コラム僕や読者のみなさんの大半を占めると思われるすでに出会い系サイトを利用している人にって出会い系とは、自分の楽しみのために使うごく当たり前のツールとして生活に馴染んでいることと思いますが、世間一般的な感覚ではどのように捉えられているでしょうか?この記事では、出会い系サイトが出会いがない人にとっての出会いの場としてどれほど効果的に機能しているのか、世間ではどのように評価されているのかについて改めて考察したいと思います。


変わりつつある他者とのつながり方

人々のライフスタイルが企業や組織にプライオリティを置いた姿から個人のプライベートを優先するような姿へと変わってきたこともあって、他者との人間関係やつながりを積極的に持とうとしない人が増えていると言われています。その反面、ネット上においてはFacebookやTwitterをはじめとしたSNSを通じて他者とのつながりを持とうとする人は年々増加しています。このことから言えるのは、人間関係が希薄になったというわけでは決してなく、人間関係(特にプライベートな)の構築方法が以前とは異なるものへと変わりつつあるということです。

“当たり前”にはなっていないオンラインでの出会い探し

SNSなどのオンライン上で異性との出会いの機会があれば出会いがないという人は少ないはずですが、実際には出会いがないという人が数多くいます。このことが示唆しているのは、SNS上での出会いは必ずしも恋人や彼氏など恋愛のパートナー探しという意味で機能しているわけではなく、あくまでオンライン上に限定したつながりの場として利用している人が多いということです。

つまり、オンライン上での出会い探しは、職場や飲み会といったオフラインでの一般的な出会いほど“当たり前”のものとして定着しているとは言えないということです。

普及段階にあるオンラインでの出会い探し

ただし、オンラインでの出会いが異性との恋愛関係構築などの出会いの場としてまったく機能していないわけではありません。婚活サイトが増加していることや出会い系サイトを利用する女性が増加していることから言えるのは、ネット上の出会いサービスを異性との出会いの場として活用する人が徐々にではあるものの増えつつあるということ、オンラインでの出会い探しというライフスタイルがようやく人々の生活に根付き始めているということです。

その意味では、ネットを利用した出会い探しは未だ普及段階の途上にあるということが言えるでしょう。

出会い系サイトに対するの世間一般の評価

こうした社会的な背景事情もあって現在のところ、出会い系サイトはネットを利用した出会いの場としての機能こそ備えているものの、その代表的なツール・ポピュラーなサービスとして評価されているとは言えません。まだまだ、オンラインでの出会い探しが生活に密着したものとなっていないということもあって、出会い系サイトは世間一般的には、興味や関心を持つ特定の人だけが利用するものと考えられています。真っ当な出会いの場としての評価はまだ受けていないということです。

出会い系サイトを利用している人の中には、すでに真っ当な出会いの場として活用している人もいますが、そうした人は社会全体から見ればまだごく一部に過ぎないというわけです。

改善の余地が多い出会い系サイトの現状

出会い系サイトが世間一般から真っ当な出会いの場として評価を受けていない理由には、出会い系自身が抱える問題が少なくないということも大きく影響しています。このブログで再三注意事項として取り上げてきているサイトを悪用する悪質な利用者をはじめとしたサクラがいない出会い系における問題や、出会える系のサイト以外の出会い系の大半を占めるサクラ詐欺サイトの問題など、改善すべき点は非常に多くあります。

出会い系サイトがオンラインでの出会いの場としてより多くの人に活用され、人々の生活に根付き、高く評価されるようになるには、これらの問題点を改善していくことが強く望まれます。今後出会い系がなくなるとは考えられませんが、インターネットが社会や人々の生活との結びつきを強め、ライフスタイルに深く根差した欠かせないものに益々なっていくことが考えられる中で、出会いがない人の出会いの場として“使えないツール”との評価を下されないためにも、出会い系サイトは進化と改善の取り組みをより加速させていかなければいけません。

※関連記事