ステルスマーケティング(アンダーカバーマーケティング)少し前に著名人によるステマ[1]が問題となったことは記憶に新しいですが、この聞き馴染みのない『ステマ』という言葉は我々出会い系サイトの利用者にとっても決して無縁なものではありません。むしろ、インターネット上においては出会い系サイトのステマは至る所で見受けられます。

その中にはユーザーに対し、実態とはかけ離れた虚偽の情報を提供し騙すような内容のものも多く、情報を鵜呑みにするとサクラ詐欺の悪徳出会い系に誘導されるなど危険性が高いので注意が必要です。


出会い系のステマの実態

ステマとは、広告宣伝であるとユーザーに分からないように広告宣伝を行うことですが、出会い系の広告宣伝に関してはほとんどがステマの形態で行われています。出会い系の広告をステマの手法によって配信しているサイトは、主に、以下の4つに分類することができます。

  1. 比較・評価サイトやランキングサイト
  2. 口コミ情報投稿サイト
  3. Twitterやブログ、SNS上の日記
  4. 2chのまとめサイト

比較・評価サイトやランキングサイト

その中でも最もポピュラーな形態が、出会い系の比較や評価を行うサイトやランキングサイトです。サイト管理者の個人的な見解に基づき広告主のサイトを紹介するという形でユーザーに情報が提供されます。

中には、きちんと自分の体験談に基づき自分の言葉で偽りのない情報を真摯に提供しているサイトもありますが、ネット上に存在するほとんどの比較・評価サイトやランキングサイトは、実体験を伴わない広告宣伝のためだけに開設されているものばかりであることの方が圧倒的に多いという問題があります。安全性が低く、最終的にはサクラ詐欺被害に遭うリスクが高い無料出会い系サイトについて優良という評価を下している情報サイトなどはその典型と言えるでしょう。

※参考記事

※念のため申し添えておくと、当サイトの出会い系比較ランキングで提供している情報は、すべて実体験を元に綿密な調査を重ねた上で公開しています。虚偽の情報は一切含まれていませんので安全に利用していただくことができます。

口コミ情報投稿サイト

比較・評価サイトやランキングサイトなどのように情報提供者(サイト管理者)から一方的に配信される情報とは異なり、口コミによる情報は客観性が高く、より信頼できるものであると考えられていますが、出会い系の口コミ情報は、広告主が自分に都合のいい情報ばかりを投稿していたり、サイト管理者が広告主と提携して極力マイナス評価の口コミ情報が表に出ないように、投稿された口コミ情報を操作するなどの行為が行われていることが多いのが実態です。

ステマが問題になったきっかけは、まさにこういった口コミ情報の操作でしたが、出会い系サイトに関しても例外ではなく、むしろより深刻なのが実情です。

Twitterやブログ、SNS上の日記

口コミ情報と並んで情報の信頼性や確度が高いとされるのがTwitterやブログ、SNSなどのソーシャルメディアを通じて配信される情報です。

しかし、これに関しても出会い系では特に状況が深刻で、広告主のサイトを売り込むためだけに開設されたブログアカウントやTwitterのアカウントが無数に存在しており、宣伝対象となる出会い系をいかにも体験したかのような語り口で紹介されることが多いですが、実際にはサイトにより多くの人を登録させるための虚偽の情報である場合がほとんどです。

中には、外部から不正に取得した写メ画像をアイコンに設定し女性と偽って悪質なサクラ出会い系へと誘導するユーザーもいるので気をつけなければなりません。

さらに手の込んだ悪質なケースの例を挙げると、TwitterなどだけでなくYouTubeにまでも動画をUPしユーザーを騙そうとする業者すら存在するという状態です。

2chのまとめサイト

出会い系のステマが注目を浴びるようになったきっかけのひとつが、2chのまとめサイトにおいて配信される出会い系の広告です。出会い系の体験談に関する2chのスレッドがまとめられ、記事の最後に利用したサイトと称して何らかの出会い系サイトが紹介されるという形式でステマ広告が配信されるものが一般的です。

