メールアドレス交換出会い系サイトでメールアドレスやLINEのIDなどの連絡先を交換するタイミングや方法について解説します。ワクワクメールやメルパラ、Jメールなど出会える系の出会い系では、相手が業者ではなく普通の女性で、なおかつ適切なタイミングであれば直メアドレスやラインを交換して出会うのはさほど難しいことではありません。


メールアドレスやラインを交換する理由

出会い系を通じて知り合った人と待ち合わせをしたりするなど実際に会う際はメールアドレスや電話番号、LINEのIDなどの個人的な連絡先を事前に交換するのが一般的です。出会うためには連絡先交換をすることは避けることができない必須事項と言っても過言ではありません。

出会い系を利用する女性の中には、見知らぬ相手に対してメールアドレスを教えることに抵抗を感じる人がいます。実際、僕も利用している中でメアドは会ってから交換したいという女性に何人もあたっています。たしかに、女性の立場からすればどんな相手かも分からない状態で連絡先を教えてしまうのは、後々のことを考えると不安を感じてしまうというのもよく分かる事情ではありますが、そういった懸念があることを理解しながらも僕ら男性の出会い系利用者が合う約束をする前にメルアドを交換しようとするのには男性なりの理由があります。

体験上言えるのは、連絡先を交換しないままに会おうとするのは騙される危険性が高いということです。実際、PCMAXに登録したての頃、僕は会ってからメルアドを交換したいと言うキャッシュバッカーの女性に騙された体験をしたことがあります。男性の場合、直メのアドレスやLINEを交換することには、キャッシュバッカーなどの悪質な女性利用者に騙されることを防ぐという意味や、一般の出会える女性かどうかを適切に評価するため、という意味合いがあるのです。

これは、業者などに騙されるリスクがほとんどない出会い系の女性利用者にはなかなか理解しづらいことかもしれません。しかしながら、出会い系では同じ利用者と言えども男性か女性かによって置かれる状況や晒されるリスクに大きな違いがあり、男性の場合はメアド交換をしないままに待ち合わせの約束をすることには大きなリスクがあるのです。

アドレス交換の際の女性の心理と傾向

出会い系サイトで何度も男性と会ったことがある女性であれば、メールアドレスを教えることに不安を感じることは少ないかもしれませんが、初めて男性と会おうとしている女性にとって出会い系で知り合った男性にアドレスを教えるというのは大きな不安を感じることです。何度も男性と会った経験がある女性でも初めてのメアド交換の際には不安を感じるものですし、男性と違って女性の場合は会うことへの期待感よりも不安の方が先走るものです。

アドレスを教える際に女性に不安を抱かせる要因は、メールアドレスを教えた男性との間に後々トラブルが生じることへの懸念があるためです。出会い系で知り合った男女の関係がもつれて事件にまで発展したケースというのはネットのニュース記事を少し検索するだけでもすぐに見つけられるほどで、決して少なくありません。出会い系サイトでの出会いは、男女の感情が複雑に交差する状況がいくつもあるので関係がこじれてトラブルに発展してしまうリスクがどうしてもあるので、男性は女性のこのような不安や警戒心に配慮して親切で丁寧な対応をしなければいけません。

男性が女性とのメールアドレスなどの連絡先の交換を急ぐ理由は、ポイント代がかかるからという金銭的な理由ももちろんありますが、それよりも相手の女性がキャッシュバッカーなどでなく、本当に出会える人かどうかという点を見極めるためという意味合いの方が強いです。男性の場合はアプローチメールを送った女性から返事が返ってこないことも多いので、メールの返事が来た時点で出会うことに対しての焦りのようなものが生まれます。そのために、先を急ぐようにメアド交換に持ち込もうとするのです。

それに対し、女性の場合は無料で利用できるという以外にも男性から非常に多くの数のメールを受信するのが普通です。それも4・5通ではありません。写メ画像を投稿している人などは10通・20通のメールをもらうこともざらにあるため、全員とメアド交換することなどとてもできません。女性がメールアドレスの交換に慎重になる理由は、このアプローチメールを受け取る数の多さにも要因があります。

もらうメールの数が多いということは、それだけたくさんの人と出会えるチャンスがあるということですし、出会いのチャンスが多ければ確率的に自分の好みに近い人と出会える可能性も高くなるということになります。つまり、たくさんの男性からメールをもらうということが、より理想に近い男性を探す方向に女性を向かわせることになるということなのです。男性であればさほど気にしないような点にまでこだわって男性を選り好みする人もいます。

