出会い系でのメール交換出会い系でのメール交換においては文面に書いてある事実を元に正確に気持ちを読み取ることが大切です。人は誰でも自分の都合のいいように相手の気持ちを解釈しようとするため誤解が生じることがありますが、相手の気持ちを正確に理解できればコミュニケーションがスムーズになり出会いやすくなります。


相手の気持ちを読み取るのが難しい『メール』

出会い系サイトなどでメールをしていて、相手から受け取ったメールの内容の解釈について誤解が生じたことはありませんか?

これは決して、メールが気持ちを表現するツールとして機能的に不十分であるとか、相手の言葉や表現が拙いために起きる問題ではありません。それよりもむしろ、メールを受け取る読み手の判断や解釈に誤りがあることの方が圧倒的に多いのが事実です。

人は誰でも無意識の内に先入観が働き、自分の思いたいように判断してしまうという傾向があります。これは『確証バイアス』と呼ばれる心理による影響です。

確証バイアスがかかることを知っておく

確証バイアスとは、社会心理学用語で『先入観に基づいて他者を観察し、自分に都合のいい情報だけを集めて、それにより自己の先入観を補強するという現象』のことをいいますが、これがまさに相手の気持ちを読み違える一番の理由です。

特に出会い系サイトでは、理性よりも感情が大きく作用するので、相手の送ってきた文章を無意識の内に自分の都合のいいように解釈しようとしてしまうのです。

言葉や表現自体、シチュエーションの会話の流れから場合によっては持つ意味が異なることがあります。

また、「?」や「!」といった記号についても人によって受け取る意味合いが異なることがあります。ハートマークの絵文字などはその最もいい例で、相手は冗談や親しみを込める意味で用いたつもりでも、そのメールを受け取る人によっては好意を強くアピールされたと感じる場合もあります。

このように、感情が大きく揺れ動く出会い系サイトでの男女間のメールには、コミュニケーションで誤解を生まないために確証バイアスが強くはたらく可能性が高いということを予め知っておきましょう。

『事実』を元に気持ちを正確に読み取る

確証バイアスによって誤解を生まないためにも、相手の気持ちを正確に読み取る必要があります。

大切なのは、『事実』を元に相手の気持ちや考えを判断することです。この場合、『事実』とは相手の言ったことそのものを指します。

たとえば、女性が男性に対して次のようなメールを送ったとしましょう。

「○○さんってホントに楽しくていい人ですね。メールしてると時間があっという間に過ぎてしまいます!」

この文面からどう相手の気持ちを読み取るか考えてみましょう。

今この場ではどうか分かりませんが、あなたが出会い系で気に入った女性を見つけてメールをしていたとすると、ほとんどの人が「好意をさりげなくアピールされた」というように感じるのではないでしょうか?

もちろん、女性はストレートに気持ちを表現する人の方が少ないので、その判断は正しい場合もあるでしょう。

しかし、それは結果がよかったからよかったというだけの話で、都合よく解釈したこと自体が何か二人の関係を深めるにあたって大きく作用したと言えるでしょうか?

都合よく解釈したことが必ずしも大きなメリットをもたらすわけではありません。実際には、特に深い意味もなく、ただ単にその時楽しいからということでメールをしただけかもしれません。その場合、都合よく解釈していたとすると、コミュニケーションに誤解が生じ、相手に距離を置かれる可能性もあります。

つまり、都合よく解釈するということが生むメリットよりもデメリットの方がはるかに大きくなる可能性が高いということです。

したがって、この例で言うならば正しい判断は、

  • いい人と思ってくれている
  • 自分とメールするのは楽しい

というものです。メールに実際に書いてある『事実』以上でも以下でもありません。

メールは人それぞれ癖があるため、言葉や表現、絵文字の使い方、込める意味が違う場合の方が多いものです。誤解を生まないためにも、メールに書いてある言葉(=『事実』)のみを元に正確に相手の気持ちを読み取るようにしましょう。