教えた方がスムーズに連絡先交換ができる可能性が高いです。

また、アドレスやラインの交換を持ちかける前に写メを交換しておくのもおすすめです。出会い系に登録している女性の中には、メールアドレスやラインを教える前に写メ(写真)を見たがる女性も多いです。男性に写メ(写真)を送ってもらって、気に入った人とのみ直メやラインでやり取りするというわけです。そういう女性とは、メールの回数を重ねてポイントを無駄にしないためにも、早い段階で写メ(写真)と連絡先の交換を持ちかけるのもひとつの方法です。


ここがポイント! – 記事の概要とまとめ

  • 出会い系サイトやマッチングアプリでLINEやアドレスなどの連絡先の交換は比較的簡単にできる
  • 連絡先交換のタイミングとしておすすめなのは会ってからのデートに関するやり取りをしているとき、メールの回数の目安としては5回前後が最適
  • LINE IDに本名を設定している場合は、個人情報が知られる可能性があるのでラインではなくアドレスなどを教える方が安全
  • 連絡先交換の際は、LINE IDを送ってくる業者や「仲良くなってから交換したい」と言うキャッシュバッカーに騙されないよう注意する
  • 出会い系やマッチングアプリでの連絡先交換は、自分から先に教えることや安心して会えることを分かってもらえるよう写真を送ることで成功率が高くなる