写メ画像以前の出会い系サイトの状況とは異なり、最近ではプロフィールの写メ画像をプリクラで撮影した画像にする利用者が増加しています。プリクラの画像に関しては、写メよりも実物との違いが大きく実際に出会ってみるとがっかりさせられてしまうということも少なくありません。

そこで、この記事ではプリクラの写真画像と実物を見極める方法、プリクラの画像を用いて一般の利用者を騙そうとする業者の実態について解説します。


写メの代わりにプリクラの画像が使われる理由

女性利用者が普通の写メの代わりにプリクラで撮影した写真画像を好んで用いる理由は、主に以下の三つです。

  1. 実物よりも可愛く、キレイに見せることができる
  2. 知人や友人に顔バレするリスクを低減することができる
  3. 撮影した写真画像の携帯への取り込みが簡単

実物よりも可愛く、キレイに見せることができる

プリクラで撮影した写真画像を女性が投稿するメリットは、目を大きく見せることができたりするなど実物よりも可愛く、キレイに自分を見せることができる点にあります。最近のプリクラでは、顔を細く見せたりすることができたり、肌のトーンを変えることができたりするなど加工できる幅が大きく広がっています。実際に僕がこれまでに出会った女性の中にはこういった理由から写メをプリクラの画像にしている人がいました。

知人や友人に顔バレするリスクを低減することができる

また、もう一つは、プリクラの画像が実物とは異なることから顔バレせずに済むという理由があります。出会える系のサイトには、数百万人単位で非常に多くの登録者・利用者がいます。もしかしたらその中には自分の知り合いや友人などの身近な人が含まれているかもしれません。そうした状況下では、プロフィールの写メを公開設定していると出会い系サイトを利用していることが知られてしまうリスクがあります。

出会い系サイトの利用に関しては、僕自身は別段恥ずかしさなどはまったく感じませんし、感じる必要もないと考えていますが、利用者(特に女性)の中には出会い系に登録して利用していることをできれば誰にも知られたくないと考える人が少なくありません。そういった観点から、顔バレしてしまうのを防ぐ意味でプリクラの画像をプロフ写真として設定する女性も多いというわけです。

撮影した写真画像の携帯への取り込みが簡単

さらに、最近のプリクラ機器の中には、撮影した写真画像を携帯に直接送ることができるようになっているものもあります。つまり、携帯への撮影データの取り込みが簡単になった分、出会い系など他の用途にも使いやすくなっているというのもプリクラの画像をプロフ写真として設定する人が増加している要因として考えられます。

実物との違いが大きいプリクラの画像

これらのことにより、プリクラの画像と実物には大きな違いがある可能性が必然的に高くなります。僕が過去にハッピーメールで出会った女性にもプリクラの画像を使用している人がいました。会う前にプリクラの画像を見たときはびっくりするぐらい可愛く見えたものですが、会ってみて思ったのは、プリクラの写真画像は実物とはかけ離れたものだったということです。

僕の15年以上前の古い記憶では、プリクラの写真といってもデジカメで撮ったような写真との違いはあまりないという印象がありました。しかし、最近のプリクラの機能の進化は目を見張るものがあり、目を大きくしたりするなどの加工はごく簡単にできてしまいます。

つまり、それだけ実物よりも可愛く見せたり、個人の特定ができないように加工し、実物と異なるように見せることができるということであり、プリクラの画像をプロフィール写真として設定している女性については、あまり期待し過ぎない方がいいというのが僕が体験を通じて感じたことです。

プリクラの画像と実物を適切に見極めるポイント

これらのことを踏まえた上で、プリクラの画像なのか実物を正確に写した写メなのかを見極める際は不自然な点に着目するのがコツです。

出会い系の女性利用者がプリクラの画像を好んでプロフ写真に設定する理由である『実際よりも可愛く見せることができる』という点に着目すれば、たとえば目が不自然に大きく写っている写真画像などは実物とは違うと判断することができますし、肌があまりにもキレイな写真に関しては普通の写メではなくプリクラで撮影したものである可能性が高いと判断することができるでしょう。

