危険性PCMAXやハッピーメールなどの出会い系で「条件あり」「最初だけ2万円」という女性は違法売春を斡旋する援デリ業者なので決して出会ってはいけません。援デリの女性と出会うことには法律的な観点から問題があること以外にも、美人局被害に遭う危険性や別人が来る可能性があるので危険です。


援デリ業者の実態と手口

利用者を詐欺行為によって騙すサクラ出会い系などは論外として、出会える系の出会い系サイトの最も重大かつ深刻な問題は、違法な営業・客引きを行う業者によってサイトが荒らされているということです。

この問題は、ランキングで比較している出会い系のほぼすべてに共通することであり、僕が個人的に高く評価しているハッピーメールや、キャッシュバッカーがいないことから優良と評価されることの多いワクワクメールも例外ではありません。

違法売春を斡旋する援デリ業者の実態や危険性についてはこれまでにも、Jメールアダルト掲示板を事例に解説してきましたが、こうした業者は出会い系に深く根付いていることもあり、残念ながら状況はまったくと言っていいほど改善されていません。今でもなお、プロフィールや掲示板を検索してみると、「条件あり」「最初だけ2万円(もしくはお願いあり)」というお決まりの台詞・手口とともに男性を釣ろうとする女性を、うんざりするほど見つけることができます。特に、大人の出会い希望者が多く登録しているPCMAXYYC(ワイワイシー)には援デリ業者が非常に多く普通の女性と出会いづらい大きな要因となっています。

他にも、以前に解説したメール以外の方法でアプローチしてくるなど、手口を巧妙に変化させたり、援デリ業者による出会い系の悪用は止まることを知らないと言っても過言ではないほど、状況は深刻です。

出会う男性がいることが大きな問題

援デリ業者が出会い系に多い問題の背景には、サイト管理者がこうした業者に対する取り締まりを厳密に行っていないことが主たる要因としてありますが、それ以外にも、一部の男性利用者が援デリの女性と知りながら会う選択をしてしまっていることが、こうした業者の迷惑行為を助長する大きな要因となっています。

男性利用者の多くは、大人の出会いを目的に出会い系に登録しています。そして、できれば誰もがすぐに出会える女性を見つけたいと考えているものです。しかし、実際には普通の女性と出会うのは簡単ではありませんし、ましてや即会いができることはほとんどありません。

そうした理想と現実のギャップから、手っ取り早く出会えるという理由で、援デリ業者と知りながら出会う男性が少なくないようなのです。このサイトの情報サイト比較でも紹介している、『出会い系サイトの口コミ評価』というサイトに寄せられている口コミ評価情報を見てみると、誘惑に負けたなどの理由から相手が援デリ業者であると知りつつ出会ってしまったという体験談を投稿している人が少なくありませんし、管理人さんもその問題について警鐘を鳴らす記事[1]をまとめています。

当たり前のことですが、援デリ業者は客となる男性がいる限り出会い系の悪用を止めることはありません。男性が求めに応じ続ける限りいなくなることを期待することはできません。つまり裏を返せば、援デリ業者による悪用を招いているのは他でもない僕ら男性利用者であるということです。

援交・愛人募集目的の一般女性とも会わない

ややこしいのは、普通の女性利用者の中にも金銭を介する出会いをするために登録している人がいるということです。出会い系の登録者には男女を問わず金銭と引き換えに肉体関係を含む交際を目的としている人が少なくありません。

援助交際や愛人募集といった交際の相手は日常生活においては探すのが難しいですが、出会い系では人知れずこっそりと関係を結べるという手軽さがあるために援交相手を見つける場所として悪用されることが多いです。そうした事情も影響してか、出会い系の男性登録者の中には、援デリ業者でも個人売春の女性でも同じものと考えて求めに応じて待ち合わせをしてしまう人もたくさんいるのです。

