男女でどう違う!?出会い系やマッチングアプリを使う人の目的とは?

公開日:

出会い系に登録している男性は“ヤリ目”の人が多い!?出会い系やマッチングアプリを使う男性と女性の利用目的について全体的な傾向や年齢層による違いなどをふまえながら解説しています。

男性は圧倒的に体の関係やエッチ目的が多い

出会い系やマッチングアプリに登録している男性で一番多いのは、やはりセフレなどエッチな関係で会える女性との出会いを探している人です。

もちろん、マッチングアプリを中心に真剣に交際できる女性を探している男性もいることはいますが、全体的にみると、割り切った関係で気軽にエッチができる相手を探すために使っている人の方がはるかに多いです。

その傾向は、特に出会い系で顕著で、ワクワクメールやハッピーメール、PCMAXなどの出会い系に登録している男性の大多数は、割り切りのセックス相手を探している人ばかりです。

女性は真剣に付き合える彼氏探し目当ての人が多い

男性が体目的の人が多いのに対して、女性の場合は、出会い系でもマッチングアプリでも、比較的真面目に付き合える恋人を見つけるために登録している人が多いです。

男性がヤリ目の人だらけの出会い系でも、女性は彼氏として付き合える人と出会うために登録しているという人も決して少なくありません。

ましてやマッチングアプリに登録している女性の場合は、結婚も考えられるような真剣な交際ができる男性と出会うために使っている人ばかりで、今やマッチングアプリで出会って実際に付き合い結婚に至るという出会い方は20代、30代の独身女性の間ではごく当たり前のことになりつつあるほどです。

出会い系とマッチングアプリの利用者の目的はどう違う?

登録者の利用目的は男性と女性でも違いがありますが、出会い系とマッチングアプリでも利用者の目的は微妙に違います。

全体的に、出会い系に登録している人は男性でも女性でも体の関係もアリと考えている人が多いのに対して、マッチングアプリを使う人には、体の関係だけで会うことはしない人が多いのが特徴です。特に、出会い系には一切登録していなくてマッチングアプリだけを使っているという人には、セフレ的な体の関係はNGという人ばかりです。

反対に、出会い系にもマッチングアプリにも登録している人は、男性でも女性でもライトな関係でもある程度OKとしている人が多いです。出会い系には、基本的には彼氏が見つけることを第一の目的としながらも気が合う相手であればセフレ的な緩い関係でもOKという女性が多いのが特徴です。

出会い系を使う中高年や既婚者の目的とは?

出会い系とマッチングアプリ利用者の目的の違いについては、利用者の年齢層という意味でも大きく異なります。20代や30代の独身女性が圧倒的多数を占めるマッチングアプリに対して、出会い系には、既婚者の女性や40代の熟女等も数多く登録しているという違いがあります。

そして、出会い系に登録している30代後半~40代の中高年女性や既婚者女性の場合は、再婚相手などのように真剣な交際相手を探すというよりは、秘密の彼氏や不倫相手を見つけるために登録しているという女性が多いです。

マッチングアプリは、基本的にどのアプリも“独身の男女が彼氏や彼女を見つけるための出会いの場”をコンセプトにしているものばかりなので、中高年者や既婚者といった属性の会員は男女共に少なく、そういった人は専ら出会い系を使うケースが多いのです。


ここがポイント! – 記事の概要とまとめ

  • 出会い系を使う男性の利用目的で一番多いのは、セフレなどの体の関係で会える女性と出会うこと
  • マッチングアプリを使う女性はほとんどの人が彼氏など真剣に交際できる相手を見つけるために登録している
  • 全体的に出会い系には体の関係など、緩い関係でもOKという人が多く、マッチングアプリには真面目な出会いを目的とした人が多い
  • 中古年や既婚者はマッチングアプリの出会いの目的にはそぐわない場合が多いので、専ら出会い系を使う人が多い