ランキング昨日は、前月度に最も読まれた記事のランキングを紹介しましたが、これまでよりも出会い系のサイト体験談・評価に関する記事がランキングに多く入ってくるようになりました。出会い系の情報の中では、サイトの体験や評価に関する情報ももちろん重要ですが、それ以外にもこのサイトでは注意事項や利用法のコツなどをこのブログを通じて毎日配信しており、それらの情報に関しても重要性は決して低くありません。

そこで、今日の記事では前月度に最も読まれたブログ記事ランキングを紹介します。

では、ランキングスタートです。

  1. 第1位
    YYC(ワイワイシー)の安全性と気をつけないといけない女性のタイプ
    2013年5月に最も読まれたブログ記事はYYC(ワイワイシー)の安全性に関する記事でした。この記事では、YYC(ワイワイシー)には男性と出会うことを目的とした女性以外に男性登録者を騙すことを目的としたキャッシュバッカーや金銭との引き換えに会うことを求める風俗業者の存在について言及しています。YYC(ワイワイシー)で出会うためには、それらの悪質な迷惑ユーザーを避けることが重要なポイントです。
  2. 第2位
    プリクラの写真画像の特徴と見極める方法
    出会い系の女性利用者の中にはプリクラの画像をプロフィール写真として設定している人や、写メ画像の交換の際にプリクラの画像を送る女性が少なくありません。ですが、プリクラで撮影した写真画像に関しては目を大きく見せるなどの加工ができてしまうため、会ってみると実物と写真とのギャップに驚かされることがあります。正直、プロフ画像がプリクラの女性には期待し過ぎない方がいいと僕は考えています。時には、期待が大きすぎて会ってみてがっかりすることもあるので注意が必要です。
  3. 第3位
    ライブチャットと出会い系サイトのどっちが出会えるか?
    ライブチャットはサービスのタイプこそ出会い系とはまったく異なりますが、出会いのツールとして利用できる部分もあり、その点では出会い系と並んで男性利用者に人気があるサービスと評価することができます。ライブチャットと出会い系のメリットとデメリットについて解説した記事が第3位となりました。
  4. 第4位
    女性利用者の写メ画像の特徴、傾向と対策
    ちゃんと出会える普通の女性の写メは顔がハッキリと分からないようになっていることが多いです。この記事は、僕がハッピーメールワクワクメールなどの出会い系のサイトを通じて出会った体験を元に傾向をまとめたものです。これまで実際に出会えた女性に関しては、写メ交換の際に顔の一部を隠していたり、写メ画像自体をプロフィールに投稿していないことが多いなどの特徴が見られました。
  5. 第5位
    キャッシュバッカーに騙された!
    出会える系のサイトを利用していて困るのは、キャッシュバッカーの存在です。中には、ワクワクメールやラブサーチのようにキャッシュバック制度がなく安全性が高いサイトもありますが、他の多くの出会い系にはキャッシュバッカーがいると推測されます。それらのサイトを通じて実際に騙された体験をまとめた記事が第5位です。
  6. 第6位
    PCMAXの『裏プロフィール検索』を使うと女性の本音から出会える相手を探すことができる
    PCMAXはここ最近、個人的な評価が上昇中の出会い系ですが、PCMAXでより効率よく好みのタイプの女性と出会うためのひとつの方法が、『裏プロフィール検索』を利用するということです。『裏プロフィール検索』では、通常のプロフィールでは窺い知れない女性の本音が書かれているので相手の本心を知った上で選ぶことができるというメリットがあります。
  7. 第7位
    出会い系サイトでの写メ交換の方法と注意点
    初メールでいきなり写メを要求してくる女性に関する注意点などについてまとめた記事。出会い系のサイトを利用している女性の中には、無料で利用できることを悪用する様々な悪質ユーザーが潜んでいますが、初メールでいきなり写メ画像を送るよう要求してくる女性に関しても業者である可能性があるので注意しなければなりません。被害を防ぐためには、『男性の写メ画像を収集する目的のサクラ出会い系業者』である可能性を疑いつつ、慎重に写メ交換をするのがポイントです。
  8. 第8位
    まじめな出会いを目的に出会い系サイトを利用する人へのアドバイス
    出会える系のサイトにおいては、どの出会い系を利用しても基本的にはまじめな出会いができますが、気軽な関係や大人の出会いを目的とした利用者の方が圧倒的に多いので、真剣な恋愛をすることを目的としている人はラブサーチなどの真面目な出会い専用のサイトを利用する方がいいという内容の記事です。
  9. 第9位
    出会い系に援交・デリヘル業者が多い問題
    この記事は、僕が出会い系を普段利用していてよく感じることを愚痴としてこぼしたような内容の記事ですが、サクラがいない出会い系の最大の問題点は、援助交際希望者や風俗業者などの金銭と引き換えに会うことを求める利用者の存在です。これらの利用者が一刻も早くいなくなってもらいたいという願望を多くの男性利用者が共有してくれたということでしょう。
  10. 第10位
    メールを送ってはいけない女性(風俗業者)の特徴
    寂しさを紛らわすために出会い系に登録したという女性は風俗業者である場合が多いので十分気をつけましょう。9位の風俗業者と絡むことですが、出会い系のサイト内には、既婚者の女性が少なからずいます。もちろん、中には一般の既婚女性も含まれていますが、風俗業者であることが多いのが実態です。そうした女性利用者が男性の気を惹く手口の一つとして用いるのが『寂しさのアピール』です。この特徴が見られる女性利用者に関しては、風俗業者である可能性も非常に高いので注意しましょう。

いかがでしたでしょうか?

出会い系のサイト評価記事ばかりでは利用者の関心がどういった点にあるのかが見えづらいですが、このようにブログ記事だけに絞ることで出会い系ユーザーの興味がどこにあるかをより明確に知ることができますね。この企画は今回が初めてですが、来月以降を行っていこうと思っていますのでぜひ楽しみにしておいてください。