しかも、一度理想を追い始めると軌道修正するのは難しいものですから、そうなると女性に選ばれ、メアド交換にまでたどり着くのは容易ではありません。ただでさえ、女性の場合は男性のように誰とでもメアドを交換しようとはしませんので余計に“狭き門”となります。

最初のメールでメアドやラインを聞いても教えてもらえない

したがって、最初のメールでいきなりメールアドレスやラインを聞いても教えてもらえることはほとんどありません。

出会えない人とのメールを何回もすることでポイントを無駄にしたくないという男性利用者特有の心理から、多くの人がメールのやり取りをし始めたばかりの段階で相手の人にメアドやラインを交換しようとします(無料でメッセージを送ることができる伝言板機能があるワクワクメールを利用していると、実に多くの男性利用者が女性に対してメアドを送るよう頼んでいるファーストメッセージをよく見かけます)が、成功することはまずないと理解しておきましょう。

女性が男性にメアドを聞く場合でも同じです。男性に対して1通目のメールで「メールアドレスやラインを交換しませんか?」とメールしたとしても、メールアドレス収集目的の業者と思われる可能性が高いのでまず教えてもらえません。また、女性に対して最初のアプローチメールでメアドを教えてもらうよう要求したり、自分のメアドを教えたとしても直メ交換はほとんどできません。

まずは、順序立てて挨拶から交わすのがマナーであり、遠回りなようで実は出会い系で効率よく連絡先の交換をしてもらえる方法です。

始めの段階でメアド交換可能か尋ねる

ですが、かと言って一人につき何回もメールの交換をしてからメアドを聞くようにしていると、もし相手がキャッシュバッカーであった場合などは、その分のポイントが無駄になってしまいます。

もちろん、はじめからキャッシュバッカーと判断できるような女性に対してはメールを送らないに越したことはありませんが、キャッシュバッカーを見分けるのは簡単ではありません。ですので、メアド交換が可能かどうかについて始めの段階で尋ねておくのがいいでしょう。

たとえば、『会う前か仲良くなったらメアド交換できますか?』などのように尋ねてみましょう。

相手がキャッシュバッカーの場合は、『メアドは会ってから交換したい』というようなことを言うものです。会う前にメアド交換ができないという人は、実際にちゃんと会うことができる一般女性利用者の中にはいないのでそういう返事が返ってきた場合はメール交換をそこで止めるのがポイントです。

メアドを聞く前にしておくべきメール(会話)

女性にメールアドレスを聞く際は、メールの回数ではなくメール(会話)の進捗状況を目安とします。

いくらメールの回数を重ねても一言メールの繰り返しであれば親密度は高まりませんのでメアドを聞いても教えてもらえない可能性があります。反対に、メールの回数は少なくてもしっかりと内容のある会話ができていればメアド交換が可能となる場合もあります。仕事や趣味のことなど、自分のことについて触れつつ相手のこともしっかりと質問したりすることでメールの内容をしっかりとしたものにすることができます。

また、会話以外にも写メを交換しておくのもいいでしょう。出会える系の出会い系を利用する女性の中には、メアドを教える前に写メ交換をすることを希望する女性が多くいます。写メを交換して気に入った人とのみメアドを交換するというわけです。メールの回数を重ねてポイントを無駄にしないためにも、早い段階で写メ交換を申し出るのもひとつの方法です。

最も自然に切り出せるのは会う約束をするタイミング

これらの最低限交わしておくべき会話(メール)を経た上で、メアドを聞くタイミングとして適切だと考えられるのは、会う約束や待ち合わせに関する会話をしている時です。待ち合わせをしようという段階であれば、それまでの間に充分なメールでの会話を経てお互いに会う意思があるということですからメアドや電話番号を自然に尋ねることができますし、相手も素直に応じてくれる可能性が高いです。

※男性が女性に連絡先を聞く場合は、できれば自分のメアドやLINEのIDをメールに書いておくということが重要です。女性から先に教えてもらうようお願いしても断る人の方が多いので、自分から先に教えた方がスムーズに連絡先を交換することができます。

