メールのマナー出会い系サイトで他の人との競争に勝って目的とする出会いを実現するためには、メールのやり取りなどにおいて好感を得ることが重要です。特に、同性間の競争が激しい男性は、女性に気に入ってもらえるように紳士的な態度や振る舞いをすることが求められると言えるでしょう。

ただ、振る舞いといっても、出会い系サイトではアピールの場がメールに限られるので、立ち居振る舞いなど難しいことを身につけなければいけないというわけではありません。難しいことをしなくても、メールで用いる言葉の遣い方や、配慮をうまくすることでスマートな振る舞いを演じることができます。


相手の気持ちに寄り添う姿勢

最近の出会い系サイトの中には、日記を書くことができるSNS機能が搭載されているものもあります。気になっている人がもし日記を書いていたら、その日記をチェックするようにしましょう。

楽しかったこと、嬉しいことを書いている場合もあるでしょう。その時は、それを自分も同じように喜んでいるということをメールで言葉として伝えるのです。共感を持ってくれた人には自然と仲間意識が芽生えますので好感度が高まりやすくなります。

同じように、悩みや愚痴などを書いている場合もしっかりとフォローしてあげるようにすることが大切です。悩みや愚痴は大抵の場合自分の中では結論が出ていることが多いので、アドバイスなどは求められない限りはっきり言って不要です。

しかし、気持ちを理解しているということを伝える分には効果が非常に高いので、紳士・淑女らしく寄り添うような言葉でメールをしましょう。

この『相手に寄り添う姿勢』こそが好感度を高めやすい紳士・淑女のスマートな振る舞いです。

相手が求めることを理解して的確にに応える

出会い系サイトを使っていると、相手からなかなか返事が来ないという時が必ずあります。仕事や遊びに忙しいというのがその理由の大半ですが、そうとは理解していても気になった相手から返信メールが来ないと不安な気持ちになったり、ヤキモキしたりするのが恋愛感情です。

そこで自分が予想したよりも遅れて返ってきたメールに対してどういう反応をするか、これにもスマートなものとスマートでないものがあります。

  1. 「返事遅いよー、嫌われちゃったかと思ったよ。。」
  2. 「忙しかったんだね、お疲れさま。メールありがとう。」

このうちどちらが印象がいいでしょうか?
もちろん、2番目の方ですね。

恋愛感情が生まれると、時に理性よりも気持ちの抑えが利かなくなって、つい1番目のように自分の気持ちが満たされない不満を相手にぶつけてしまいがちです。

しかし、恋愛は感情でするものながら、感情がその障害にもなり得るという面があるので、局面ごとに感情的になっていないか自分を振り返りながら言葉や表現を選んでメールをするようにしましょう。

大切なのは自分が何を求めているかではありません。相手が何を、どんな言葉を必要としているかです。

その点を意識することで、無用な衝突を避けることもできますし、自分に対する好感度も高めることができます。

女性から好感を得るための会話の方法

Twitterから男女の恋愛を成功させるのに役立つツイートをピックアップします。必ずしも出会い系の利用を想定している内容ではありませんが、出会い系サイト内であろうと、リアルな日常であろうとの女性との接し方、口説き方に大きな違いはありませんので参考にしてみましょう。

これは、大切なポイントですね。
僕自身もそうなんですが、普段の生活では女性の話を聞くように心がけて、そしてそれを実践することも比較的できているように思いますが、出会い系を使っている時はどうしても自己主張が多くなるように感じています。姿が見えない場であるからこそ、自分のことを知ってもらいたいという気持ちが先行してしまうのかもしれませんが、サイト内であっても女性の話を聞く姿勢で接した方がたしかに好感を得やすいというのは間違いなさそうです。メールの書き方もこのことを踏まえて工夫すると返信メールをもらえる可能性が高くなりそうです。

ただし、出会い系を使う女性ユーザーが必ずしも出会いを目的にサイトを使っているとは限りません。キャッシュバッカーに釣られて延々と話を聞かされるなんてことになってはどうしようもないので、まずは相手の女性が本当に出会いを目的に登録しているのかどうかをしっかりと見極める必要がありますね。

まず、自分から積極的に、能動的に行動するというのは出会い系でも大変重要なことです。男性は待っていても、女性からメールをもらうことはほとんどありません。掲示板やプロフィール検索を駆使して自ら相手を探しメールを送るということが必要です。

そして、その時に気をつけたいのが『上から目線』な態度ですね。年下の女性だからといっていきなりタメ口で馴れ馴れしく話しかけるのはあまりおすすめできません。『上から目線』であると感じさせることにもなりますし、どこかオジサン特有のイヤらしさみたいなものを女性に対して与えてしまいます。

いずれにしても、女性の話を真摯に聞く姿勢を持って、女性が『受け止めてもらえていると安心できる』ようなコミュニケーションの取り方が重要ということです。