メールアドレス交換出会い系サイトのユーザーの方から寄せられる声の中に、“直メを教えたのにメールが返ってこないということがある”というものがあります。これは僕自身も体験したことがありますが、これには主に二つのケースが考えられます。


メアド収集業者に騙された可能性

まず、最も疑わなければならないのはメアド収集目的で女性に成りすまして登録し、サイトを悪用する業者に騙された可能性についてです。出会い系を使っている際にメールアドレス交換後のタイミングで連絡が途絶える場合のほとんどは、このパターンに該当します。僕もこれまでに何度かこのパターンの被害に遭ったことがあります。酷い時には、スパムメール(迷惑メール)が大量に送られてくるようになったこともあるのでみなさんも注意してください。

この被害に遭わないために特に気をつけなければいけないのは、“最初からメールアドレスを聞いてくる女性”です。もし、これに該当する女性からメールを受信した場合には、プロフィール・コメントや掲示板への投稿(書き込み)などから慎重に業者ではないかどうかを評価する必要があります。

特にこのところ、サイトにログインした直後の不特定多数の男性利用者に対して直アド交換をもちかけるメールを送る業者や、アプローチメールでいきなり直メを送りつけ男性に直アドからの返信を促す業者が増えているので安易に返信メールを送ったり、直メを教えたりすることがないように注意してください。

※関連記事

キャッシュバッカーに騙された可能性

また、何回もメールの交換をしていたにも関わらず直メを教えたらメールが返ってこなくなった、という場合にはメアド収集業者ではなく、キャッシュバッカーに騙された可能性を疑わなければいけません。キャッシュバッカーは、より多くの回数のサイト内メールを交換することでポイントを稼ぎ、それを換金することを目的としているわけですが、その性質上直メ交換時に連絡が途絶えることがほとんどです。

こちらが出会える女性であると評価しじっくりとサイト内メールで会話を重ねた上で、直メ交換を持ちかけると、「アドレスを教えて」と言われ、教えるとそこで途絶えるというパターンが多いです。直メ交換を申し込んだ際にメールが途絶えるのではなく、わざわざアドレスをこちらから送らせた上で連絡を絶つという点からも最後の最後までできる限りポイントを搾り取るというキャッシュバッカーの悪質性が際立つパターンの被害です。

※関連記事

深追いしても時間の無駄になるだけ、素早く切り替えて別の人を探す

これらの二つのパターンの被害に遭うケース以外にも、一般の女性とのメールのやり取りにおいても直メ交換交換後にメールが返ってこなくなるということはたまにありますが、いずれにしても理解しておかなければいけないのは、その女性と出会える可能性はほとんどない、ということです。

出会い系サイトでメールのやり取りしている女性については、会うことに対する期待値も高くなるものですし、連絡が途絶えれば深追いしたくなるものですが、実際には追いかけてもそえが実を結んで出会いにつながるということはほとんどありません。

ですから、こういう場面に遭遇した場合には、素早く見切りをつけて別の人を探すというようにした方がよっぽど効率がいいということを憶えておきましょう。


※なお、相手が普通の女性である場合には、メールアドレスを教えればそう時間を置かずに直メが返ってきてスムーズに出会えるのが一般的です。したがって、アドレスを教えたにも関わらずメールが来ないなどの不自然なことが起きた場合には、被害に遭った可能性を第一に考えるようにしましょう。

※関連記事