出会い系サイトや出会い系アプリで遭遇し得る被害とは?

最終更新日:, 公開日:

出会い系サイトや出会い系アプリを使うとどんな被害に遭う危険性があるのか?サクラ詐欺被害や不正課金、迷惑メールの受信、美人局など出会い系への登録や利用がきっかけで起こり得る被害の危険性と実態について解説しています。

サクラ被害

サクラ被害は、最もよく知られている出会い系被害であると同時に、最も多くの人が騙されたことがあるタイプの被害です。

サクラ詐欺の手口には、単純なものから写真などを使用し、あたかも実在する人物であるかのように装うなど非常に巧妙なものまで様々なものがあります。中には芸能人を騙ってメールを送りユーザーに返信を促すサクラや、資産家と称し金銭をえさに延々とメールをさせるサクラなどもいます。これらは主に女性を対象に行われることが多いサクラ詐欺です。(芸能人を装うサクラ詐欺被害には、男性を対象にAKBメンバーなどのアイドルを装ったサクラ詐欺なども近年発生しています。)

出会い系はほんの一部のサイトやアプリを除いてほとんどのサイトでサクラが雇われているので、サイト(アプリ)選びを間違うとほぼすべてのユーザーが騙される可能性があるため大変危険です。特に、最近ではiPhoneの出会い系アプリサクラ詐欺をはたらく悪徳出会い系が急増しているので注意しましょう。

一見、優良でリスクがなさそうに思える無料出会い系も実は、こうしたサクラサイトへと登録者を誘導するために開設されている場合が多いので無料だからと安全性が高いと誤った評価をせずに登録しないようにしてください。

このサイトで評価対象としている出会える系のサイト(アプリ)には基本的にサクラがいないのでサクラ被害に遭うリスクはありませんが、ポイント獲得を目的に男性会員とメール交換をするキャッシュバッカー[1]の存在も確認されているので相手が一般の利用者だからといって油断しないようにしましょう。

※出会い系のサクラ被害に関する記事
※参考記事(外部サイト)

ポイント購入詐欺

ポイント購入詐欺は、サクラ行為の一環として行われる詐欺行為です。

まず、サクラがユーザーに金銭の譲渡を申し出るというような内容のメールを送ります。それを信じたユーザーからの返信が来ると、ある条件を提示してきます。

それは、「金銭を譲渡するために、一度ポイントを購入する必要がある」という趣旨のものです。それに対してユーザーがポイントを購入しても金銭が譲渡されることなど決してありません。そればかりか、さらなるポイント購入が必要と言われることもあります。ユーザーは、一度入金していること、最終的に多額の金銭が受領できると信じていることから引くに引けず、サクラに促されるがままに次々と入金を繰り返すことになります。

非常に悪質なサクラ詐欺の事例で被害者が続出している問題性の高いタイプの被害ですが、ユーザーの側にも問題がないとは言えません。出会い系サイトであれどこであれ、多額の金銭を見知らぬ相手に譲渡するという親切な人などいるはずがないからです。

見ず知らずの他人からお金や資産がもらえるなんてことは絶対にないので、うまい話に簡単に釣られるようなことがないように冷静さを保って出会い系を使うようにしましょう。

不正課金

不正課金とは、ユーザーの同意を得ないままに勝手に料金を発生させて後々多額の請求をするという悪質サイトの詐欺の手法です。有料の出会い系サイトの中には前払い制だけでなく、後払い制を採用しているサイトもありますが、悪質なサイトの中にはこの後払い制を悪用し、ユーザーが気づかない内に自動的に後払い手続きが完了し料金が発生していくというものがあります。

これは、料金が発生することをユーザーに対して分かりやすく案内することを義務づけた「電子消費者契約法」に違反する行為で詐欺行為と言っても過言ではない悪質なものです。

個人情報の違法売買

出会い系サイトを使う際は、ほとんどの場合メールアドレスや電話番号を登録する必要があります。サイトによっては、大まかな住所や年齢、本名が必要となることもあります。それらの個人情報は「個人情報保護法」に則って厳しく管理されるべきものですが、悪質な出会い系サイトにおいては管理が杜撰であるばかりではなく、自らの意思の元で他の同業者に対して売買されることもあります。

売買された個人情報は、広告メールの送信先や振り込め詐欺の対象など様々な詐欺行為のシーンにおいて悪用されることになります。被害が単発的なものに留まらず拡大しやすいので危険性が非常に高いタイプの被害と言えるでしょう。

※関連記事

スパムメール

スパムメールは、「迷惑メール」や「未承諾広告メール」と呼ばれることもある出会い系被害の一種です。どこからか流出したメールアドレス宛に送信されるもので、出会い系サイトの広告メールである場合や、出会い系の利用者を装ったサクラからのアプローチメールである場合もあります。当然、メールから誘導されるサイトはサクラサイトなどの悪質サイトということになります。

スパムメールの送り先となるメールアドレスは、売買されたものや、セキュリティシステムがお粗末なサイトから杜撰な管理により流出したものなどとなるのが一般的です。時には、英数字をランダムに組み替えたものをコンピュータープログラムによって多数生成し、スパムメールが送信される場合もあります。(メールアドレスが単純なものはこの仕組みによってスパムメールの危険に晒されるリスクがあります。)

一時期よりも送信されるスパムメールの数は減りましたが、メールの送信には大したコストがかからないため、未だに多くのスパムメールが出会い系の利用者かどうかを問わず不特定多数の人に送信され続けています。

※スパムメールに関する記事

美人局

美人局は、一昔前のようにサクラ出会い系サイトでも“実際に出会えていた”頃に多かったタイプの被害です。女性が男性を誘い出し、二人になった時に仲間の男数人が脅して金品を巻き上げるというのが主な手口です。

現在、サクラサイトの大半を占めている「出会えるようになっていない出会い系」では、実在する利用者同士が会うことが不可能であるため美人局被害は生じようがないという皮肉な面もありますが、出会える系のサイトにおいては、最近でも女性に成りすました男性がメール相手の男性を待ち合わせ場所に呼出し、強盗をはたらくという典型的な美人局被害が出会い系サイトを舞台に発生しているので、過去に多かった被害として軽視することはできません。

夜中に人気のない場所を指定して待ち合わせをしようとする“女性”などは美人局である可能性を排除できませんのでくれぐれも気をつけるようにしましょう。

※美人局に関する記事

ここがポイント! – 記事の概要とまとめ

  • 出会い系の中には、運営スタッフが一般の利用者になりすましてメールをやり取りをする“サクラ行為”が行われているサイトやアプリがあり、近年ではiPhoneの出会い系アプリにサクラ行為を行っている詐欺アプリが多い
  • 出会い系のサクラやときに、金銭や資産の譲渡と引き換えに入金を迫るケースもあるなど、お金を騙し取るためには手段を厭わないことも多い
  • 一部の出会い系サイトの中には、利用者の承諾なしに勝手に課金する「自動後払い」の仕組みを使ってお金を騙し取る悪徳サイトもある
  • 悪質な出会い系業者の中には、登録者のメールアドレスや電話番号などの個人情報を不正に売買している業者もおり、一度流出してしまうと延々とスパムメール(広告メール)が送られてくる
  • 出会い系サイトや出会い系アプリでは、会った相手から金品を脅し取られる「美人局」に遭う危険性もあるので注意が必要