しかし、そもそもお金をやり取りして男女関係を持つこと自体が売買春にあたる行為であり、決してやってはいけないことです。相手が援デリ業者か普通の女性は問題ではありません。とにかく、金銭を介して出会う行為自体を徹底的に避けることこそが男性に求められることです。どちらもが出会い系の健全化を妨げる大きな要因となる行為であり、毅然とした態度で断るか無視するべきものです。

違法性やモラルの問題以外に実害に遭う危険性もある

「条件あり」「最初だけ2万円(お願いあり)」などと言う女性と出会うべきでない理由は、違法性があることやモラル上の問題以外にもあります。

それは、美人局被害や待ち合わせ場所に写メとはまったくの別人が来るなど騙される危険性があるためです。美人局をはたらく不届き者は、事件が明るみに出ないよう待ち合わせをする男性の弱みを握ろうとするものです。出会い系を利用していること自体も人にとっては知られたくない弱みになり得ますし、ましては援交を装って待ち合わせをしたなどとは、美人局被害に遭ったとしても口が裂けても言えることではありません。

また、援デリ業者はネット上で拾ってきた写真をプロフ写メとして投稿し、別人になりすますことが多いです。業者にとっては、男性客を見つけられてお金がもらえればいいわけですから、なりふり構わず騙そうとするのはある意味ではごく自然なことです。実際に、先に挙げた口コミサイトに投稿されている体験談や評判をよく読んでみると、援デリ業者と会ってみたらプロフィールとはまったく異なる女性(デブス、巨漢のおばさん、写真と全然違うルックスの女性)が待ち合わせに現れたと体験談を報告している人もたくさんいます。

また、援デリ業者と並ぶ悪質な女性会員として知られるキャッシュバッカーも、男性の中に金銭と引き換えに会う人がいることを見越して、騙すための手口として援交や愛人募集希望者を装う場合があります。

こうした危険性やリスクがあることを踏まえると、「条件あり」と言う女性や「最初だけ2万円(お願いあり)」と金銭を要求してくる援デリ業者と出会うことが、非常に危険な行為であることが分かるかと思います。場合によっては、社会的な地位や信用を失う恐れすらもあることを十分理解した上で、決して欲望に負けることなく理性的な判断を下すようにしなければいけません。

出会い系の健全化に貢献しつつ出会い探しをする必要性

援デリ業者をはじめ、会う時にお金を要求してくる女性と会わないという賢明な判断をすることは、出会い系サイトの健全化を促進することにもなります。僕ら出会い系の利用者は、出会い系サイトがあることによって少なからずいい思いを誰もがしているはずです。

特に、出会いがない人にとっては、新たな女性と出会えるきっかけとして出会い系はとても便利なものです。その環境を今後も維持していくために貢献できることは、僕ら男性利用者もしていきたいものです。それは後々、より女性と出会いやすい環境が構築されるというメリットとなって僕ら利用者自身に跳ね返ってくることでもあります。

このブログの読者の方をはじめ、ほとんどの男性は援デリ業者や援交をする女性の存在を疎ましく感じていることでしょう。この記事で解説してきたことは、すでに実践している・あるいは同じように迷惑に感じているという人ばかりだったかもしれませんが、もしも、これまで援デリ業者や援交の女性と出会ってきた男性がいたら、これを機にそうした行為を止めるよう強くおすすめします。

出会える系の出会い系では普通の女性と簡単に出会える

何より強調したいのは、出会える系の出会い系を使っていれば、わざわざ援デリの女性や「条件あり」「最初だけ2万円(お願いあり)」と言ってくる個人売春の女性と会わなくても、普通の女性と出会うのは比較的簡単ということです。

業者が少ないワクワクメールはもちろんのこと、業者が多いハッピーメールやPCMAX、YYC(ワイワイシー)でも業者を見分けるのは簡単なので、普通の女性を探すのは決して難しくありません。普通の女性と出会う場合は、即会いなどすぐ会えることは少ないですが、それでも根気強く女性を探せば簡単に出会えてしまうこともたまにはあるものです。

つまり、出会い系では「条件あり」「最初だけ2万円(お願いあり)」の女性とわざわざ出会う理由はほとんどないということです。

※関連記事
※参考リンク