注意事項ハッピーメールやJメールなどの出会い系でアドレスやLINEの交換を渋る女性はキャッシュバッカー(CB)の可能性が高いです。男性とサイト内メールを何回もやり取りすることでポイント稼ぎをするCBは、直メやLINEのIDなど連絡先の交換を拒否してメールを引き延ばそうとします。


一般の女性と見分けるのが難しいキャッシュバッカー

ポイント制の出会い系にはメアド交換を慎重にしたいという言葉で男性利用者を騙すキャッシュバッカーもいるので、僕ら男性利用者はメールのやり取りをしている相手の女性をしっかりと見極めないとポイントを無駄に消費をしてしまう危険性があります。

メールをしている相手の女性がキャッシュバッカーかどうかを見極める方法としては、サイト内での投稿履歴やログイン頻度などを詳しく追跡するというやり方がありますが、中には一般の女性利用者と同じように振る舞うキャッシュバッカーもいるので簡単には見分けられない場合があります。

特に、頻繁にログインするわけでもなく、投稿もほとんどしていないというキャッシュバッカーの女性は普通の女性とほとんど見分けがつきません。普通の女性利用者にも慎重に相手を見極めてからメールアドレスを交換する女性が少なくないのでプロフィールやメールのやり取り内容だけでは見極めることが難しいのです。こういう女性利用者がメールの相手であった場合は、メアド交換する段階にならないと相手がキャッシュバッカーであることが判明しないことが多いです。

キャッシュバッカーと出会える女性の決定的な違い

ですが、だからと言って決して男性は無策であるというわけでもありません。

プロフィールやサイト内での活動履歴から比較的容易に判別できるタイプでない、一般の女性利用者と間違えやすい紛らわしいキャッシュバッカーといっても、キャッシュバッカーであるが故に越えられない壁があるからです。

それは、決してメールアドレスの交換ができない(しない)、ということです。

キャッシュバッカーである以上、その目的を最大限に達成するためにはメアド交換には応じることができません。メアド交換をしてしまうと、その相手の男性とは直メでやり取りをしなければならなくなってしまい、ポイント稼ぎができなくなってしまうためです。この点が、出会える一般の女性利用者との一番の決定的な違いです。

メールアドレスの交換を男性から持ちかけられても「メアド交換は慎重にしたい」などという言い訳をすることが必然的に多くなります。実際に僕も、愛用しているハッピーメールでアドレス交換を申し込んだ女性から、このそのような趣旨の“言い訳”によってメールの回数を引き延ばされたことが何度もあります。

反対に、出会うことを目的にしている女性の場合は、メアド交換には慎重になる傾向があるものの、実際には「メアド交換は慎重にしたい」ということを言葉に出して言うことはほとんどありません。わざわざ口にしなくても、メアド交換したくない時はその男性とのメールのやり取り自体を中止する人の方が圧倒的に多いですし、いざ待ち合わせをするとなれば事前にメールアドレスを教えてくれる人ばかりです。会う時になっても連絡先を教えてもらえないということはよほどのことがない限りありません。

もしメール交換している女性が、待ち合わせの約束はしてくれるにも関わらず、連絡先は頑なに教えてくれない場合は、キャッシュバッカーと踏んでまず間違いありません。いくら、写メ画像がプロフィールに掲載されていたり、信頼できそうな人であったりしても簡単に信用してしまうと、それこそ相手の思う壺です。

特に、相手の女性が自分の理想のタイプに近い人である場合は、男性の心理として“もしかしたら出会えるかもしれない”という思いから可能性を捨てきれずに相手の言うがままに行動し、結果として騙されてしまうことも多いので注意しなけばいけません。(事実、僕自身がこのパターンで騙されるという苦い体験をしたので間違いありませんw)

会う約束をする前に必ずメアド交換をしておくというのがキャッシュバッカーに騙されないための鉄則です。

フリメアドレスすらも教えない女性は確実に出会えない

出会い系でメアドやLINEのIDを交換する時、携帯のメールアドレスは教えないけれどもフリーメールのアドレスであれば教えるという女性もいます。フリーメールのアドレスでも、交換することができればその女性はキャッシュバッカーではないと評価することができるわけですから、いくらかは騙される可能性が低くなりますし運が良ければ会うことができます。

しかし、フリメのアドレスすらも教えない、教えたくないということになれば、その女性がキャッシュバッカーである可能性を否定できません。待ち合わせをするにもすっぽかされることへの懸念もあるのでメールを続けることを止めることも選択肢に入れなければいけないでしょう。女性にとってどこの誰であるかを特定することが限りなく難しく、すぐにアカウントを捨てることができるフリーメールのアドレスを教えることにはリスクらしいリスクはありません。ですから、会う意思があるのであればせめてフリメアドレスだけでも教えるというのはごく当たり前のことです。

フリメアドレスすらも教えないという女性は、そもそも男性と出会う意思がない、あるいはキャッシュバッカーであると判断することができるのです。

普通に男性と会うことを目的とした女性であればフリメアドレスの交換を躊躇う理由はほとんどありません。それにも関わらず、フリーメールのアドレスの交換すらも拒むということは、言い換えればサイト内のメールでやり取りをする必要がその人にあるということになります。つまり、男性からのサイト内メールの受信によってポイントを稼ぐことを目的としたキャッシュバッカーである可能性が非常に高いということになります。

キャッシュバッカーに騙されずに出会う方法のまとめ

出会える系の出会い系では、女性と会える時は不自然な印象を抱くことなくスムーズに出会えるものです。反対に出会えない場合は、フリメのアドレスですら教えてもらえないなど、メールのやり取りをしている最中にいちいちひっかかるようなことがあるものです。女性とメールのやり取りをする時、不自然な部分がないかどうかに気をつけるていると見分けやすいです。

また、そもそもの話として、キャッシュバッカー(CB)がいない出会い系、たとえばワクワクメールラブサーチに登録することも、キャッシュバッカーに騙される危険性を避けるおすすめの方法です。

※出会い系でのアドレス交換に関する記事