プロフィール検索出会い系のプロフィール検索の結果ページに関して利用法の注意点を解説しています。機能や基本的な使い方が似ているポイント制の出会い系でもプロフ検索結果画面におけるページ送りの仕様などに違いがあるので使い方を間違って出会いのチャンスの逃さないようにしましょう。


はじめに

このサイトで評価対象としている出会い系は、ラブサーチを除いてすべてポイント制の料金システムになっていることもあってどの出会い系も機能的に似たところが多くあります。使い方にも共通する部分があるので、ひとつの出会い系で使い方に慣れてしまえば他の出会い系でも同じように使うことができるという面があります。

ですが、使い方や機能的にはほとんど同じでも、細かい仕様が異なっている場合があるので利用する出会い系が変わると自分でも気づかないうちに操作ミスをしてしまう恐れがあるので注意してください。

操作ミスをしないための注意点とは、プロフィール検索結果の『ページ送り』の使い方です。僕が実際に操作方法を間違った体験を元に解説します。

各出会い系のプロフ検索結果画面

まずは、以下の画像を見てください。

イククルのプロフィール検索

イククルのプロフィール検索結果画面
イククルのプロフィール検索結果画面

イククルの場合は、『次を表示』をクリックすると2ページ目が、リストの最終ナンバーをクリックすると上の図のようにページ番号と前後のページへのリンクが非常に分かりやすく表示されます。

ハッピーメールのプロフィール検索

では、次にハッピーメールを見てみましょう。

ハッピーメールのプロフィール検索結果画面
ハッピーメールのプロフィール検索結果画面

ハッピーメールの場合は、『次へ』に続く『>>』をクリックするか、ページ番号をクリックすると次の検索結果画面が表示されます。これもシンプルであるものの分かりやすい表示の仕方と言えるでしょう。

ワクワクメールのプロフィール検索

次にワクワクメールのケースを見ていきます。

ワクワクメールのプロフィール検索結果画面
ワクワクメールのプロフィール検索結果画面

ご覧のようにワクワクメールの場合は、ハッピーメールと異なり、『次へ』に続く『>>』をクリックするとプロフィール検索結果の最後のページが表示されてしまいます。

つまり、このことに気づかないと1ページ目と最後のページの合計2ページしか見ずにお相手探しが終わってしまう可能性があるということなんです。

Jメールのプロフィール検索

次に、Jメールの場合はプロフィール検索結果のページ送りがどうなっているかを解説します。

Jメールのプロフィール検索結果画面
Jメールのプロフィール検索結果画面

ご覧の通り、Jメールも他の出会い系と異なった表示方法になっています。『>>』の部分をクリックすると、次のページでも最後のページでもなく表示されているページナンバーの最終ナンバーの次のページから表示される仕組みになっています。

習慣的に使う機能だからこそ間違いやすい

出会い系のサイトごとにことなるプロフィール検索の仕様や使い方について、「そんな間違いをする人がいるのか?」と思う方もいるかもしれませんが、侮ってはいけません。

普段ハッピーメールを使うことが多かった僕はハッピーメールでのページ送りに『>>』をクリックする癖がついていました。ですので、ワクワクメールにおいても何も気に留めず同じように『>>』の部分をクリックしてページを送っていたんです。そして、いくら検索しても表示される女性が数が少ないことにいつも疑問を感じていました。それで、よくよく見てみたら何てことはないただの操作ミスだったことが分かったわけですが、このように人間は習慣になっている行動にはなかなか疑いの目を向けませんし、自分のミスや間違いに気づきにくいものです。

おそらく、ワクワクメールを中心に利用している人にとっては、間違いようのないことでしょう。ですが、僕のように別の出会い系の使い方に慣れている人にとっては間違いやすいポイントです。

出会い系のサイトそれぞれの独特な使い方に慣れると、何気ない操作が習慣化してそれを他の出会い系でもつい気に留めずに実行してしまいがちです。そして、それが間違いであったとしても気づきにくいものです。それは、もしかすると出会いのチャンスを逃す要因になるかもしれません。

ポイント制の出会い系でも大まかな機能や使い方が似ていても、細かい点には違いがある場合があるのでくれぐれも操作ミス・間違いをしないように気をつけましょう。

※個人的にはイククルのページ送りの仕様が一番分かりやすくて便利なように感じます。みなさんはどのように考えるでしょうか?

※出会い系のプロフィール検索に関する他の記事