出会い系サイトの実情アメリカでは20%以上の人が出会い系サイトなどネットの出会いをきっかけに交際をスタートさせているようです。日本では出会い系をきっかけに交際を始める人はまだそれほど多くありませんが、イククルなど登録者が非常に多いサイトもあるなど、今後は増加することが予想されます。


人口の2割に相当する人が出会い系を利用する米国

海外では、出会い系サイトのことを『Dating WebSite』と言いますが、日本よりもネットの発達が早いアメリカでのことです。それを象徴するかのように、アメリカ人の2割が出会い系をはじめとしたネット出会いきっかけに交際スタートさせているようです。

米国人の5人に1人が、インターネットをきっかけに交際をスタートさせた経験があることが、バレンタインデー前日の13日に発表されたユーロRSCGワールドワイドの調査で明らかになった。

同社は成人1000人を対象に今月初めに調査を実施。回答者の49%が、ネットをきっかけに交際を始めた人を知っていると答えた。

引用元
米国人の2割、ネットきっかけに交際スタート=調査 | 世界のこぼれ話 | Reuters

アメリカほど普及が進んでいるとは言えない日本の出会い系事情

日本でも、このサイトで紹介しているような『出会える出会い系』を使う人は非常に多く存在します。中には600万人を超えるユーザー数を抱えるサイトにまで成長したイククルのようなサイトも存在しますが、実際に出会い系をきっかけに恋人関係になった人がどの程度いるかというと不明です。ですが、サイトを使っている限り2割の人が出会い系をきっかけに交際をスタートさせているとは到底考えられません。それは、実際にサイトに登録している人たちの目的や言動を見てみればすぐに理解できます。

たとえば、婚活やまじめな恋愛を目的としたラブサーチにおいては、出会った利用者のほとんどが恋人関係などの交際をスタートさせているでしょうが、そうしたサイトはまだまだ日本では恋愛のきっかけとしてメジャーなものとなっているとは言えない状況です。

日本の出会い系利用者が増加する見込み

これは裏を返せば、日本の出会い系はまだ大きく伸びる余地を残しているということでもあります。今よりももっとネットを利用することが生活に密接なってくると、出会いを探すきっかけとしての出会い系の利用が増えることは十分想定し得ることです。考えてみれば10年前に、これだけ多くの人が出会い系を使うようになるというのは到底想像できませんでした。それを考えると、今後10年で利用者が大きく増加するということも考えられることです。

インターネットの世界でよく言われるのは、アメリカで流行ったサービスが2年後に日本にブームとしてやってくる、ということです。要するに、日本はアメリカに比べて2年遅れているということなんですが、もしかすると2年後には日本でも2割以上の人が出会い系をきっかけに交際を始めるようになるかもしれませんね。

※関連記事