ランキング毎月恒例の前月度に最も多く読まれた記事をランキング形式で紹介します。今月は、2013年11月に最も読まれた記事のランキングです。

※例によって、TOPページ出会い系比較ランキングのページはこのランキングには含めていません。

では、ランキングスタートです。

  1. 第1位
    既婚者や中高年者でも安全な出会い系サイトとは?
    出会い系サイトに新たな出会いのきっかけを求める中高年層の人は年々増加の一途を辿っていますが、出会い系の実態に関する知識に乏しい人も少なくないため悪質なサイトに登録して被害に遭う人も多いです。シニア世代・中高年者が出会い系を利用する際には、安全な出会い系サイトとはどんなタイプのサイトかということをしっかりと理解した上で登録するサイトを選ぶようにしなければいけません。
  2. 第2位
    Jメールの体験談と評価・評判
    先月当サイトで評価している出会い系サイトの中で最も読まれた評価記事がJメールに関するものでした。Jメールで女性と出会うコツは『アダルト掲示板』ではなく『メル友掲示板』を使うということ、そしてイチオシ★サーチ機能を上手に使うということです。
  3. 第3位
    ハッピーメールの体験談と評価・評判
    ハッピーメールは、僕が最も出会えている出会い系サイトです。プロフが無料で見れることやクレジット決済も少額から利用できるので他のサイトよりもポイント消費が少なくて済みますし、普通の女性利用者を探しやすいと感じています。出会い系初心者に選んでもらいたいタイプのサイトと評価できると思います。
  4. 第4位
    YYC(ワイワイシー)の体験談と評価・評判
    2013年10月にmixiがlivedoorの運営法人LINE株式会社から事業買収したYYC(ワイワイシー)YYC(ワイワイシー)は出会えるサイトという優れた一面以外にも、悪質な風俗業者に悪用されるケースが多いというマイナス面もありますので利用する際は、女性利用者を慎重に見極めてしっかりと評価を行うということが攻略に欠かせません。
  5. 第5位
    ワクワクメールの体験談と評価・評判
    キャッシュバッカーがいないことでさまざまな出会い系情報サイトにおいても高く評価されることの多いワクワクメールで出会うためのポイントは非常にシンプルです。大人の出会いを強調し過ぎる業者を的確に見極めて普通っぽいプロフィールや投稿をしている女性を選ぶというのが出会うコツです。
  6. 第6位
    イククルの体験談と評価・評判
    イククルは出会える系の出会い系の中でも最古参の部類に入るサイトです。登録者数は出会い系で最大とも言える600万人を超えているので地方でも出会えることが多いと評価できるおすすめサイトです。イククルを利用することを検討している人は、登録方法を参考にしてください。
  7. 第7位
    PCMAXの体験談と評価・評判
    大人の出会いができる確率が高いこともあって個人的に一押しサイトと評価しているPCMAX。PCMAXの普通の女性利用者はeggなどのギャル系雑誌に掲載される募集広告を見て登録している人が多いです。したがって、PCMAX内で多数見かける30代の女性などは風俗業者の可能性が高いと考えられるので注意しましょう。
  8. 第8位
    ASOBOのの体験談と評価・評判
    出会える系の出会い系サイトとしては知名度や利用者数が低めのASOBO。ただ、その分利用者について言えるのはコアなユーザーが多いということです。また、男性間の競争率が他に比べて低いという面もあるので使い方次第でうまく出会えるチャンスのあるサイトの評価することができます。
  9. 第9位
    キャッシュバッカーの特徴と手口
    サクラがいない出会える出会い系サイトを利用する上で、悪徳業者と並んで最も厄介な存在のひとつと言えるのがキャッシュバッカーです。初めて出会える系のサイトを利用する人はその存在自体を知らないことも多く、また業者らと違い普通の女性との見分けがつきにくいという問題もあります。騙されないためにもキャッシュバッカーがどういう存在でどんな特徴があるのかということを理解し、対策法をしっかりと身につけて出会い系攻略に臨むようにしましょう。
  10. 第10位
    出会い系サイトでのメアドの聞き方
    出会い系サイトで女性にメールアドレスを教えてもらうことができれば十中八九出会えるということになりますが、メアド交換を申し込んでもうまくいかない場合も多いです。その要因には、相手の女性が業者などである場合が多いということもありますが、普通の女性が相手でも不躾な聞き方をすることで敬遠されるというケースもあります。出会い系攻略の成功率を高めるためにもぜひ参考にしてもらいたい記事です。