出会い系でのメール交換出会い系で知り合ったメル友と直アドや写メの交換や会うタイミングに関する注意点について解説します。メル友とは関係が長くなると、突然連絡が途絶えるなどフェードアウトされる場合もあるので、タイミングを見定めて直メや写メを交換しておくのが望ましいです。


メル友と突然連絡が取れなくなるケース

出会い系サイトを利用していると、当初はそんなつもりはなくても、知り合った人と会うタイミングなどが合わずにいつの間にかメル友状態になっている場合というのもたまにあるものです。メールをし始めてからある程度の時間が経過したメル友とは、比較的問題なく出会えることが多いものの、中には注意すべきケースもあります。

僕もこれまでに長いことメールをしていたメル友とメールアドレスと写メを交換した後に一切連絡が取れなくなるという残念極まりない体験をしたことがあります。

メル友とメールをしていた期間は数日や数週間といったレベルではありません。今年の年頭以来数か月にも渡ってメールを交わしていたにも関わらず突然連絡が取れなくなってしまうという目に遭ってしまったのです。一瞬キャッシュバッカーの可能性も疑いましたが、直アドでのメールもしばらくの間普通にしていたのでその可能性は無さそうでした。

しかし、メル友と連絡が突然途絶えることはタイミングを問わずあり得ることのようです。

他にも、知り合ってメールでの関係が長くなったメル友といざ会おうという時になって写メ交換をすると、自分が相手の好みのタイプに該当しなかった場合などは連絡が途絶えてしまうことがあるためです。これまで僕もそういう人に2人ほど遭遇したことがあります。

出会い系サイトで知り合ったメル友とはメールでの関係しかありませんが、それが却って思い入れを増大させるのか、写メ交換後に連絡が途絶えるとなんとも言えないショックを受けるものです。

メル友が実は業者であったという可能性

写メ交換後やメルアド交換後に連絡が途絶えると言えば、すぐに思いつくのはメールアドレスや写メの収集を目的として業者の存在ですが、それを疑うのは早計かもしれません。

メールアドレス回収業者の場合はできるだけ効率よくたくさんの人のメアドを集めようとするものなので、特定の人と長期間に渡って数十回もメールをした上でメアドを回収するということは通常であれば考えにくいことです。特定の人とそれだけたくさんの回数メールをすればするだけ、効率が悪くなるためです。

実際、ハッピーメールで僕がメアド回収業者と思われる悪質な利用者に騙された時もメアド交換出会い系サイトでのメアドの聞き方・アドレス交換方法のタイミングは、メールをし始めてから数通目でしたし、数十回もメール交換した相手がメアド回収業者であったことはこれまでのところ今まで一度もありません。

切られた可能性の方が高い

したがって、最も可能性が高いのは、単純に関係が何らかの理由によって切られたということです。相手の人が他の人と出会ったことでこちらに対する興味がなくなったなどの可能性が高いと考える方がむしろ自然です。

出会い系では、特に女性利用者の場合は同時に複数の男性からのアプローチメールを受け取ります。女性の多くは始めにメールをもらった人から順にメールをするというように、男性と違って同時にいろいろな人とメールをするということはあまりありませんが、それでも数十回にも渡ってメールをしていれば、より多くの男性からのアプローチメールを受け取ることになるわけですから、その中により好みの男性がいた場合、そちらを優先してしまうということも十分あり得るわけです。

メル友とメール交換する際に心掛けるべきこと

僕がこれらの失敗を経験して感じたのは、次のようなことです。

  1. “つながり”を過剰に信頼しない
  2. 写メは早めに交換しておく
  3. 会うことを考えるなら早めに会っておく

“つながり”を過剰に信頼しない

この体験を通じて僕が身に染みて感じたのは、実際に会ったことがないメル友との絆というか心のつながりは、こちらが思う程強くはないということです。考えてみれば当たり前でもあるわけですが、出会い系で知り合ったメル友とはバーチャルな関係であるが故に思い入れが自分でも知らないうちに強くなってしまうものです。それによって、勝手にメル友との繋がりは強いと勘違いしてしまうわけですが、実際には『所詮、メル友はメル友に過ぎない』と割り切った感じで思われているのではないかと感じました。

特に、今回のようにメアドも交換して写メも交換して、それで連絡が途絶えるということは、気持ち的なものはほとんどなかったと考えられます。もしくは、僕とメールをしている間にもっと自分の好みのタイプの男性と出会ってしまったということも考えられるかもしれません。

写メは早めに交換しておく

関係が長くなったメル友と写メを交換する場合は、メールを送信する前にお互いにもしも好みのタイプでなかった場合にどうするか、その対応について決めておくようにした方がいいですが、より望ましいのは、早めに写メ交換をしておくということです。

メル友同士が写メ交換後に一方的に連絡を絶つと、感情が少しでも入っていることから思わぬトラブルに発展しないとも限りません。利用者同士のトラブルについては、男女の感情のもつれが要因となるのでいつどんなタイミングで大きなトラブルや問題に発展するか分からないという面があります。

写メ交換後にどう断るかということやどうフェードアウトしていくかということを考えるよりも、早めに写メ交換しておいた方がいろいろな意味でダメージが少なくて済みます。もし、直アドを交換しないままサイト内メールでメル友関係を続けていて、写メ交換した後に連絡が途絶えるということになれば精神的なこともそうですが、メール交換に要したポイント代も無駄になってしまいます。

そういった様々な面での痛手を受けないためにも、写メ交換に関してはメールをし始めてから早いタイミングで交換しておくと無駄なく効率的に出会い探しができるということになります。

会うことを考えるなら早めに会っておく

出会い系では、メール交換をし始めた段階が一番お互いのテンションが高まるタイミングでメール交換を続けていくうちに徐々にテンションが落ち着いていくものです。したがって、メール交換から5通目~10通目程度の段階が最も会う話を持ち出すのに最適なタイミングであることが多いですが、それ以上長くなると徐々に冷静さを取り戻すとともに、そのタイミングで他の人からのメールをもらうとそちらの方が新鮮に感じられる分、こちらが切られてしまう可能性も出てきます。

ですから、せっかくの出会うチャンスを逃さないためにもできる限りテンポよくスムーズに会う約束をする段階まで話を展開させていくということが大切です。次から次にいろいろな男性からアプローチメールを受け取る女性と出会うためには、タイミングとテンポが大切だというわけです。

知り合ったメル友とゆくゆく会うことを考えているという人はこういったケースもあるということを踏まえて、会う話を切り出すことを考えた方がいいかもしれません。

※関連記事