トラブルへの対処法悪質業者に外部サイトに誘導され登録してしまった場合は、一切のメールを無視するなどして対処しましょう。サクラ出会い系などの悪質サイトに誘導され登録してしまったとしても、サクラメールが大量に送信されてくる可能性は高いですが、メールを無視することで実害の発生を防ぐことができます。


サクラ出会い系へと誘導しようとする業者の存在

利用している出会い系サイトから他のサイトへと誘導され登録してしまうという被害については、無料出会い系サイトからサクラしかいない高額な有料サイトへの誘導されるというケースが一般的には広く知られていますが、安全な出会い系サイトにおいても外部の悪徳詐欺サイトなどへと誘導しようとする業者の存在は確認されています。

利用者を騙して不正に料金を搾取する悪質な出会い系サイトが多い状況にあって、出会える系のサイトはサクラがいない分安全性が高く優良と評価することができますが、そんな安全性の高い出会い系サイトにおいても危険性はあるものです。キャッシュバッカーや風俗業者、メールアドレスを回収する業者らとともに直接的に自らが運営するサクラ出会い系へと誘導しようとする悪徳業者といった存在はサクラがいない安全な出会い系における危険性を高める主たる要因となっています。

登録してもメールなどを一切無視すれば問題ない

他サイトへの誘導を画策する悪徳業者に騙され、登録してしまった場合の対処法は、基本的に一切の連絡を取らずに無視するという点につきます。安全で優良な出会い系サイトを利用している人の中には、それに慣れてしまっているために、たとえ悪徳業者でもメールなどで連絡をすれば登録を解除し退会手続きをしてもらえるものと考える人もいるようですが、それは“飛んで火に入る夏の虫”のような扱いをされるだけになるだけのでしない方がいいです。登録解除やメール送信拒否の連絡をしてもサクラ詐欺などを行う悪徳業者からは、連絡がある=騙しのカモとして有望と評価されてしまい、さらに迷惑メールが送られてくるという状況に陥ることが濃厚なので一切のコンタクトを絶つということに限ります。

怪しいと思われる人には自分から先にメアドを教えない

そのような事態には誰でも陥りたくはないものです。いくら無視すれば実害が発生することはないとはいえ、たとえばプライベートで使用する携帯のメアドに毎日何通もの迷惑メールが届くのは不愉快ですし、ストレスにもなってしまいます。できれば、そうならないように次善の策を講じるに越したことはありません。

ですので、出会い系サイトを利用する場合は、安全性がいくら高いサイトと言えどもここに挙げたような悪質な利用者がサイト内には少なからずいるということを理解し、その上でメールアドレスを相手構わず教えるようなことはせずにしっかりと相手のことを評価した上で慎重に検討するということが不可欠ですし、大して会話もしていないにも関わらずあまりにも簡単にメアドを聞いてくるような怪しい人に関しては、自分から先にアドレスを教えるのではなく、相手から先に教えてもらうように頼んでみるなど利用法を工夫することが求められます。

※関連記事