出会い系 サクラ詐欺出会い系には有名芸能人やアイドルの名を騙るサクラや悪質な業者、利用者がいる場合があります。有名芸能人になりすました悪質なサクラや業者に騙されないための対策や見分けるポイントなどについて解説しています。


有名芸能人になりすました出会い系のサクラの存在

出会い系には、有名芸能人の名を騙るサクラがいることがあります。

有名芸能人になりすましたサクラは、一般の男性・女性登録者がメールのやり取りをすることができない仕組みになっているサクラ出会い系は元より、出会える系の出会い系にも一般の女性登録者として潜り込んでいる場合があります。

有名芸能人やアイドルになりすまして、男性・女性相手にメールを送り騙すというやり方は悪質な出会い系のサクラが使う詐欺の手法のひとつです。

過去にはアイドルと称するサクラに料金を騙し取られた被害も発生

過去には、国民的有名アイドルグループのメンバーと称するサクラにより多額の利用料金を騙し取られるという被害も発生しています。

記憶に新しいところでは、AKB48の元メンバー 前田敦子さんになりすましたサクラが男性にメールを送らせ、利用料金約136万円を不正に騙し取るという詐欺被害・事件も発生しています。この出会い系の運営業者は、女性に対しては、EXILEのメンバーやジャニーズの人気アイドルグループ「嵐」の松本潤さんになりすましたサクラを使うなどし、総額で116億円もの莫大なお金を騙し取ったとして摘発されています。

この事件は、被害額が巨額に上ったことから大きなニュースとして報じられましたが、出会い系の世界では、アイドルや有名芸能人と称するサクラによる被害がこれまでにも多数発生しています。

男性でも女性でも有名芸能人と出会いには釣られやすい

上記の事件・事例からも分かる通り、有名芸能人を騙るサクラには、男性でも女性でも騙されやすいという特徴があります。

出会い系に国民的な知名度を誇る有名芸能人やアイドルグループのメンバーが登録していることに対して、疑いの念を持ちながらも、『もしかしたら本人かもしれない』という心理が働いてしまい、結果的にサクラの手口にまんまと引っ掛かってしまいやすいのです。

本当に本人が出会い系を使っているのかは、実際に出会ってみないと確認することはできません。これは裏を返せば、出会ってみるまで本人じゃない、サクラだと断定することができないということでもあります。そのため、ズルズルとメールのやり取りをしてしまい、サクラの言いなりになって多額の被害が発生してしまうのです。

出会い系に有名人がいることはあっても素性は明かさない

そもそも出会い系に有名芸能人やアイドルグループのメンバーが登録していることは、ほとんどありません。

時には、AV女優の紗倉まなさんのように、知名度のある有名芸能人が出会い系を使うケースもありますが、それは本当にごく稀な事例でしかありませんし、有名芸能人の中でも国民的な人気や知名度の高さを誇るアイドルや歌手が出会い系を使うことは一切ないと考えておいた方が安全です。

また仮に、紗倉まなさんのように有名芸能人やアイドルが出会い系に登録していたとしても、本人であることを出会い系のプロフィールや相手とのメールのやり取りの中で明かすことは絶対ないです。

有名芸能人を騙るサクラに騙されないための対策と見分け方

つまり、有名芸能人やアイドルを称するサクラに騙されないための最大のポイントは、

プロフィールやメールで有名人と称している男性・女性はすべてサクラと見分けて、決して釣られない

ということになります。

自分が好きな憧れる有名芸能人を称する人物が出会い系にいた場合、気になり、本人かもしれないと期待してメールを送りたくなる気持ちは重々理解できますが、悪徳出会い系のサクラの狙いは、まさにそうした心理を突くことなので決して釣られないように注意しましょう。

出会い系で有名芸能人やアイドルと称する人物に遭遇した場合は、完全に無視するというのが被害予防の鉄則です。