問題点今日のブログ記事では、僕がこれまで約8か月に渡って体験してきた出会える系の出会い系の問題点について実体験を元にまとめてみたいと思います。


どの出会い系でも目立つ援デリ業者の存在

まず、出会える系の出会い系において何よりも一番大きな問題と僕が感じるのは、やはり援デリにサイトが悪用されている事例が非常に多いということです。僕が登録し、体験した出会い系の中で風俗業者の存在がほとんど確認できなかったのはラブサーチだけで、他の出会い系に関してはどのサイトにおいても多くの風俗業者と思われる悪質な利用者が多く存在していることを確認しています。

風俗業者と思われる女性利用者については、その大半がメールを送るとすぐに金銭交渉を始めるため無駄になるポイント自体は少なくて済みますし、メールを送るまでもなく比較的簡単に見分けることができるので実際問題としてはそこまで深刻な被害を発生させる要因とはなっていない可能性もありますが、一般の女性利用者を探すことがそれらの存在によってしづらくなるという意味では甚だ迷惑な存在と評価せざるを得ません。

キャッシュバッカーに騙されるリスク

また、このブログの記事の中でも比較的取り上げることが多い『キャッシュバッカー』の存在も無視できるものではありません。ラブサーチやワクワクメールのようにキャッシュバックシステムが存在しない優良な出会い系もありますが、その他のサイトにおいてはキャッシュバッカーと思われる女性利用者が多いというのが大きな問題としてあるように感じています。

キャッシュバッカーは、僕ら男性利用者にとっては風俗業者以上に厄介な存在です。僕自身騙された経験がありますが、騙されることそのものよりも被害に至るまでに使うポイント代や時間、キャッシュバッカーとのメール交換に時間を費やすことによって相対的に失う他の一般の女性との出会えるチャンスなどを考えると非常に困る存在と言わざるを得ないためです。

キャッシュバッカーの存在は、サクラがいないとされる出会える系のサイトにおいては時として体験者が“サクラに騙された”と表現することがあるように、被害に遭った人からすればサクラとほとんど同義の存在となっているという点では由々しき問題と評価しなければいけないでしょう。


※関連記事
※キャッシュバッカーに騙されないための対策法

期待を下回る水準の『出会える可能性』

ただ、こういった問題点は出会い系においてはある意味想定されるリスクでもあるので、登録し利用している男性からすれば本質的に大きな問題とならない場合もあります。それよりも、出会い系が抱える最大の問題は、登録する前に抱く出会える可能性に関する期待値を大きく下回る水準でしか出会えないという点にあると考えられるように思います。もしかすると、人によってはかなりうまくやって短期間のうちにたくさんの女性と出会うことができている男性もいるかもしれませんが、おそらく多くの人はそういった体験をできていないのではないでしょうか?

僕も登録している出会い系についてはかなり使い込んで、実際に何人もの人と出会うこともできていますが、やはりそれでも登録前に抱いていた“出会いたい時に簡単に自分が望むような女性と出会える”というイメージは覆されていますし、同じような感想を抱いた人も多いことかと思います。

出会える系のサイトは時として、僕が使用前に抱いていたように誰とでも簡単に出会うことができる“夢のツール”かのように評されることも多いものですが、実際には決してそんなことはなく出会うには時間もかかるという点は抑えておきたいポイントです。

このように、出会える系のサイトと言えども利用者の希望を簡単に実現させてくれるわけではなく、悪質な利用者の存在をはじめとした様々な問題を抱えているということについては、実際に登録し利用し始める前に理解しておくことが望ましいと言えるでしょう。