複数のサイトの使い分け出会い系はひとつのサイトだけに登録するよりも複数のサイトに登録する方が出会える可能性は高くなります。複数の出会い系に登録しているキャッシュバッカーや援デリなどを見分けやすくなるため、普通の女性と出逢える確率が高まります。ただし、自分がサクラと疑われないようにするなど注意も必要です。


サイト選びでひとつに絞るのは難しい

自分にとって本当に使いやすい、出会いやすいサイトを見極めるには、複数の出会い系サイトに登録して無料お試しポイントを有効に活用しながら自分なりの評価を行いサイトを見極めていくというのが有効ですし、サクラ詐欺の悪徳出会い系は論外として、サクラがいないポイント制などのサイトの中から一つのサイトを選び出すのは簡単なようで難しいです。

  1. 決め手に欠ける(どのサイトにもメリット・デメリットがある)
  2. 利用目的や会員数などはあくまで目安に過ぎない

決め手に欠ける(どのサイトにもメリット・デメリットがある)

どのサイトも数百万人規模の登録者数を抱えていてまじめな出会い・大人の出会いのどちらの目的でも利用できるため際立った違いというのがあまりない上、どのサイトにもメリットとデメリットがあるので、たとえば2つの内のどちらを選ぶかというような場合には、どっちがいいかを明確に言い切ることが難しいという問題があります。

利用目的や会員数などはあくまで目安に過ぎない

サイトの規模がどの程度で、どのぐらいの人から支持されているのかを知る目安としては利用者数を比べることには意味がありますが、それだけを頼りに登録するサイトを決めるのは必ずしも有効な方法とは言えません。

利用者それぞれの出会い系の利用目的は実際には人によって違いますし、利用者数についても大まかな指標にしか過ぎません。中には、今ではもう利用していないという幽霊会員のようなアクティブでないユーザーも多く含まれますし、利用中の人でも自分がサイトを使う時に活動していなければ、実質いないのと変わりないためです。

もし、登録サイトをどこにするかで悩み、決断することができない場合には、思い切って候補となっているサイトすべてに登録してみるというのもひとつの方法です。

複数のサイトに登録するメリットとデメリット

複数の出会い系サイトに同時に登録し利用することには抵抗を感じる人も多いかもしれませんが、実際のところメリットこそあれデメリットやリスクはほとんどありません。

メリット

複数のサイトに登録することによるメリットには次のようなものがあります。

  1. 自分にとって相性のいいサイトが分かる
  2. 複数サイトにまたがって活動する悪質な女性が見極められる

自分にとって相性のいいサイトが分かる

複数の出会い系サイトに登録するメリットは、登録して実際に使ってみることによって自分にとって一番相性のいいサイトを選ぶことができるということにあります。

複数の出会い系サイトに登録している人であれば誰でもうっすらとは感じたことがあると思いますが、出会い系サイトでは、サイトの良し悪し以外にも自分との相性があって、それが出会えるかどうかを左右するという面が少なからずあるように思います。

たとえば、このブログの読者の方であればもうすでにお気づきかと思いますが、僕は一貫してハッピーメールのことを使いやすく感じています。自然とブログ記事のテーマとして取り上げることが多くもなっているように自分でも感じています。最近ではPCMAXにちょっとハマりかけている傾向もありますね。

いずれにしても、うまく言葉では説明できないもののその時々の自分の気分や好み、自分が感じる使いやすさなどで、自分にとっての相性がいいサイトかイマイチ合わないサイトかに分かれることがあり、それを体験した上で知ることができるのは決して小さくないメリットです。

幸いにも、ポイント制のサイトの場合は、登録すると必ず無料お試しポイントがもらえるのでそれを使ってサイトの内容がどんなものかを自分で体験した上で最終的にじっくり使うサイトを選ぶことができます。

複数サイトにまたがって活動する悪質な女性が見極められる

また、女性利用者の見極めという観点からも複数のサイトに登録することにはメリットがあります。

同時に複数サイトを使っていると同じコメントをコピペして同じような手口で男性を騙そうとするキャッシュバッカーなどに遭遇することがあります。僕はこのサイトで評価している出会い系すべてに登録しているわけですが、利用し始めて気づいたのは、キャッシュバッカーや風俗営業目的の業者などの出会えない女性の多くが複数のサイトにまたがって同時に活動しているということです。同じ写メやコメント・投稿を使って男性を騙そうとしている女性は決して少なくありません。そういった悪質な女性利用者の存在を知ることができるのも複数サイトに登録することのメリットです。

