写メ画像ポイント制の出会い系サイトを使っていると女性からたまに送られてくるアプローチメールの中には、“投稿している写メを見てほしい”と催促してくる内容のものもありますが、これはキャッシュバッカーとして活動する女性のポイント稼ぎの手口なので釣られないようにしましょう。

この記事では、プロフィールなどに投稿している写メ画像を見るよう男性にアピールしてくる女性利用者の具体的な特徴や問題点について掘り下げてみます。


写メを掲載している女性の多さ

実際に出会い系に登録してみてまず驚くのは、女性利用者の多さもさながら、女性たちの多くが写メ画像をプロフィールや掲示板に投稿しているということです。一般的な人の感覚では、どこの誰が見ているか分からない出会い系のサイト内で顔バレしてしまうような写メを投稿するのはリスクがあるため写メを大々的に掲載するのは避ける人の方が多いだろうと考えるものですが、実際の出会い系においては非常に多くの女性が自分の顔写メを投稿しているというのが実態です。

しかし、出会い系を継続的に利用しながら女性と出会ったりしてみて感じるのは、会うことができる一般の女性利用者に関しては写メを投稿していないか、顔がハッキリとは分からないような写メを投稿している人の方が多いのではないか、ということです。実際、僕が出会い系で出会ってきた女性のほとんどは、写メ画像を公開していたとしても個人が特定できないような写メであったり、本人とはまったく違う印象のプリクラの画像を自分の写メとして投稿している人ばかりでしたし、反対にメールを送っても返事がなかったり、待ち合わせすっぽかされるなどして出会うことができない女性に関しては、顔写メの掲載率が高い傾向があります。

つまり、自分の写メを投稿している女性の大半は、実はキャッシュバッカーや風俗営業の業者、メアド収集業者などの悪質な利用者である可能性が非常に高いということです。中でも、写メを見るよう催促するようにメールを送ってくる女性については、キャッシュバッカーである可能性が非常に高いです。

写メを見てと言ってくる女性からのメール例

写メを見るように催促する女性が送ってくるメールの内容は主に次のようなものであることが多いです。

はじめまして!
素敵な方だなと思ってメールしました。
よかったらぜひ仲良くしてください。
写メもたくさん載せてるのよかったら見てネ☆

このように、写メを見てというだけでなく、メールを受け取った男性が一瞬普通の女性からのアプローチメールだと勘違いしてしまうような感じでメールしてくることが多いです。また、僕ら男性にとっては女性からメールをもらえるのは貴重なことなので、つい興味をそそられてプロフィールや投稿されている写メを見たくなるという心理が働くので言われるがままに写メを見てしまいやすいです。

写メを見てほしいとメールしてくる女性の特徴

こういった女性は主に次の2つの特徴があります。

  • きわどい画像を大量に投稿している
  • メールのやり取りはできても会うまでには至らない

きわどい画像を大量に投稿している

一番大きな特徴は、ヌード画像やそれに近いきわどい写メを大量に投稿しているということです。メールをくれたという時点で興味や関心が高まっている上に、写メを見てきわどい画像がたくさん投稿されているとつい何枚も見てしまうのが男性の悲しい性でもあるわけですが、まさにそれこそが彼女らの狙いです。たくさんの写メによって閲覧回数を増やし効率よくポイント稼ぎをするというわけです。

また、写メ画像を大量に投稿していたとしても自分の顔写メを公開していることはほとんどないというのも特徴のひとつです。

メールのやり取りはできても会うまでには至らない

注意しなければいけいないのは、こういった女性が男性と会うことを望んでいることはほとんどないということです。もし、写メを大量に投稿していてポイント稼ぎをしていたとしても出会うことができれば男性にとって大きな不満はありませんが、実際には会うことはまずできないと思っておいた方がいいです。メールのやり取りはできるでしょうが、メールアドレスの交換や直メでの待ち合わせの約束ができることはまずありません。

キャッシュバッカーであるという前提で対処する

出会えない以上、男性にとってこういった女性の存在は害こそあれメリットはまったくないと言っても過言ではありません。ですから、写メを見てほしいというような内容のメールを送ってくる女性に遭遇した場合は、相手の女性がキャッシュバッカーであるという前提で警戒しつつ冷静に対処しなければいけないということになります。

また、仮に、写メを見てほしいというコメントが直接メールに書かれていなかったとしてもプロフィールを見て写メが大量に投稿されていることが確認できた場合には、それ以上関わらないように静かに画面を閉じるというのが望ましい対処法です。

※関連記事