YYC(ワイワイシー)のサイトイメージYYC(ワイワイシー)ではプロフィール写真とプライベート写真の2つの方法で写真を掲載・追加可能です。プロフィール写真は登録者全員に公開され、プライベート写真は特定の相手にのみ公開されます。公開設定を含めYYC(ワイワイシー)での写真の公開方法について解説します。


写真の追加はごく簡単!

このサイトでもフリーメールアドレスだけで登録できる唯一のサクラなし出会い系として評価しているYYC(ワイワイシー)の写真追加方法は、決して難しくはありませんが、この記事ではYYC(ワイワイシー)だけでなく、出会い系そのものに慣れていない人向けに、写真の追加方法について注意事項などにも触れつつ、分かりやすく画像を用いながら解説します。
※ここでは、PCから写真を追加する場合の方法を例にしています。

ログイン後のメインページ
YYC(ワイワイシー)のメインページ

まず、YYC(ワイワイシー)にログインします。
画面左側の『ヘルプガイド』の上から2番目に表示されている『写真の追加・削除』をクリックします。

写真設定(追加・削除)画面
写真設定画面

写真の追加は、この画面から行います。
上の画面上に表示されている『ファイルを選択』ボタンから掲載する写メ画像を選び、『写真を確認する』をクリックして画像内容を確認しましょう。掲載する写真に問題がなければ『写真をアップロードする』をクリックして手続きは完了します。

YYC(ワイワイシー)では、これで写真がプロフィールにすぐに掲載されるようになるわけではありません。きちんとプロフ写真として掲載される前に運営事務局による審査があります。したがって、当然ながら公序良俗に反する卑猥な画像や、顔がまったく写っていない画像、芸能人など他人の画像を掲載しようとしても審査は通りませんので掲載されません。

写メ画像掲載にあたっての注意点

写メ掲載にあたっては、掲載基準をクリアする画像であることが必要である他にも注意点があります。

320×240以上の画像でないと掲載できない

まず、写真は320×240(ピクセル)以上の大きさでないといけません。僕の場合は、出会い系を利用する際は100×100程度の画像しか持ちあわせていなかったのでYYC(ワイワイシー)で写メを掲載するには写真の撮り直しが必要となりました。

今の携帯やスマホであればほとんど気にする必要はありませんが、自分の自画撮り写メというのはなかなか撮るものではないので基準のサイズに見合う画像がない場合は写メ掲載のハードルが高いように感じてしまう人もいることでしょう。

写りのいい写メはメイン画像としてはじめにアップロードする

YYC(ワイワイシー)では、プロフィール写真として2枚の画像を設定することができます。この時注意したいのは、自分がプロフ写メとして見てもらいたい画像についてはメイン画像としてはじめにアップロードするということです。

というのも、異性側から検索した場合に表示される画像はプロフのメイン画像1枚のみとなるためです。もちろんプロフィールを開けば2枚目の写真も見ることはできますが、男性が女性の写真を見る場合には、ポイントが必要になるので場合によっては見てもらえないこともありますし、より効果的に異性にアピールするためには写りのいい写真はメイン画像として設定しておく方がいいです。

プライベート写真では検索結果に表示されない

また、YYC(ワイワイシー)には、プロフィール写真以外にもプライベート写真を掲載することもできます。プライベート写真は、閲覧を許可した特定の相手にのみ公開することができる写真です。つまり、普通に検索してプロフィールを開いただけでは相手の人は写真を見ることができないということなので、プロフ写真と間違ってこちらに設定しないようにしましょう。

写真の追加方法から見るYYC(ワイワイシー)の安全性

このように写真の追加方法を改めて詳しく評価してみると、YYC(ワイワイシー)では業者やキャッシュバッカーなどの悪質な利用者が簡単に写真を追加しにくいシステムになっていることが分かります。他のポイント制の出会い系では、利用者が自由に写メを追加することができるようになっていますが、その使い勝手の良さが却って悪質な利用者にサイトが荒らされる遠因ともなっているわけです。

ですが、YYC(ワイワイシー)のように写真掲載にあたって、事務局による審査があるとそういった他のサイトで見られる“怪しい写メ画像を掲載している女性”に悪用されるリスクが低くなります。それはつまり、YYC(ワイワイシー)で写メを掲載している女性は一般の女性である可能性が他よりも高い、ということになるので効率よく出会う上での有効な指標ともなり得ると考えられるのです。

ワイワイシーで出会ってみる»

このリンクについて

以下に含まれる外部サイトへのリンクは広告としての機能も有しています。
詳しくは『広告リンクについて』をご覧ください。
広告宣伝のために虚偽の情報を掲載することはありませんのでご安心ください。

※関連記事・ページ