女性利用者の増加出会い系サイトを使ったことがない人からすれば信じがたいことのように思えるかもしれませんが、実は、現在では出会い系を利用する人に占める女性の割合が男性の割合に迫りつつあるほど女性が以前とは比べられないほど増加しています。

この記事では、出会い系サイトを利用する女性が増加している理由や背景をネットの出会いの現状などに触れながら詳しく解説するとともに、男性利用者が注意するべきことも取り上げます。


出会い系の女性利用者が増えている理由・背景

出会い系と言えばサクラがつきもので、利用する男性は主にサクラを相手にメールをし、一般の女性と出会えることはほとんどないというイメージを持っている人も多くいるかもしれません。このイメージはあながち間違いではありませんが、それはあくまでサクラ行為を行う『悪質出会い系サイト』においてのことで、今急速に評価を高めつつある“出会える系の出会い系サイト”においては女性の利用者数も男性と変わらないぐらいの規模になりつつあります。

では、なぜこのように女性が出会い系と進出するようになってきたのでしょうか?

これには次のような背景事情があります。

  • アダルト色の薄いサイトが増えてきた
  • インターネットを利用した婚活が一般化してきた
  • サクラがいない安全な出会い系が広く普及し始めた

普通の女性でも使える健全なサイトが増加

これまで猛威を振るっていた悪質なサクラ出会い系のほとんどは、主に男性をターゲットにしていました。そのため、性的に強く刺激するような写真やイメージ、文章を使ってインターネット利用者にアプローチしていました。

従って、当然一般の女性には到底受け入れられるものではない、好まれようがないようなサイトばかりでした。

ところが、徐々にそういったサイトには悪質なものが多いという情報が広まったことでアダルト色の強いサイトは出会い系の中でも急速に数を減らしています。今では、たとえサクラサイトと言えども、一見“まとも”に見えるような体裁を整えているのが常識となりつつあります。一見、爽やかに見えるデザインや見た目を整えると女性の抵抗感は大幅に低減します。このことが、『これまで出会い系を使ってこなかった女性層』の出会い系サイトへの進出を促すこととなった[1]わけです。

ネットを使った出会い探しが一般化しつつある現状

一般の女性が利用する上で抵抗感の少ない、真っ当なサイトには、古くは結婚情報サイトがこれまでにも存在しましたが、結婚情報サイトなどのサービスは料金が非常に料金が高額であったことや登録手続きが煩雑であったことなどからなかなか会員数を増やすことができませんでした。

しかし、昨今の婚活ブームや、個人のプライベートを過度に詮索しないという社会的な風潮から出会いがない社会人が増加し晩婚化が進行している状況もあって、今では有名企業の多くが出会いサービスを展開するようになりました。求人情報などで有名なリクルートが運営する婚活支援サイトの『TwinCue(ツインキュ)』の誕生などはその象徴的な事例と言えるでしょう。

また、以前は結婚情報サービスを展開していた会社の中には女性がより気軽に利用できるようにと、サービスをより出会い系サイトへと近づけたサイトを開設し、これまで結婚情報サイトに対して敷居の高さを感じて登録や利用を敬遠してきた女性を獲得することに成功しているサイトも誕生してきています。

こうしたサイトが徐々に出会いがない社会人女性の間で受け入れられるようになってきたことで、インターネットを使って異性との出会いを探すという行為が以前に比べて格段に一般的なものになったことが女性の出会い系への進出を後押しする大きな要因となっています。

サクラがいない安全な出会い系の普及

さらに、結婚情報サービス系の非・出会い系サイトと呼ばれるサイトが増えてきただけでなく、出会い系サイトそのものも女性の間に広く普及しつつあります。特に、このサイトでテーマとしている“サクラがいない出会い系サイト”に関しては、いずれのサイトも10年を超える運営期間を経て着実に知名度・認知度を高めています。

その中でも有名どころのポイント制の出会い系サイトは、繁華街における看板広告や超・有名ファッション雑誌などへ積極的に広告を出すことで女性の間で認知度を高めることに成功しています。

※関連記事

出会い系サイトに限らず、認知度がある一定のレベルにまで高まると利用する人が急増するというのはどんなサービスにも当てはまるものでこれらの出会い系サイトにも非常に多くの女性が登録するようになってきているのです。

出会える仕組みを悪用する女性への成りすまし登録者も増加している

ただし、増加しているのは出会いを目的とした女性利用者だけではありません。男性の場合も女性と同じく利用者が増加しているわけですが、男性を騙すために女性に成りすまして出会い系のサイトに登録する悪質業者も増加しているのです。特に、最近では利用者に見向きされなくなってきたサクラ出会い系などの悪徳業者が自分たちの運営する詐欺サイトへと誘導するためにサクラがいない安全なサイトに女性として登録して活動しているケースが目立ってきています。

その他にも、出会えるという仕組みを悪用して、男性に対して客引き行為を行う風俗(援デリ)業者も非常に多くなってきています。

つまり、増加している女性利用者の中には、出会えない女性も多く含まれている可能性があるため、出会える可能性が飛躍的に高まってきているわけではないということを憶えておきましょう。

そして、女性の中には男性を騙す悪徳業者が紛れ込んでいる可能性を考えて注意深く出会える人なのかどうかを評価するようにしなければいけません。

脚注

  1. このことによってもたらされたのは、決していいことばかりではありません。残念なことに、“まとも”そうに見える悪質サイトに登録してしまい、その結果サクラ被害に遭う女性が急増するという状況も同時に生み出すことにもなりました。出会い系を取り巻く問題の中で、そうした女性をターゲットとなるサクラ被害は非常に大きな問題となっています。