ワクワクメールとハッピーメールの巨大看板広告今日の記事では、このブログでも度々僕が女性と出会えた出会い系として話題にすることが多い ワクワクメールハッピーメール の利用者募集広告についての実例を紹介します。


幅広い広告展開をしている出会える系のサイト

出会い系の利用者募集方法と言えば、ネットの片隅でこのサイトのようなホームページ上で広告バナーを掲載したりというのが一般的です。しかし、出会える系の出会い系サイトは規模の小さなネット広告だけでなく、有名なファッション雑誌に広告を出したりするなど実に様々な方法で幅広い登録者を募っているのが大きな特徴です。

※ワクワクメールの女性登録者募集方法

人通りの多い繁華街における巨大な看板広告

その特徴的な例が、繁華街などの人通りの多い地域で度々目にすることのある巨大な看板広告です。

新宿東南口にあるワクワクメールとハッピーメールの看板広告
ワクワクメールとハッピーメールの広告事例

一日に数百万人が往来するような都心部の中心地においては、上の写真のような巨大な看板広告を目にすることが少なくありません。しかも、こういった広告はこの2つのサイト以外のサイトでも展開されています。

幅広い層の人にPRすることで利用者が偏らない

出会える系の出会い系には、大きなサイトともなるとイククルのように600万人以上もの人が登録しているという想像を超える規模の利用者がいるわけですが、それだけ多くの人をこのサイトのようなネットの片隅で広告バナーを掲載しているwebサイト上で集めることは到底無理な話です。

しかし、このようにより多くの人の目につく場所に看板広告を出したり、広告トラックを走行させたりすることでそれが可能となるというわけです。

しかも、それによる効果は単に利用者が増加するということだけに止まりません。一般的な出会い系がネット広告などの限定的な間口で出会い系を利用することに関心の高い利用者を募るのに対し、このように多様な方法で利用者を募ることによって出会い系に興味のなかった人の興味や関心をも惹きつけることができる可能性が高まります。つまり、いわゆる“出会い系を利用する層”ではない人にもアプローチすることによって、幅広い利用者層を形成することが可能となるわけです。

ですから、出会える系のサイトにおいては、昔の出会い系の利用者のように“出会い系を利用しているっぽい”何となく変わった人だけでなく、ごく普通の身近にいるような一般的な人も多く見かけるということなんです。


出会える系の出会い系の街中広告については、いい例を見かけ次第またこのブログでレポートしたいと思います。

※関連記事