出会い系でのメール交換出会い系サイトで気に入った相手にアプローチして会うまでにこぎ着けるというのは、平たく言えば相手を『口説く』ということです。会うまでに至るように上手に『口説く』には、二人の気が合うということや自己アピールをするという以外にも方法があります。それが、実際に付き合った時のイメージを共有するということです。


イメージすることで現実化しやすくなる

人は想像できないことを実際にすることはほとんどできません。反対に、イメージしやすいことイメージできることは、実際に現実となりやすいものです。

メールで口説く時にもこのことを応用しましょう。
もし二人が付き合うとなったらどういう関係になるか、どういうデートをするか(したいか)について質問してみましょう。そうすると、相手は自然と二人が付き合っている場面を想像することになります。

具体的な想像を相手にしてもらうことで、思考が自然と「付き合う」という方向に向かいます。そうすると、当然二人の関係は深まるので、今後の二人の関係が発展しやすくなるというわけです。

相手の好みを自然とリサーチできるメリットもある

また、これには『相手の好みやデートで出かけたい場所やスタイル』を自然とリサーチできるというメリットもあります。

いざ、会うとなった段階で「どこに行きたいか」、「どういうデートがいいか」を尋ねるのはスマートではありませんし、人によっては「相手に聞かずに自分で考えてほしい」と感じる人もいるのであまりいいやり方とは言えません。

二人が付き合った場合のことについて会話を重ねていくうちに必ず相手の好みは具体的な言葉となって自然と相手の口(この場合メール)から聞くことができるものです。

そして、それを気に留めておき、いざデートする時、会おうとする時にその相手の好みを反映させた内容で口説くわけです。

そうすると、スマートかつ自然に会う方向に話が進みやすくなります。