チェックキャッシュバッカー(CB)や業者を『無視(拒否)リスト』に登録すると出会える女性を探しやすくなります。出会い系でプロフィール検索をする際は、『無視(拒否)リスト』を使うと悪質な女性を検索結果から除外することができるので効率よく出会える相手を探すことができます。


『無視(拒否)リスト』に登録するとプロフ検索から除外できる

出会える系の出会い系にも、出会うことを目的としていないキャッシュバッカー援デリのサクラなどの悪質な女性が紛れ込んでいる場合があります。

プロフィール検索時などに悪質な女性利用者が毎回表示されるのは効率よく出会える相手を探す上では大きな障害になります。そのことに煩わしさや使いづらさを感じている出会い系利用者の男性も多いのではないでしょうか?そういった時は、『無視(拒否)リスト』の機能をうまく利用することで使いやすさや相手を探す効率を高めることができます。

『無視(拒否)リスト』の使い方

『無視(拒否)リスト』機能を知らない方のためにどういった機能かを紹介します。この機能は、相手のプロフィール画面から設定することができる機能で、サイトによっては『無視リスト』ではなく『拒否』とも表記されます。

  1. ワクワクメールの『無視リスト』
  2. PCMAXの『お断りリスト』
  3. Jメールの拒否設定

ワクワクメールの『無視リスト』

下の画像はワクワクメールの女性(男性)のプロフィール画面です。プロフィールページの一番下に矢印で示したように『無視リスト』に登録する機能が用意されています。

ワクワクメールの無視リスト機能

ワクワクメールの無視リスト機能

プロフィールを見た相手の人が自分のタイプではなかった場合や、明らかに業者であると疑われる場合などに、このリンクからその人を『無視リスト』に登録することで、プロフィール検索画面や掲示板の投稿リストからその人を除外することができます。

PCMAXの『お断りリスト』

下の画像はPCMAXのプロフィール画面です。

PCMAXの『お断りリスト』

PCMAXの『お断りリスト』

PCMAXでは『お断りリスト』となっていますが機能的にはワクワクメールの『無視リスト』と同じです。

Jメールの『拒否設定』

下の画像はJメールの受信メールを開いた際の画面です。

Jメールの『拒否設定』機能

Jメールの『拒否設定』機能

Jメールでは、プロフィール画面には拒否設定機能がありません。『拒否設定』を行うには、受信したメールを開いてから行う必要があります。


このように、サイトによって対応状況や微妙な機能の違いはあるものの、いずれも設定をすることで、プロフィール検索や掲示板の投稿検索、受信メールのリストから除外することができるようになっています。

出会い系では、必ずしも一人の人とだけメール交換するわけではありません。むしろ、同時に複数の人とメール交換したり、メール交換している人以外にも別の人がいないか検索するなどの使い方をすることの方が多いです。

感情の行き違いや出会いの目的から連絡を取らなくなる相手も当然出てきます。他にも最初に触れた通り、邪魔な業者などが紛れ込んでいる場合もあります。プロフィール検索などにおいてメールを送信する気にもならないような業者を読み飛ばしてページをめくるのは、毎回の作業となると意外と煩わしいものです。

そんな時、こうした機能を使うことでプロフィール検索の結果ページをすっきりとさせることができたり、メールボックス内の受信メールを整理することができるので、出会える可能性の高い一般の女性利用者を見つける効率が高くなります。

『無視リスト』機能の対応状況

上の例でも取り上げましたが、出会い系サイトによって『無視リスト』と表記されていたり『お断りリスト』と表記されたりと表現がマチマチですので、対応状況と機能名、使い方について以下の表の通りまとめてみました。

登録しているサイトにおいては、どういった名前の機能として備えられているか確認する際などにご利用ください。

『無視リスト』の対応状況
サイト 機能名 利用法
ワクワクメール 無視リスト プロフィール画面から登録
ハッピーメール 無視リスト プロフィール画面から登録
イククル 無視リスト プロフィール画面から登録
PCMAX お断りリスト プロフィール画面から登録
YYC(ワイワイシー) 拒否 プロフィール画面から登録
Jメール 拒否設定 受信メールから登録

このように、Jメールを除いてほとんどの出会い系サイトではプロフィール画面から『無視(拒否)』設定することができます。

ハッピーメールやワクワクメールなどプロフィール閲覧が無料でできる出会い系以外のサイトでは、何度も同じ迷惑ユーザーのプロフィールや写メを誤って開いてしまい、ポイントを無駄にすることもあります。ポイントの無駄をなくすためにも『無視(拒否)リスト』を効果的に使うことが、出会える確率を高めるためにはおすすめです。