出会い系サイトの利用者既婚者や中高年者が多いこともあり出会い系に登録する男性のほとんどは体の関係を目的としています。真面目な出会いを目的としている男性も少なからずいますが、真剣な恋愛や恋人募集を目的にしている女性は、『言葉巧みに真剣なフリをする男性』に気をつける必要があります。


総じて多い『体の関係』目的

出会い系サイトの女性利用者の利用目的が年齢に応じて異なるのとは違い、男性利用者の場合は比較的年齢に関係なく一貫しています。中でもなんといっても多いのが『体の関係』を求める人です。これは、元々男性が女性とは異なり性的欲求をより直接的に求めやすいという性質を持っているためですが、それだけが理由ではありません。

男性は女性と異なり、結婚に対する適齢期意識が薄いため、30歳を超えても焦って結婚相手を探すということをしません。いずれ自然とできるだろうと考えている場合が多く、それまでの期間は独身を謳歌すべく自由に恋愛や男女関係を楽しみたいと考える人が多くいるのです。

もちろん、男性のすべてがこうしたタイプというわけではありませんが、“出会い系サイトに参加する人”に限ると体だけのライトな関係を求める人が比較的多いのが特徴です。そういった男性は、このサイトの読者の中にも多いのではないでしょうか?実際このサイトで比較・評価しているサイトの中でもPCMAXのように大人の出会いに特化したサイトは人気が高いです。

非日常の体験を求めることから体目当てが多くなる

出会い系に登録している男性に体目的の人が多いという背景には、男性が出会い系に登録する理由が大きく関係しています。それは、ほとんどの男性が非日常的な刺激的な体験をしたいと望んで出会い系に登録するということです。出会い系に限らず何らかのサービスや商品を購入する際というのは、日常では得られない体験をすることを求めることが大きなきっかけとなります。そのこと自体は男性も女性も同じですが、男性の場合はどうしても性的な欲求が前面に出やすいという性質がありますから必然的に体目当ての人が多くなりがちです。

性的な欲求を刺激する悪質な女性利用者につられる面がある

また、それ以外にも出会い系特有の事情も少なからず関係しているものと考えられます。というのは、出会い系のサイト内には出会うことを目的としていないにも関わらず、男性を騙してメールを送信させ、それよってポイントを稼ごうとするキャッシュバッカーや風俗営業の業者が非常に多く女性に成りすまして登録しています。それらの悪質な利用者の多くが男性のの性的な欲求を刺激するようなコメントや投稿を繰り返しているため、登録当初はそうは思っていなくてもそういった“女性利用者”につられて自然と体目的の関係を志向するようになるという面もあるのです。

体目的の男性といい関係を築くためのポイント

そういった中で、出会うことを目的に出会い系に登録している普通の女性利用者が男性とたとえば真剣な恋愛関係を望んで利用してもなかなか期待通りの出会いを実現させることはできません。体目的の男性と出会ったとしても都合のいいように扱われるリスクも高いですし、そもそも真剣な恋人関係を望んでいることをコメントなどに投稿していても悪質な利用者らの影響などもあって性的な欲求が高まっている男性の心にはなかなか響きませんからメールをもらうこと自体も難しいという面があります。

ただ、だからといってそういった男性とは絶対にうまくいかないかといえば、決してそんなこともありません。体目的とはいえ、男性利用者の大半はまっとうな社会人として日常生活を送っている大人ですからしっかりとコミュニケーションを取れば普通に会話したり、食事に行ったりと必ずしも体の関係を前提とせずとも出会うことは難しくありません。

そのために重要なポイントは、男性のことをうまくいなしながら上手に付き合うということです。メールなどでの会話を通じて、こちらからの要望や希望をさり気なく伝えつつ、少し時間を置きながら相手が冷静にコミュニケーションを取れるようにするわけです。そして、相手の男性がノーマルな状態になったところでデートのお誘いをしてみるというのがいいかもしれません。

いくら出会い系の男性利用者の多くが体目当てだといっても、女性の“順序立てて徐々に関係を進めていきたい”という心理が理解できないわけではありませんから、上手なコミュニケーションが必要になってくるというわけです。

中高年者に関しては事情が異なる場合もある

ところが、中高年になってくると話が変わってきます。男性の性的な欲求のピークが20歳前後であるのに対し、女性は35歳から10年程度ピークが続くとされています。[1]これは、女性が性的に成熟するのが男性に比べて遅いということを意味するとともに30代後半から上の年齢においては、男性と女性がともに体の関係を求めやすくなるということでもあります。

したがって、出会い系サイトの中でも比較的少数の部類に入る中高年の年代に限っては、女性も男性と同じようにライトな関係を求める人がいるというわけです。

また、異なる見方をすると、同じ中高年の男性でも欲求が少なくなることが理由となって、体の関係よりもむしろ女性の内面へと気持ちを向ける人が他の年齢層に比べて多くなるということを示唆しています。中高年の恋愛が若い世代のカップル比べて深いものになるのにはこうした理由があるためです。


とは言え、男性の場合は、全体的に肉体的な欲求を満たそうとして出会い系サイトを使うことの方が圧倒的に多いので、出会い系を使っている女性の中で真剣な恋愛をしたいと考えている人は、『体の関係を目的としていながら言葉巧みに真剣なフリをする男性』もいるということを頭に入れておいてください。特に出会い系の場合は、メールをしているうちに相手や二人の関係そのものに対する期待値が自然と上がっていくことが多いので男性の甘い言葉に誘惑されて会ってみたものの酷い扱いをうけてしまうということも十分可能性として考えられるので気をつけるようにしましょう。

脚注

  1. Wikipedia – 性欲から引用

    男性の場合
    男性の性欲と年齢の関係について言えば、思春期がもっとも性欲が強いと言われ、年齢とともに低下する。

    女性の場合
    年齢的な面について言えば、35歳ころにピークを迎えその後10年間ほど続くという。

    男女のギャップ
    上記の通り、性欲のピークの時期は男性と女性の間で、15~20年もずれている。