現在では、2chのまとめサイトにおいては、出会い系のステマ広告の配信はほとんど行われていませんが、今でもなお一部のまとめサイトにおいては、出会い系への誘導を目的としたステマ広告が配信されているのが確認されていますし、2chのスレッドを装った“まとめサイト風”の広告配信サイトも存在しているなど、現在でも問題は少なくありません。

2chなどのまとめサイトにおいて配信される出会い系のステマ広告の最大の問題点は、ユーザーが広告であると気づかないことと、リアルな実体験であると誤解しやすい点にあります。実際には、ステマなので実体験などではなく、広告を売り込むために創作された虚構に過ぎません。

ステマの何が問題か?

では、この『ステマ』の何が問題かということですが、出会い系のステマにおける一番の問題点は、提供される情報のほとんどが実態とはかけ離れた内容を伴う虚偽の情報であるという点にあります。

もし、提供される内容がきちんと実体験や詳しい調査をベースとした客観性の高い情報であれば、さほど大きな問題にはなりませんが、ネット上で配信される出会い系に関する情報のほとんどはそういった客観性や正確性に乏しい情報ばかりです。そればかりか酷いケースにおいては、実態とはまったく異なる情報があたかも確かな情報であるかのように配信されています。

本当は有料サイトであるにも関わらず無料と称してユーザーを騙したり、サクラばかりで出会うことができないにも関わらずいとも簡単に出会えるなどと表現されている情報は、その際たる例です。

この、『不正確な情報によりユーザーを騙すこと』こそが出会い系のステマにおける最大の問題点なのです。

しかも、問題の深刻さはそれだけではありません。個人が一つや二つのサイトやブログなどを通じてステマを行う分には、さほど大きな影響はありませんが、それを組織的に、大規模な人員やコストを割いて行っている悪質な業者が非常に多く存在しているため、ユーザーがそれらの偽の情報に騙されるリスクが非常に高いという問題もあるのです。

利用者が心掛けるべきこと - 注意点

したがって、ユーザーが気をつけるべきことは、出会い系の情報に関しては実態とはかけ離れた情報を配信している悪質な情報サイトが非常に多いということをまず前提として理解しておくことです。

特に、検索などを通じて利用する出会い系を探す場合や、気になっているサイトについて登録するかどうかを判断するために口コミ評価情報などを探し求める場合には、その情報が本当に正確なものであるかどうかについて検討することはもちろん、情報の真偽性について疑う視点を必ず持ちあわせておくことが重要です。

残念なことに虚偽の情報に基づいてサクラ出会い系に登録したとしても、誰も責任を取ってくれません。インターネット上の情報の取扱いは、自己の判断と評価、そしてそれをどう利用するかは自己責任に委ねられている部分が大きいのでこれらの点について十分心得た上で出会い系の情報を扱うようにしなければいけません。

※当サイトの広告掲載のポリシーについてはこちらをご覧ください。

脚注

IT用語辞典バイナリ「ステルスマーケティング」より引用

ステルスマーケティングとは、マーケティングの手法のうち、それが宣伝であると消費者に悟られないように宣伝を行うことである。

ステルスマーケティングは、中立的な立場での批評を装ったり、当の商品と直接の利害関係がないファンの感想を装ったりして行われる。商品の特長の紹介や、評価システム上の評価をつり上げるなどの行為により、多くのユーザーの目に触れさせ、またユーザーの商品に対する印象を上げることが主な目的とされる。

インターネット上では、ショッピングサイトのユーザー評価の投稿欄や、ブログ上の体験記、口コミ情報サイトなどがステルスマーケティングに利用されやすい。有名人などがブログでお気に入りの商品を紹介する記事の中にも、ステルスマーケティングに該当する例があるとされる。

※ステルスマーケティングは、ステマと略されたり、アンダーカバーマーケティングと表現される場合もあります。