悪質サイトの危険性出会い系サイトのサクラは今や男性だけでなく女性をもターゲットにしていることは、徐々にではあるものの広く知られつつあります。女性を狙いとするサクラの主たる目的は男性に対する場合と同様、料金を不正に騙し取るということですが、それ以外にも目的がある場合もあります。この記事では、料金を不正に騙し取る以外の目的でサクラが用いられる理由やその背景について解説します。


男性に比べて活発でない女性利用者

出会い系サイトの男性利用者のほとんどは、サイトに登録すると自分から積極的に好みのタイプの人を検索してメールを送るなど活発に活動を開始しますが、女性の場合は少し違います。興味があって出会い系サイトに登録したとしても自分から男性を探してメールを送るという人はあまりいません。そうしなくても、待っていれば男性から勝手にメールが送られてくるということもあってなかなか積極的に活動する場合が少ないです。

男性からアプローチメールをもらえる女性であればいいですが、ずっとサイトにログインしていない女性などは男性からすれば探しづらいということもあってなかなかメールをもらうことができません。これが女性の活動がさらに鈍くなり幽霊会員状態になる人が増える大きな理由です。

幽霊会員状態を改善するためのサクラメール

本当は男性と会う気がないわけではないのにいつの間にか幽霊会員状態になってしまう女性というのは、出会い系サイトでは決して少なくありません。そういった女性会員をそのままにしておくのはサイト運営者としても男性会員の視点からも大変もったいないことです。そこで導入されたのが、しばらくサイトにログインしていない女性に対してメールを送信する専用のサクラ会員だったというわけです。サクラメールを送ることによって女性がそれをきっかけにサイトにログインすれば、男性から発見されてメールを受信する可能性が高くなりますし、ひいてはサイトが活性化するというわけです。

ここまでの話を聞くと、このタイプのサクラであれば悪質とは言えないのではないかという気もしなくはないですが、それでもその人が存在する男性だと勘違いして返信メールを送る女性がいないとも限らないので決して認められることではありません。女性の活動を活性化させるためであれば、男性になりすましたサクラからメールを送るのではなく、お知らせメールを送って再度ログインを促すようにすればいいだけの話ですし、仮に女性も有料制であったとしたら料金面での実害が発生してしまう可能性もあります。


このように、一言でサクラといってもその狙いや目的、役割は様々です。いずれにしても手の込んだ手法で女性を騙そうとするのが特徴なので、女性も出会い系サイトを選ぶ際にはサクラがいない出会えるサイトの中から登録するサイトを選ぶようにしなければいけません。

※参考ページ