交換したアドレスが伏せられている場合

まれに連絡先を交換した相手のメールアドレスが伏せられている場合があります。

当サイトで評価対象としている出会い系サイトでは登録者の年齢確認が厳密に行われており、年齢確認が完了しない限り、サイト自体を利用することはできても出会うことは一切できないようになっています。そのため、もし年齢確認が完了していない時点でメールアドレスが記載されたメールを送受信したとしてもそれが分からないように伏字に変換されるというシステムになっているのです。

つまり、18歳未満の未成年者の利用を禁止した『出会い系サイト規制法』に基づき児童が援助交際などの犯罪被害に巻き込まれないようにするための措置をきちんと取っているというのが、メールアドレスが伏せられる理由ということになります。

メールアドレスが伏せられていたとしても、相手の人(もしくは自分)の年齢確認が完了すれば過去にメールアドレスを載せて送受信したメールでも見ることができるようになります。ですので、相手の人の年齢確認が完了するのを待てば出会える可能性自体はあるということになりますが、ただ、これまで僕自身が体験してきた限りにおいては年齢確認が済んでいない女性に対してメアドを記載したメールを送ったとしてもなかなか返事をもらうことはできないというのが正直な印象です。

年齢確認が完了していない人に対してはメールを送ろうとするとその旨がメッセージとして表示される出会い系もあるので、出会うのが難しいということも踏まえてメールを送るかどうかを慎重に判断するようにしましょう。

PC利用者とアドレス交換する際の注意点

メールアドレスを交換する際には、何気なく自分のアドレスを教えてしまうことがありますが、PCで出会い系サイトを利用している人とメアドを交換する際には、気をつけるべき点があります。

それは、メールの受信設定についてです。携帯のメール受信は、迷惑メールを受信することを避けるために『ドメイン指定受信』など携帯メールアドレスからのメールしか受信しないという設定にしている人も多いのではないでしょうか?その場合、Yahoo!やGmailをはじめプロバイダから配布されるPC用のメールアドレスから送信されるメールは携帯に届きません。

このことを忘れていると、せっかく知り合った女性とメアド交換してもメールが一向に届かないという事態に陥ってしまいます。その際、女性がメールが送れなかったことをサイト内メールで連絡してくれればいいのですが、全員がそういう対応をしてくれるとは限りません。女性によっては、複数の人と同時にメール交換していたとして、もしメールが送れなかった場合、その人との連絡は諦めて、メールが無事送信できる男性を優先することだって考えられます。

つまり、メールが受信できないという些細なことがきっかけで出会えていたはずの女性との関係や連絡が途絶え、出会えなくなってしまうこともあるということです。もし、それが自分の好みのタイプの女性だったとしたらどうでしょうか?出会い系サイトで自分の好みのタイプの女性と出会える確率を考えると、大変もったいないことであるのが分かると思います。

出会い系を使っていると、相手が使用している端末は普段あまり気にしないことの方が多いです。ですが、それによって本来出会えていたはずの人との出会いのチャンスをみすみす逃すこともあるということに気をつけましょう。

メアド交換で被害に遭わないために警戒すべき女性

これまで解説してきた通り、メールアドレスの交換に関しては、決してそれに応じないキャッシュバッカーの存在が大きなリスクとしてありますが、それ以外にも警戒すべき女性利用者がいます。以下の記事では、メアド交換に際して警戒すべき女性についてまとめています。

メアド交換持ちかけてくる女性
女性の中には、メールの交換をし始めて間もないタイミングでアドレスの交換を持ちかけてくる女性がいますが、このタイプの女性はメアド収集業者であることが多いです。アドレスを教えるとその後はぱったりと連絡が途絶えるのが特徴です。
最初のメールからアドレスやLINEを送ってくる女性
さらに、より直接的にアドレスを収集するために、ファーストメールで直アドを教えてくる業者も最近では増えています。教えてくるアドレスが携帯アドであることから釣られる男性が多いという問題があります。

メアド交換できる女性にあたったと思ったらメアド収集業者だったというケースは、出会える系の出会い系では決して少なくありませんので、あまりにも簡単にメアド交換ができるようであれば、相手の女性について怪しむようにしましょう。

ただし、昨今ではどの出会える系の出会い系でも、アドレス収集業者に対する取り締まりを厳しく行うようになっているので、騙される危険性はほとんどなくなりつつあります。アドレスやLINEの交換時に気をつけるタイプの女性はキャッシュバッカーだけなので、安全に、そして比較的簡単にアドレスやラインを交換して直メに移行し出会えるようになっています

※出会い系でのアドレス・LINE交換に関する記事