写メ画像出会い系で業者ではない普通の女性が顔写メを堂々と公開、掲載していることはほどんどありません。プロフィールに写真を載せることには、顔バレや写メ画像が業者に悪用されるリスクがあるため、写メの掲載がないのが普通です。それに対して、業者やCB、サクラは写メを投稿していることが多いです。


普通は写メ画像を掲載していない場合が多い

出会い系を利用する際に写メ画像をプロフィール画像として掲載する男性利用者も多いことかと思いますが、写メ画像を掲載することに抵抗がある男性が少ないのに対して、女性の場合は写メをプロフに載せることに強い警戒感と抵抗を感じる人が少なくありません。

僕自身もはじめにイメージしていたことですが、出会い系に登録する前は男性でも女性でも多くの利用者が写メを掲載しているものだという想像をしていました。しかし、実際に出会い系に登録してみると分かるのは、写メを載せている女性利用者はたしかに多いものの、それらの女性の中で男性と会うことを目的としている普通の女性はほとんどいないということです。

出会える系の出会い系は、業者キャッシュバッカーなどに悪用されているという面がありますが、プロフィールなどに写メ画像を載せているのは、まさにそういった悪質な女性ユーザーばかりなのです。出会い目的でない悪質な女性登録者が男性利用者を気を惹くことを狙いとして写メ画像を掲載しているというわけです。実際に、僕自身がキャッシュバッカーに騙された体験をした時にメールを送った女性もプロフィールに顔写メを載せていました。

反対に、これまでに出会えた女性は、写メ交換はできるものの、プロフィールに画像を掲載していた人はほとんどいませんでした。これはどの出会い系でも基本的に同じです。全体的な傾向として、一般の女性利用者は写メ無しの場合の方が圧倒的に多いです。

普通の女性登録者が出会い系で写メを公開することが少ないことには、女性が出会い系で写メを公開することにリスクがあるということが大きく関係しています。出会い系を悪用する業者は女性としてだけでなく男性としても活動しているケースが見受けられます。男性に成りすました不正ユーザーの中には、女性が掲載している写メ画像を収集し、それを桜出会い系などでサクラの写メとして悪用することを意図した業者なども存在します。したがって、プロフィールや掲示板の書き込みに写真を載せている女性は格好のターゲットとなるわけです。インターネットでは、一度ネット上に流出した画像の回収は非常に難しいですす。

つまり、載せた写メが悪用される危険性が高いということが、女性が写メを載せない大きな理由というわけです。

また、単純に知り合いに見つかるかもしれないといった“顔バレ”する危険性を避けるためにプロフィールの写メを無しにしている女性も出会える普通の女性には多いことを知っておきましょう。

写メが無いことが見極めるポイントにもなる

これらのことを踏まえた上で考えると、見方によっては写メがあるかないかによって出会える女性であるか否かを見極めることができるということも言えます。出会える女性は基本的に写メを公開していることが少なく、出会えない女性、つまりキャッシュバッカーなどの悪質な利用者の方が写メを公開している可能性が高いというのが出会い系全般に言える大きな傾向です。

僕ら男性にとってみれば、女性の写メはメールを送るかどうかを判別する大きなポイントになる要素ですし、タイプの女性であればどうしてもアプローチしてみたくなるものですが、そういった写メの女性であればあるほど出会えない可能性も高いということを理解した上で慎重に女性の見極めを行う必要があります。

出会える女性の写メ画像の特徴と傾向

普通の女性利用者がプロフィールや掲示板などに写メを掲載し公開していることはほとんどないものの、プロフ写メを載せている普通の女性がまったくいないというわけではありません。写メを積極的に掲載し男性を騙そうとするユーザーの手口に引っかからないためには、出会える女性が掲載している写メに見られる以下の特徴や傾向について理解しておくことが重要です。

  1. 顔がハッキリと分からない写メ
  2. 実物とは異なるイメージの写真

顔がハッキリと分からない写メ

女性がキャッシュバッカーなどの迷惑ユーザーかどうかを判断する際の目安となるのが、『顔がハッキリと分かるかどうか』ということです。

キャッシュバッカーや援デリ業者などが、ポイント稼ぎや客引きという目的を達成するためには手段を選ばないのに対して、一般の女性利用者は、顔がハッキリと分かってしまう写メを大々的に公開するメリットがデメリットやリスクに比べて少ないので、普通に考えると顔の一部を隠した画像にしたりする方が多くなるのがむしろ自然です。