もし、1つのサイトしか使っていないという人で、キャッシュバッカーやその他の迷惑な女性ユーザーと疑われる女性にアプローチするかどうか迷っている人がいれば、他のサイトにも登録して同じ女性がいないか確認してみるといいでしょう。同じ人が同じような手口でコメントを投稿していたらその人にはメールを送らない方が賢明です。

デメリット

複数のサイトに登録するとなると、たしかに手続きは面倒ですし何となく不安を憶える気持ちも理解できますが、リスクはほとんどありません。安全性が高いサイトであれば迷惑メールなどの心配もする必要ありませんし、料金面に関しても無料お試しポイントの範囲内で相性や好みを判断するようにすれば、複数サイトを使うことでの過大なポイント代の負担を強いられるようなことにもなりにくいためです。

それでも強いてデメリットを挙げるならば、登録したサイトを同じように活用する場合に生じうる出会いの機会の損失があります。出会い系サイトは集中して使えば使うほど女性の見極めも捗りますしその分、会える可能性のある人を探しやすくなります。ところが、複数サイトを同時に使う場合は、どうしてもそれぞれのサイトの利用に力加減が分散してしまうため一つのサイトに集中する場合よりも会える可能性が低くなる場合があるのです。複数のサイトに登録する場合はこの点に注意して利用する必要があります。

サイトとの相性などは、自分以外の人がその人の主観に基づいて決定した順位などからは判断することができない部分です。実際のところ登録してみないことには、自分にとっていいサイトか悪いサイトかは分からない面があります。また、出会い系サイトの評価についても、体験者によって大きく異なる場合がありますし、使うタイミング、使い方によっても大きく変わる可能性があるものです。

したがって、サイト選びで迷う場合は、複数の出会い系サイトに登録してみて、実際の使用感や会えるかどうかを含めた手ごたえを確認しながら徐々にメインで利用する出会い系サイトを絞っていくというのが理想的なように思います。

ただし、それはあくまで出会い系比較ランキングで紹介している出会える系の優良サイトに限りますので、間違っても無料出会い系サイトには登録しないようにしてください。無料サイトは登録する価値のないサイトばかりです。

複数の出会い系に登録する場合の注意点・リスク

複数のサイトに登録して利用することにデメリットはほとんどありませんが、注意すべき点やリスクはあります。

  1. 悪質な利用者と評価されてしまうリスク
  2. 色んな人と会っている男性と評価されてしまうリスク

悪質な利用者と評価されてしまうリスク

女性利用者が出会える人かどうかを見極める目的で複数のサイトに登録する際に気をつけたいのは、こちらが『出会い目的でない男性利用者』と評価されてしまわないようにする、という点です。女性の中にもいくつかのサイトを同時に使う女性はいます。そういった女性から、反対にこちらが『出会い目的でない男性利用者』と評価されてしまわないように気をつけなければいけません。

女性の側からすれば、複数のサイトに同じようなプロフィールで登録している男性を見つけたら、男性が女性に対して抱くのと同じような疑念を抱かれてしまう可能性があります。これでは、複数のサイトに登録する意味がないどころか、むしろ出会うという目的においてはマイナスに作用してしまうので注意したいところです。

色んな人と会っている男性と評価されてしまうリスク

女性の見極めが目的であろうとなかろうと、できるだけ“色んなサイトに登録している”ということは女性に知られない方がいいでしょう。色んなサイトに登録している男性は、相手が誰でもいいという印象を女性に与えてしまいがちですし、たとえ真摯な内容のメールを送っても「どうせ、他の人にも同じようなことを言っているんだろう」という風に思われる可能性が非常に高いです。そう思われてしまっては、メールの返信をもらえる可能性が下がりますし、結果的になかなか出会えないようになってしまいます。

そういった事態を避けるためにも、サイトごとにプロフィールに変化をつけることをおすすめします。まず、ニックネームについてはできるだけサイトごとに違うものを使用するようにしましょう。名前は、一番記憶しやすいプロフィールの項目です。ニックネームが違うだけでも『同じ人』と見られる可能性が随分と下がります。

そして、女性に送るメールの内容についてもサイトごとによって使い分けることも大切です。特に、アプローチメールなどは相手の女性との会話のきっかけを掴もうする内容になるのでどの人に送るにしてもそもそも似たような内容になってしまいがちです。最悪の場合、違うサイトで同じ人に同じメールを送信してしまうということも十分あり得ます。その場合、印象が悪くなるのはもちろん、返信が来ることも期待できません。

※関連記事
※出会い系サイトへの登録方法についての解説記事