ハッピーメールのサイトイメージハッピーメールで出会えた体験と出会えなかった体験についてまとめています。ハッピーメールは出会い系の中でも最も簡単に出会いやすいサイトのひとつです。悪質な業者をきちんと見分ければ、女性と出会うのは難しくありません。


出会えた体験

ハッピーメールに登録後約1ヶ月間で合計2万円分のポイントを購入し数十人の女性にメールを送りました。その中でメールアドレス交換ができたのが全部で10名です。その内実際に会うまで行き着いたのは3人ですが、会おうと思えばメアド交換できた人とはすべて会えるという感じでしたので成功率や会う(アドレス交換)までに使用するポイント代の合計を考えると悪くはない成績だと思います。

ハッピーメールで出会えた女性は、ごく普通に街を歩いているような人ばかりで、出会い系だからと言って変な人だったという印象は皆無でした。一人は既婚者で他は女子大生とフリーターでしたが、出会い系サイトを使わなくても十分パートナーが見つかりそうな人だったのが印象的です。目的も援助とかそういう金銭目当てとかではなく、飲み友や食事友達の募集という人ばかりで、まともな人たちでした。

メールアドレスの交換だけをして結局会うことがなかった人とも写メの交換をしましたが、総じてルックスが悪いと思うような人はいませんでした。

ハッピーメールは大々的に広告活動を展開していることもあってか、女性利用者の質が比較的いいというのが率直な感想です。

また、既婚者の女性とも出会えたことからも不倫相手の募集など幅広い目的で利用できると評価することができます。

出会えなかった体験

会うことができた一方で、メールの返信すらももらえなかった体験もハッピーメールでは数多くしています。

登録したばかりの使い始めの頃は、待ち合わせ場所を勝手に指定してくる援デリ業者に釣られてメールを送ってしまいポイントを無駄にしてしまったことも多々あります。

他にも、メールアドレスの交換は会ってからしたいという女性(CB)の言うことを信じてしまい待ち合わせをしてすっぽかしを喰らうという苦い体験も何度もしてきました。

キャッシュバッカーには、他にもH画像を投稿してるから見てほしいと要求してくるタイプの女性もいますが、どちらのタイプの女性も返信メールを送っても出会いに結びつくことはありませんでした。

他に出会えなかったケースでは、初回から即、直アドを送ってくる女性LINEやカカオのID交換を持ちかけてくる女性などに釣られたケースが何回かありました。そういった女性はハッピーメールに少なからずいますが、多くはメールアドレス収集目的の業者かサクラ出会い系への誘導を目的とした業者でした。

悪質な業者に釣られて返信メールを送ってしまい、その後スパム(広告)メールが大量に送られてきた体験をしたこともありますので、これらの女性には警戒するようにしましょう。

ハッピーメールで出会ってみる»