男性利用者の年齢層出会い系サイトの利用者の中では女性よりも大きな割合を占めるのが男性利用者です。このトピックでは出会い系を利用する男性利用者の年齢層について解説します。


女性に比べて高い年齢層が多い男性利用者

男性利用者に見られる傾向の中で女性利用者と比べて特徴的なのは、女性よりも総じて年齢層が高いということです。中高年の女性利用者ももちろん少なからず出会い系サイトにはいますが、それでも中心となる年齢層はやはり20代の女性たちです。

それに比べて、男性利用者の場合は、20代も多いものの30代~40代の利用者が女性に比べて非常に多いという傾向があります。

その理由には、サクラがいないポイント制の出会い系サイトが利用に際して料金が必要になるということから生じる経済的なものと、中高年(シニア世代)の出会い系利用者の増加があります。

特に、後者については近年顕著になってきていて、このサイトを訪問していただく利用者のみなさんの検索ワードなどを調べていると、『中高年』という言葉が非常に多いという状況になっています。中高年の定義には、いろいろと論があるでしょうが仮に30代後半以上の人を中高年と定義するならば、男性利用者に占める中高年者の割合は非常に高いものがあると言えそうです。

利用状況の実態を踏まえると中高年者が中心

また、このことは出会い系サイトの利用の仕方を詳しく見ていくとより鮮明なものとなります。

前述の通りサクラがいないポイント制の出会い系サイトには、20代の男性も非常に多く登録していますが、20代の男性が利用に際して一番気にせざるを得ないのが料金面です。いくら格安の料金設定になっているとはいえ、気にせずに使いまくっていると費やすポイント代は大きなものになります。その負担を避けるためにはやはりどうしても利用回数などを自制する必要があります。

したがって、利用者数そのものは多いにしてもサイトの使い方などに関してはどうしても中高年者の方が回数や頻度が高くなる傾向があるわけです。このことを踏まえた上でより正確に男性利用者の構成を表現すると、先に挙げたニーズの高まりなどもあって30代以上の中高年(シニア)世代の利用者が最も核となる層となっているというのが実態です。

サクラがいない安全なサイトを求めて利用者が増加している

使い方という側面以外にも、サイト選びの面からも中高年(シニア)世代の利用状況は活発になりつつあります。というのも、これらの男性利用者はここ最近を使い始めた人ではなく以前から様々なタイプのサイトを渡り歩いてきたタイプの人の方が多いのですが、そのほとんどが始めは無料出会い系サイト人妻出会い系サイトに登録しサクラ被害に遭うなどの経験をしています。

そのため、そういった出会い系詐欺被害の経験者はより安全で出会えるサイトを探す傾向が強くなっているというわけです。その結果、サクラがいない安全な出会い系サイトを登録先として選ぶ人が増加しており、このことが中高年者の利用率の高さをさらに高めている要因ともなっているのです。

※関連記事