出会い系での写メ交換のコツとプロフ写真から相手を見極めるポイントとは?

最終更新日:, 公開日:

出会い系やマッチングアプリでの写メ交換を成功させてうまく出会いに結び付ける方法とは?プロフィール写真の信憑性や実態、サクラや業者の見分け方と写メを悪用されないための対策について解説しています。

写メ交換をして出会いを成功させる秘訣

出会い系やマッチングアプリでは、会う前にお互いに顔写真を送るなどしておくとスムーズに会える可能性が高くなります。

  1. プロフィールに写真を載せておく
  2. 写メを送るタイミング
  3. イケメンでないとダメ?

プロフィールに写真を載せておく

最も望ましいのは、プロフィールに顔写真を載せておくことです。

出会い系やマッチングアプリでは、プロフ写真を載せていない状態で女性にメールを送ったとしても、返事すらもらえないことも多いです。

男性は、出会い系やマッチングアプリでは女性から選ばれる立場なので、プロフィールに写真がないだけで女性から会う対象から除外されてしまう可能性があるのです。

プロフィールに写真を載せておくと、女性からの返信率が高くなることが期待できますし、女性側からメールをもらえる確率も高くなります。

写メを送るタイミング

プロフ写真を載せていない場合、男性が女性に対して写メを送るタイミングとしておすすめなのは、最初にメールを送るタイミングです。

女性に対して最初に送るメールに添付して顔写真を送れば、たとえプロフィールに写真を載せていなかったとしても、スルーされる可能性は大きく減るので効果的です。

男性の中には、最初に顔写真を送ることを躊躇って「写メが必要であれば次のメールで送ります」などと書いてメールを送る人もいますが、これでは返信をもらえる可能性が減ってしまうのであまりおすすめできません。

女性からすると、わざわざ「写メを送って欲しい」とメールを返さないといけないので、仮に他の男性が写メを載せていたりすると、そちらを優先して返事がもらえない可能性が高いです。

イケメンでないとダメ?

出会い系やマッチングアプリを使う男性がよく誤解していることのひとつが、「イケメンでないと会えないのではないか?」ということですが、実際には出会いの成功率とイケメンかどうかはあまり関係ないです。

出会い系やマッチングアプリでの出会いで女性が一番気にしているのは、イケメンかどうかということではなく、安心して会える信用できる男性か?ということです。ドタキャンや嘘をつかれて騙されたり、ヤリ捨てされることなく、安心して会える男性であることを確かめる意味で、女性は写真を確認したがるのです。

もちろん、女性の中にはイケメン男性との出会いを期待している人もいますが、それは一部の人に過ぎません。大多数の人は安心して会える人と分かる写真であれば問題ないのです。

写メ交換を断る女性への対処法

出会い系やマッチングアプリで写メを交換しようと提案しても中には断る女性もいます。その場合に考えられる可能性や対処法は次の通りです。

  1. 業者の可能性も考えられる
  2. 必要以上に写メを要求しない

業者の可能性も考えられる

PCMAXやハッピーメールなどのポイント制の出会い系で、写メ交換を断る女性は、一般の女性ではなく援デリ業者のサクラの可能性が考えられます。

援デリ業者が出会い系に登録しているプロフィール写真は、キャラ1人につき限られた枚数の写真しか用意がない場合が多いので、新たに写メを送るよう要求しても写真を用意できないために送ることを拒否するというわけです。

相手が援デリ業者のサクラか否かは、ホ別2など金銭を要求してくるか?という点から見分けると避けるのが簡単です。

必要以上に写メを要求しない

出会い系やマッチングアプリに登録している女性の中には、送った顔写真が悪用されることや知り合いなどに顔バレするリスクを懸念して決して写メを送らない一般の女性もいます。

特に、既婚者の女性は立場上、顔写真を送らない人も多いので、執拗に写メを送るよう要求するのは、警戒心を煽るだけで逆に敬遠される可能性があるので注意しましょう。

頑なに写真の交換を拒む女性に関しては、プロフィールの内容やメールのやり取り内容、返信のタイミングなど他の点と併せて見極めると、一般人かサクラ・業者かを見分けやすくなります。

プロフ写真は信用できる?

出会い系やマッチングアプリのプロフィール写真は、信用できる場合とまったく信用できない場合があります。

  1. プロフィールに顔写真を載せている女性
  2. 写メは実物の2割増と見積もっておく

プロフィールに顔写真を載せている女性

ギリギリトークソクデキなどの出会い系アプリでプロフィール写真を載せている女性はすべてサクラなのでまったく信用できません。

反対に、ワクワクメールなどの出会い系やマッチングアプリで写真を掲載している女性は、本人である可能性が高いです。特に、マッチングアプリでは顔写真を堂々と公開している女性が多いのでほとんどの人が本人であると考えて差し支えないです。

※関連記事

写メは実物の2割増と見積もっておく

プロフィール写真に写っている人は本人であっても、プロフィールなどに載せてある写真は、実物の2割~3割増しの写りのいいものと考えておきましょう。

出会い系やマッチングアプリでは、プロフィール写真よりも実物の女性の方がいいというケースはあまりなく、どちらかというとプロフ写真の方がいい場合が多いです。

また、最近ではスマホのアプリやNOWなどによる加工した写真を載せている女性も多いので、プロフィール写真は過剰に信用せず、期待し過ぎないのが賢明です。

ただし、プロフィールに顔写真を何枚も載せている女性は、実物と違いがなかったり、実物の方がさらに美人であったり可愛い可能性があります。

写メの悪用を防ぐ方法

出会い系やマッチングアプリでプロフィールに顔写真を載せたり、やり取りしている相手に写メを送ることには、写真が悪用されるリスクがあります。

実際、ORCA – オルカ(旧アプリ名:マリンチャット)のような無料出会い系アプリでは、運営側が登録者のプロフィール写真を無断使用する可能性があることを示唆することを規約に明記している場合がありますし、運営側でなくても、写真を送った相手が悪用する可能性もなくとは言えません。

そのような、写真が悪用されるリスクを回避する方法としておすすめなのは、写真を他で使いづらいように加工しておくということです。

たとえば、使っているサイトやアプリの名称を顔の部分にかぶせておくと、他の出会い系などで悪用されるリスクを大幅を減らすことができます。

出会い系やマッチングアプリには、サクラ詐欺をはたらく悪徳出会い系アプリなどでサクラ用の写メとして使うために、登録者のプロフィール写真を無断でダウンロードしたり保存する業者が常にいるので、写真の悪用対策はしっかりやっておきましょう。


ここがポイント! – 記事の概要とまとめ

  • 出会い系やマッチングアプリで写メ交換をして出会いを成功させるには、プロフィール写真を載せておくか、最初に送るメールに添付しておくのがおすすめ
  • 女性は安心して会える、信用できる男性かということをより重視するので、必ずしもイケメンじゃないとダメというわけではない
  • 写メ交換を拒否する女性は、援デリ業者の可能性もあるので、その場合は金銭を要求されるかなど、別の点から見極めると被害を避けられる
  • 既婚者の女性などは、知り合いにバレることなどへの懸念から写メを送ることを断る人も多いのでしつこく要求し過ぎないことも大切
  • メール送信料が1回あたり250円前後もかかる出会い系アプリで公開されているプロフィール写真はすべてサクラの写真なので信用しない
  • 写真に写っているのが本人であったとしても基本的には、実物の2・3割増しぐらいである場合が多い
  • 顔の部分に被るように、使っているサイトやアプリの名称を書いて加工しておくと写メの悪用を防ぐことができる