ワクワクメールのサイトイメージワクワクメールは『an・an』や『小悪魔ageha』『Fine』などの有名雑誌に登録者募集広告を掲載しています。これらの雑誌やファッション誌は出版部数が非常に多く、それぞれの雑誌ごとに購読者層が異なるためワクワクメールには出会い系でも比較的多くの女性が集まりやすいので出会える確率も高いです。


積極的な女性登録者の募集活動

出会い系のサイト・アプリの中でも最も出会えると評判の ワクワクメール はサクラもキャッシュバッカーもいないことが出会える確率が高い要因となっていますが、それ以外にも、女性登録者の募集広告を積極的に展開している点も高く評価できます。

ワクワクメールは2001年オープンの老舗サイトでキャッシュバッカーがいないという安全性の高さとポイント制の出会い系の中でも最も低い料金設定を売りに人気度を高めてきました。現在のユーザー数は400万人を超えていて、毎日のべ1,000万人が利用するという巨大コミュニティに成長しています。400万人というと膨大な人数ですが、いったいどうやって登録者を集めているのか気になるところですが、その方法の一部が分かりましたので紹介したいと思います。

『ワクワクメール』が女性募集の広告を掲載している雑誌

出会い系の登録者募集については特に女性をどうやって集めているのかは、僕たち男性ユーザーにとっては大変気になる部分です。その方法次第で女性の性質や性格など傾向が変わってくるからです。どういうことに興味のある女性をターゲットにしているのかは、サイトで出会える女性のタイプに直結する要素なのでぜひとも知っておきたいところです。

ワクワクメールが、主にターゲットにしているのは20代の女性のようです。そこで今時の20代の女性に人気のある雑誌に募集広告をたくさん出稿しているようです。ワクワクメールのサイト広告を出している雑誌には主に次のようなものがあるようです。

  • 小悪魔ageha
  • BLENDA
  • egg
  • Fine
  • huppie nuts
  • JELLY
  • KATY
  • ranzuki
  • an・an

赤文字の雑誌に関しては僕もコンビニや本屋さんで見たことがある、知った名前の雑誌でした。中でも『an・an』については、言うまでもなく有名すぎるほど名の知られた雑誌ですね。他にも『小悪魔ageha』や『egg』『Fine』なども有名です。

30代後半のアラフォーの僕が知っているぐらいですから20代女性の間では知らない人がいないというぐらい有名であろうことは想像に難くありませんw

雑誌の種類から推測すると、購読者の好みやタイプも一般的なイメージのOLさんからギャル系の女性など非常に幅広いことが分かります。ワクワクメールは僕も実際に出会えたサイトですが、その人もたしかにan・anを読んでいそうな人でした。

どのサイトに登録するか出会い系を選ぶ際は、こうした“女性登録者の募集広告がどういった雑誌やメディアに掲載されているのか”という点から分析・評価を行って好みのタイプの女性がいそうなサイトを選ぶというのもいいかもしれません。

他のサイトについても情報が入り次第このブログで随時紹介していきたいと思います。

ワクワクメールで出会ってみる»

このリンクについて

以下に含まれる外部サイトへのリンクは広告としての機能も有しています。
詳しくは『広告リンクについて』をご覧ください。
広告宣伝のために虚偽の情報を掲載することはありませんのでご安心ください。

※関連記事