出会い系の利用目的出会い系に登録している女性の目的は、年齢や世代などに応じて様々です。30歳前後の女性(中高年世代)は結婚を視野に入れて付き合える恋人募集が目当ての人が多いですが、20代前半の女性には寂しさを紛らわすためにセフレや愛人的な存在として(既婚者)男性を求める人もいます。


一般の女性利用者に多い目的

一般の女性利用者に多く見受けられる利用目的は、簡単に言えば男性と出会うことに尽きますが、もう少し具体的に分析すると次のようなものが多いです。

真剣な恋愛を求める傾向が強い30歳前後の女性

世間では『婚活』という言葉が盛んに飛び交っていますが、女性は出産のこともあるため、30歳前後の年齢になると結婚を強く意識し始めます。これには、その年齢になると周りの友人の多くが結婚していくことが多いということも影響しているでしょう。

そうした女性たちが日常で出会いの機会がないとなると、求めるのは出会い系サイトや婚活パーティーなどの、日常では知り合えない相手と出会える場です。つまり、出会い系を利用する30歳前後の女性は、はじめから結婚の二文字を頭の片隅に置きながら使う人が多いということです。

自由に恋愛を楽しむ20代前半の女性

それに対して、20代前半の女性は、まだそこまで結婚願望を強く抱いているわけではありません。この年代の女性は、どちらかといえば一人の人との末永い恋愛関係というよりも、恋愛そのものの回数を重ねながら成長していく過程にあります。そのため、結婚という言葉には反対にアレルギー反応を起こす人も少なくありません。もちろん、いざ恋愛し始めると真剣になるのは当然ですが、かといって結婚というゴールをあらかじめイメージさせると逆効果になる場合があります。

寂しさを紛らわすために出会い系を使う女性

この年代の女性の中には、独りでいることを好まない女性が多いというのも特徴です。そうした人たちは、恋愛と恋愛の間の休止期間などに一人の寂しさを紛らわすために出会い系サイトへと参加していく人も少なくありません。

ただし、寂しさを紛らわせるために男性を探していることをコメントしている女性には悪質な業者も多いので注意が必要です。この点については後述します。

サイト内だけの関係やメル友関係を望む女性

結婚している主婦などで日常生活に寂しさや人恋しさを感じている女性の中には、それを紛らわすためにメル友を募集している人がいたり、サイト内だけでのバーチャルな恋人関係を目的としている人もいます。こういった女性は、決して珍しいわけではありません。僕がこのところ高い頻度で利用しているPCMAXなどのサイトでもプロフィール検索をして見かけることがちょくちょくあります。

メル友の募集やサイト内だけでの恋人関係のようなものは男性にとってみればまったく理解できない出会い系の利用目的ですが、女性利用者の中にはこのように出会うこと以外を目的に利用している人も少なからずいるわけです。

このように女性は年齢や年代に応じて求める男女関係のステージが変化していくのが特徴です。ここで取り上げた以外の年代、たとえば40代などの中高年女性なども出会い系サイトにはいることはいますが、数はそれほど多くないので主にこの4パターンのタイプの女性がいるということを知っておきましょう。

間違った固定観念はコミュニケーションにおいて誤解の元となりますが、何も考えずに30代の女性に対して都合のいい遊び相手のような関係ばかりを求めるのは失礼にもなりかねませんし、何より出会える確率を下げる行為となり得ます。

相手の女性の年齢や年代に応じた対応が求められるということを頭に入れて出会い系サイトを使うようにしましょう。

出会い目的でない女性に騙されるリスク

残念ながら男性陣にとっては大変迷惑なことに出会える系のサイトには、普通の女性以外にもサイトを悪用するキャッシュバッカーや業者が数多く登録しています。それらのユーザーも利用目的や登録した動機を一般の女性と同じような内容にしている場合も多いので騙されてしまうリスクがあります。

特に、出会い系を悪用する業者の中で最も男性ユーザーにとって迷惑な風俗営業目的の援デリは数も非常に多いですし、“寂しさを紛らわすために男性との出会いを求めて登録した”というように一般女性のような動機を装って活動しているケースが非常に多いのでくれぐれも騙されないように注意しましょう。

こちらの要求や希望ばかりを主張しても出会い系サイトでは簡単には出会えません。会うためには相手の目的を理解しておく必要があります。利用目的は個々人によって様々です。特に、男性と女性とでは利用目的に違いがある場合も多いので、その点をしっかりと頭に入れておきましょう。