また、プリクラは性質上ブースとなっているので、背景が携帯の写メで撮影した場合に比べて不自然なものになりがちです。したがって、写真そのものではなく背景に着目することでも実物の写メかどうかを見極めることができるというわけです。

出会い系サイトにおいて、会うかどうかを決定する要因のひとつが写メ画像ですが、プリクラの画像の場合は判断が難しい場合も少なくありません。相手の人が自分の好みのタイプなのかどうかについて適切に判断し評価が下せるように、これらのこと意識しながら写メを見極めるようにしましょう。

プリクラを使う悪質な業者に騙されない

一般の利用者が掲載するプリクラの画像の見極めも大切ですが、出会い系サイトにはプリクラの画像を掲載することでより効率よく一般の利用者を騙そうとする出会い系の業者も多いので注意が必要です。女性としてだけでなく男性として登録しプリクラの画像を用いる場合もあるので、男性のみならず女性も警戒する必要があります。

釣り画像として使用される場合もある

キャッシュバッカーは、プリクラの画像を使う典型的な悪質ユーザーです。それには、以下のような理由があります。

  • プロフ画像がある方が男性の気を惹きやすい
  • プリクラの画像はネット上に無数にあるため簡単に盗用できてしまう

僕ら男性利用者は、出会い系サイトで女性を探す際に写メの有無や写メを見て好みのタイプかどうかをメールを送る際の判断基準にすることが多いです。プロフ写メが掲載されているほどメールを送る確率が高くなりますし、それが好みのタイプに当てはまるものであればなおさらメールを送りたくなるものです。

また、プリクラの画像はネット上を検索すればいくらでも出てくるので勝手に盗用しやすいという面もあります。

男性にとって判断が難しいのは、プリクラの画像を掲載している女性はキャッシュバッカーの可能性があるということですべて無視してしまうと、プリクラの画像を載せている普通の女性との出会いのチャンスをも失うことになる可能性があるということです。ただ、解決策がないわけではありません。

解決策のひとつは、キャッシュバッカーがいないサイトを使うということです。たとえば、ワクワクメールやラブサーチには女性向けのキャッシュバックシステムがなく、プリクラの画像を掲載している女性に騙されるリスクがありませんので、純粋に好みかどうかという視点から女性の見極めをすることができます。

また、多少ポイントを無駄にするのを覚悟の上で何回かメールをしてみて相手の様子を探る、というのもひとつの方法です。この方法は実際僕が女性を見極める際に使っているやり方でもあります。何回かメールをしてみてメアド交換してもらえないようであればキャッシュバッカーと判断して切ることでポイントの無駄を最小限に抑えられるようにしています。

男性がプリクラの画像を使うことはない

男性の中にもプリクラの画像を自分の写真として載せているユーザーがたまにいますが、そういった男性利用者は女性を他のサイトへと誘導したり、メールアドレスを聞き出して広告メールの宛先として悪用する意図を持った業者である可能性があります。

一般的に、出会い系サイトを利用する普通の男性はプロフィール写真にプリクラの画像を掲載することはほとんどありません。出会い系の男性利用者の中で多いのは30代前後の男性です。これらの男性は、普段プリクラを撮影することはまずありませんのでプリクラの画像自体を所有している可能性が少ないということです。スマホアプリなどの写メ画像を加工してプロフ写真として掲載する人が男性の中にもいることは、過去に出会った女性から直接聞いたことがあるので、そういう男性がいることは事実ですが、プリクラの画像を掲載している男性と会ったことがあるという話は聞いたことがありません。

つまり、それだけ普通の男性がプリクラの画像を使うことは少ないということ、そしてプリクラの画像を掲載している男性は業者であることが強く疑われるということです。

※関連記事