実物とは異なるイメージの写真

また、加工や撮影方法の工夫により実際に会った時に目にする姿や容姿とは異なるイメージの写真を掲載していることも多いです。光が顔の部分に強く当たったように加工されている写メ画像などは、その代表的な事例です。光を強くあてた写メ画像は、実際よりも2・3割増しキレイに見えることが多いので、個人の特定を防ぐという以外にも、男性に対するアピールの意味で用いられるのが特徴です。

スマホアプリなどによる写メの加工

写メが実物と違う場合というのが決して少なくないことは、最近2人の女性と実際に写メ交換をして会った時に強く感じたことでもあります。また、これまで出会った女性から直接聞いた話では、スマートフォンには撮影した写メを加工できるアプリがあるようで、単に装飾したりするだけではなくて、目を大きく見せたり、目鼻立ちをくっきり見せる機能なども備わっており、若い女性の間ではそういったアプリを使うのは一般的なことだそうです。

また余談にはなりますが、最近では、女性だけでなく男性にもアプリによって写メを加工する人が多いそうです。会った男性のほとんどがアプリによって撮影した写メ画像を加工して送ってきたという話を出会った女性から直接聞きました。とりあえず、会ってもらわないことには何にも始まらないとの考えから、少しでも自分を良く見せるために加工した写メを送る男性が増えているようです。つまり、男性でも自分が女性に選ばれるために、少しでも写りのいい写メを送信する必要を感じているということです。

これらのことから言えるのは、出会える女性の写メ画像には、実物とのギャップがある場合が多いということです。ギャップにはいい意味でのものとあまりよくない意味でのものの両方がありますが、総じて多いのは期待していた感じとは違うという、どちらかと言えば少し残念に思う方が多いです。

ですから、写メ画像だけを会うかどうか、好みのタイプかどうかの判断基準としないというのが、会ってから失望しないためにも大切です。

女性からメールが返ってきて写メ交換へと進み、実際に写メを受け取るとそれだけで多少テンションが上がりますし、ちょっとでも好みであれば想像と期待が大きく膨らむものです。ですが、会ってみて期待通りというのは実はあまり多くないものですから写メは慎重に見極めるようにしましょう。男性の場合写メを開いてパッと見でタイプと判断して、深く検討することなくその女性に対してメールを送信してしまいがちですが、そうすると実際に会ってみた時にギャップを感じてがっかりすることになる可能性があるので注意が必要です。

※関連記事

画像検索で探せる女性の写メ

以前このブログでも取り上げたことがありますが、イククルには好みのタイプの人を顔写メから地域別に検索することができるフェイス画像検索という機能があります。同様にハッピーメールにも『画像検索』という機能が追加されプロフ写真を掲載している人に限定して登録地域ごとに異性を探すことができる機能があります。

写メ検索の機能は相手の顔写メを見て好みかどうかを判断した上で会うかどうか決めたいという人にとっては大変便利な機能であると高く評価することができますが、その一方で弊害があることも事実です。

というのも、僕がイククル、ハッピーメール両方の出会い系で画像検索機能を使ってみたところ、検索結果として表示される女性は悪質な利用者がかなりの割合で含まれていたためです。また、外部のサクラ出会い系へと誘導することを目的としていると思われる“女性利用者”に成りすましたサクラらしき人物にあたったこともあります。

つまり、写メ画像検索は、好みのタイプの異性をダイレクトに見つけることができるという機能上の優れた面を有している反面、実態としては好ましからざるユーザーばかりが検索結果に表示されてしまい、反対に出会える可能性を低めることになってしまうとも考えられるわけです。

画像検索機能を使って出会える女性を探す際には、プロフィールや掲示板の投稿から女性を探す場合に比べて、より慎重に相手の見極めをする必要があります。画像検索で表示されるサムネイル写真(小さいサイズの画像)は無料で見ることができますが、写真をクリックするとポイントを消費することになるので、安易に色々な人の写メ画像を開いていると思わぬポイントの無駄使いになってしまいますし、キャッシュバッカーや業者に釣られて結果として騙されてしまうことになる危険性もあります。そういった事態を避けるためにも、写メの見極めについてはじっくりと慎重に行うようにしましょう。

※ただし、出会い系で一番出会えるワクワクメールでは写真検索を使って好みのタイプの女性と出会えたこともあるので、出会える女性を探す方法として使えることは間違いありません。

※関連記事